2015/3/25

ロゴスキー  生活

3月22日に渋谷の東急プラザが閉館した。オリンピックの年1964年オープンだったそうなので、49年間の幕を下ろしたことになる。

閉館の日は様々な方が思い出をTwitter上で語っていた。とりわけ、ロゴスキーと地下の食品売り場を惜しむ人が多かった。

東急プラザの閉館を知って、2月8日にロゴスキーに行ってきた。

クリックすると元のサイズで表示します
前菜

クリックすると元のサイズで表示します
お馴染みボルシチ

クリックすると元のサイズで表示します
お馴染みつぼ焼き

クリックすると元のサイズで表示します
ロシアンティー

どれも美味しかった。

我が家で「ロゴスキー」と言うと、まず横浜駅相鉄ジョイナスにあった「ロゴスキー」だ。近いこともあり、こちらの方がよく行った。いつの間にか閉店してしまった。

ボルシチやつぼ焼きの他、ニシンの酢漬けやロシア餃子がお気に入りだった。

高校のPTAの会合の後、委員さんたちと寒いから暖まっていこう、と「ロゴスキー」に入った。私がロシアンティーを勧めたのだ。

初めて「ロシアンティー」を飲むという人がいた。

一口飲んで「わぁ」。「こんな飲み物があったの!」と喜んでくれた。

他のロシア料理店というと、「スンガリ―」がある。私は「ロゴスキー」よりこちらが先だった。

西武新宿駅そばの本店には1回だけ、新宿駅西口の支店には何回か行った。スンガリ―は加藤登紀子さんのお母様が経営されていた。

40年くらい前、西口店、ランチでお店に入ると加藤登紀子さんがお嬢さんと一緒に食事をしていた。満席になったので、私に席を譲ってくれた。

他で入ったことがあるのは恵比寿駅アトレ内のマトリョーシカ。ランチタイムに3回ほど入ったかな。

寒くなると、ロシア料理やロシアンティーを味わいたくなる。

ロゴスキーはいったん店を閉めて、他の場所を探して営業を再開するという。その日を待っている。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ