2014/5/28

代表キプロス戦  サッカー(代表)

全体的に熱がなかったなぁという印象だった。スタジアムはほぼ満席と思ったが、6万人に達しなかった。

スタジアムへの道すがら、代表ユニの番号を確認してみたが、香川が一番多かったかな。次いで内田(女性しか見なかった)、柿谷、長友だ。本田は思ったより多くなかった。

中田、小野、中村のユニもあったよ。ドイツW杯ファンは多いね。

スターティングメンバ―発表の時は内田(キャーと言う声も)、香川、本田、への声援が多かった。ベンチメンバーでは大久保への拍手が多かった。

DFラインはFC東京だった。お隣の東京サポは森重押し。こちらはちょっと微妙な気持ち。

私たちの席はバックスタンドホーム側、コーナー付近。ゴール裏サポーター席が近かった。

クリックすると元のサイズで表示します
(写真はiPhoneで撮ったこれのみ。カメラも双眼鏡も持たない)

試合開始。しばらくはキプロスの元気さが目立った。日本は足元パスが多かった。「Jリーグの方がもっと走るよ」といつも一緒に観戦するYさんに話す。

でも段々日本が押し込んでいく。遠い方のゴールなので、良くわからなかった。日本がごちゃごちゃの中からボールを押し込む。

周囲はゴール!と立ち上がる。でも、「誰?」「誰が入れた?」。

と、歓喜の輪の中から、一人ベンチに向かって走る選手。「あれ、ウッチーかな?」。ベンチの人たちと抱き合っていた。

ゴールは内田選手だった。43分。良い時間帯に得点できた。

ハーフタイムにはアジア優勝の、なでしこ監督の佐々木さんと、フットサル監督(ごめん名前がわからない)へ花束贈呈。それと、女子U17の優勝メンバーが観戦しているとの紹介があった。

後半開始。長谷部、吉田、酒井の欧州組が入る。ついで大久保。この時の声援がすごかった。

そんなに川崎サポが多いとも思えない。maliciaさんが「W杯のサプライズは大久保人気」とtweetしていたけど、私もびっくりだよ。

これはマスコミがサプライズサプライズと取り上げたから人気なのかな。だとしたら、代表ファンってあんまりサッカー見てない人たちなのね。ミーハー軽いな(と、人のことは言えないけど)。

後半はほぼ、日本ペース。ホーム側へ攻め込むので、日本の攻撃がよく見えた。あれだけ攻めていて無得点はちょっと問題かな。

CKの時、階段を下りる人たちがいると視線を遮られて、キックの様子が全く見えない。

「ちょっとぉ、早くどいて」と言ったけど、ま、本田が蹴るんじゃ別に見えなくてもいいや。

本田は不調でしたね。判断も遅く、ボールキープできず、パスミス、ミスクロス(ワロス)、FKやシュートは宇宙開発。周囲から「だめだなぁ」と厳しい声もあった。

私が見る時、本田はいつもこんなものだ。

最後の交代が伊野波で、学の出場がないとわかった時点で私は帰ろうと思った。そしたら、隣の東京サポが「伊野波は嫌いだから、もう帰る」と言って私より先に帰って行った。びっくり。

伊野波はFC東京からさっさと鹿島に移籍してしまったから、好かれてないのか。

外に出ると、試合終了じゃないのに、駅へ急ぐ人たちが沢山いた。W杯最終予選オーストラリア戦は同じ時間帯でも、人はまばらだった。やっぱりW杯出場成るかどうかの緊張した試合とは違う。

試合は1−0で日本勝利。

「キャンプで何してたの?」「野球してたんじゃね?」「ま、日焼けしてたから、外にいたのは間違いない」

「こんな試合、ブラジルまで行って見せられたら、腹立つよなぁ」

聞こえてくる試合評は辛辣だった。

でも、新聞やネットで読む評論家たちの意見は(いつもの人たちを除いて)どれも温かいものだった。逆に、その生温かさに、期待のなさ、熱のなさを感じてしまった。

この日埼玉スタジアムにいた知人たち(女性ばかり)4人はブラジルまで応援に行く。みんなすごい。私はおとなしく、家でテレビ観戦です。

俊輔日本代表引退以来、代表への熱が本当に下がった。せめて勇蔵君が選ばれていて、レギュラーだったらなぁ。学くんが先発で使われたらなぁ。

埼玉スタジアムは遠い。W杯予選を見に来ることはあるかもしれないが、壮行試合はこれが見納めだ。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ