2015/4/30

暗転・広島戦  サッカー(マリノス)

慌てて出てきたため、年チケを忘れて取りに戻った。やれやれ。ギリギリにスタジアムに着いた。

クラブから事前に周知があった通り、初ナイターでスタジアムの照明が落とされた。私もスマホで明かりを!と思ってバッグを探ったが、ないっ

スマホを入れ忘れた。(今回写真はなし、といってもいつもボケ写真ばかりだから別にいいや)

でも、懐中電灯は持ってきていた。だから、スマホの代わりに懐中電灯を点灯した。

ゴール裏はきれいだった。写真はマリノス公式から
クリックすると元のサイズで表示します

試合経過はマリノス公式
http://www.f-marinos.com/match/report/2015-04-29

今日の一番の注目は「比嘉さん」だった。

そもそも小林選手が累積で出場停止という事態に、三門を右サイド、中町(冨澤)ボランチが順当な所だと思うが、モンバエルツ監督は「左サイド専門の比嘉を右サイド」という奇手に出た。

試合開始直後、マリノスは湘南戦の好調そのままに縦に早い攻撃、学⇒アデミウソン⇒伊藤。伊藤選手はシュート巧いよね。

マリノス強くなってるかもしれない、とウキウキした^o^

が、そこまで。

広島はマリノスの弱点がわかっていたか、比嘉さんサイドを攻めた。比嘉さんが攻撃に晒されるたびにゴール裏から大きなブーイング。比嘉さんを助けるつもりだったかもしれないが、これ逆効果だったと思う。

比嘉さんも、他の選手もそのことに気を取られた。もともと危ないと思っていたのに、ますます意識させてしまった。普通に応援すればよかったのに。

比嘉さんがボールを前に運べないことはわかっていた。名古屋戦で中町に「ヒガ!まず前向け!」と大声で怒られていた。

周囲の人たちも途中から気が付いたみたい。「あ”ー」という怒りのような、失望のような、失笑のような叫びが何度もあった。

比嘉さんで良かったのはスローイン。ロングスローができる。(あと後半1〜2回攻撃でいい形を作ったかな)

比嘉さん起用した監督のミスだったと思う。

なんかたるんでるなぁと思った時、広島のサイド攻撃から失点。その後はもういいところなし。

後半、広島に攻められっぱなし。三門も喜田もいつものようなボール奪取もない、中盤が機能してない。セカンドボール拾えず、パスミスも多い。

広島の攻撃の方が早い。ドリブルでもパスでもあっという間にマリノス陣内へ。マリノスは攻撃になっても遅い。ボールを回してばかり、シュートまで行かない。

立て続けにCK。与え過ぎだろう、周囲も段々うるさくなってくる。「何やってんだー」

そういえば、サポーターのチャントも後半開始から、ずっと同じのをダラダラ歌い続けていた。もっと緊張感のあるのにしてほしかった。

広島もタラタラしてた。後ろの方でかったるくボール回しをする。これが試合巧者というものだろうか。

マリノスはオロオロ、広島はタラタラ。ひたむきさなんかまったくなかった。連戦で身体が重いのか。
(追記というか補足:広島は「緩急自在」ということ)

比嘉⇒俊輔。比嘉のポジションには兵藤が入った。三門じゃなかった。喜田・三門コンビを優先かな。兵藤は比嘉さんのお守りで大変だった。今度はサイドとは気の毒。

なんて思っている所で失点。榎本は前半、決定的なシュートを防いだり、良かったのだが、この時のボールポロリはダメだなぁ。佐藤寿人のゴールだけど、遠目にはマリノスDFに当たったように見えた。

でも、これまで2〜3点入ってもおかしくなかった。中澤選手の獅子奮迅で防いでいたのだ。

俊輔が入ってすぐの失点は残念だったが、それでも俊輔が入って、ようやく攻撃の組み立てができるようになった。

三門もしつこく前線でボールを追い回した。伊藤もそうだ。時間がなくなってから「ひたむき」になった。

バックスタンドの手拍子も大きくなった。チャントもようやく「マリノース、マリノス、マリノス、来い来い来い来い」になった。これもっと早くからやってほしかった。

で、モンバエルツ監督の「縦に早いサッカー」に対して、「こねくり回す、遅攻の俊輔」は合わない、俊輔の居場所はあるのか、なんて有名サポが言ってた。

だけど、広島戦、モンバエルツ流は最初の10分だけ、あとは停滞。俊輔が入ってからようやく縦パスや、サイドチェンジ、スルーパス、が出て、攻撃の形ができた。俊輔こそ、「モンバエルツ流」サッカーを体現してたぞ。

なんて言っても空しい。結局同点に追いつくことはできなかった。浦和戦と同じ、伊藤翔の見事なゴールで先制したものの逆転負け。

ファーストステージは、やっぱり中位かしらね。初ナイターは暗転の演出は素晴らしかったが、先制後の暗転=逆転負けはみっともなかった。

GWの連戦は続く。浦和・広島は似たような敗戦、良く分析して、次へ生かしてほしいと思う。
1

2015/4/28

スズラン  季節

近所の庭で、スズランが咲きだした。

クリックすると元のサイズで表示します
ブレ写真。

5月1日はスズランの日だ。

http://www.flowerservice.co.jp/calendar/calendar09.html


2

2015/4/27

快勝・湘南戦  サッカー(マリノス)

名古屋遠征の余韻も冷めないうちにもう試合だ。サッカーの試合が続くと嬉しいな。

孫たちが遊びに来ていたが、ばあばはサッカーに行ってしまうのだ。

毎年GW恒例こいのぼり
クリックすると元のサイズで表示します

湘南は昨年J2ぶっちぎりで優勝した。戦術が徹底していて、侮れないチームだ。でも、今日は勝つような気がして録画予約してきた。

先発メンバーで驚きは栗原勇蔵がベンチだったこと。比嘉さん(なんでさん付けなのだろう、リズムかな)がベンチにいること。

試合前練習。「俊輔がいる!!」写真を10枚以上撮ってしまった。
クリックすると元のサイズで表示します

選手紹介の時、湘南のGK・秋元の時、マリノス側から大きな拍手があった。そして誰より大きな拍手はもちろん俊輔

(選手紹介時、チアガールたちも一緒に声援。だけど小学生たち肩もおなかもむき出し。寒そうだった。隣の中高生と同じシャツでいいじゃない。それに最近の、小さな女の子たちが危険に晒されていることを思うと、こういう大人のような、露出の多いユニフォームは止めるべきだと思う)

試合経過はマリノス公式⇒http://www.f-marinos.com/match/report/2015-04-25

試合開始。マリノスは良いリズムで攻める。前半9分、ワンタッチでリズムよくパスがつながり、アデミウソンのシュート。私の所からだとコースが甘いように見えたが、早い強いシュートだったのだろう、GKの手は届かずゴール!!

待ちに待ったアデミウソンのゴール。喜びすぎて写真はなし。

ところで、今日も三門はすごかった。
クリックすると元のサイズで表示します

危ない場面は中澤選手の抜群の危機管理で防ぐ。前、書き忘れたけど、仙台戦、終了間際、中澤さんがグーッと上がってきて、みんなを鼓舞、前線に留まりクロスを上げたりしていた。この中澤さんの「喝!」がファビオのゴールを呼び起こしたと思う。

余分な話ばかりでごめんなさい。

マリノスペースで、何度かゴールを脅かす。アデミウソンのヘディングは湘南GK秋元がしなやかなジャンプで弾く。

マリノスがボールを奪う、カウンターだと周囲はわぁと盛り上がるが、結局ボールは戻される。「おーい!走っている奴にボール出せよ」「ちゃんと前を見ろよ」と叱声。

前半は1−0。

後半開始。

マリノス、チャンスは作るが、なかなか追加点が奪えない。

60分頃、相手サイド深く出たボールを小林がギリギリまで追った。わずかなところで追いつかなかったが、観客席から大きな拍手だった。小林のプレーは凄みがあった。前半のイエロ―カードが惜しまれる。次節出場停止。

樋口前監督と違って、モンバエルツ監督は交代が早い。伊藤⇒ラフィーニャ。

1−0は緊張感がある。70分頃、湘南が攻勢を強めて、防戦一方になる。
観客席からは「前からプレスかけろよー」「もっと詰めろ詰めろ!」と声が飛ぶ。

カウンターは決めきれず。「あと1点取ったら試合を終わらせられるんだぞぉ」「早く1点取れよ〜」

兵藤が足を攣らせて、冨澤に交代、81分アデミウソンと俊輔が交代。アデミと俊輔の共演はお預け。

俊輔は試合の終わらせ方を知っているはず。要所要所を締めるだろう。
クリックすると元のサイズで表示します

と、喜田がいい位置でボール奪取、ドリブルで進むと駆け上がってきた学にパス。学は落ち着いてシュート!ゴール!

本当にみんな立ち上がった。私も飛び上がったが、喜びのあまり、スマホを前の席に落として拾おうとした。だから、選手たちが喜んでいる姿は見られなかった。慌てて撮った写真はピンボケ

クリックすると元のサイズで表示します
学くん、今季初ゴールおめでとう。

アディショナルタイム。ラフィーニャが迫力でドリブル⇒優しいパス。ゴール!誰が入れたかわからなかった。
クリックすると元のサイズで表示します

4人くらいゴール前に走りこんでいた。冨澤さんだったのね。

快勝快勝。3−0なんて久しぶり。

学も俊輔も湘南には相性がいいらしい。対湘南10連勝とか。

選手がそろってきたので、これからマリノスは上昇気流に乗るだろう。それを感じさせる試合だった。

有名サポさんが「俊輔がモンバエルツ監督のサッカーにフィットしないのではないか」みたいなことを書いていたけど(俊輔嫌いなんだよね)、俊輔はそんなのとっくにわかっている。手術後の足の状態、フィジカルコンディションが戻れば、誰よりもサッカー通、きっと活躍してくれる。

快勝で帰り道の足の軽いこと。帰ったら、夫は会合でいない。一人で祝杯を挙げた。
クリックすると元のサイズで表示します

連戦が続くがここを乗り切って、少しでも上を目ざそう。期待している。

2

2015/4/26

岐阜モーニング  旅・散歩

初めて岐阜モーニングを食べた。

クリックすると元のサイズで表示します
トーストにはあんこ。プリンの陰にゆで卵。林檎の薄切りもある。&ミルクティ。

こちらはお粥セット
クリックすると元のサイズで表示します
飲み物も好きなものを選ぶ。

この二つで合わせて1040円。

店の雰囲気にも味にも量にも価格にも満足。

お店は茶えずり。8時から営業している。
公式HP⇒http://www.cafe-saezuri.com/

食べログ⇒http://tabelog.com/gifu/A2101/A210101/21010756/


クリックすると元のサイズで表示します
ステキなカフェ。お花もきれいだった。

0

2015/4/24

俊輔を見にナビ名古屋戦  サッカー(マリノス)

中村俊輔が22日のナビスコ予選リーグ名古屋戦(瑞穂競技場)に出場するかもしれない、と聞いた。遠征メンバーに入った、との情報も得た。

瑞穂競技場は、昨年夏行ったので、行き方は大体わかる。「行きたい」と思ったら、もう「行きたい」虫がウズウズしてしまった。

で、21日の夕方にチケットを取り、新幹線も予約。22日4時に新横浜を出た。

クリックすると元のサイズで表示します
マリノスサポーター席。観客は5千人あまり。

クリックすると元のサイズで表示します
俊輔がいる、それだけでワクワク。

クリックすると元のサイズで表示します
シュート!

試合経過はこちら。マリノス公式HP
http://www.f-marinos.com/match/report/2015-04-22

先発メンバーを見ると、浦和戦とはかなり替えてきた。替わらないのはアデミウソン、ファビオ、小林、伊藤。なんと比嘉さんも先発だ。サブメンバー紹介、「中村俊輔」に大きな拍手があった。

選手入場。キャプテンは兵藤?と言っていたら、冨澤さんだった。名古屋は闘莉王。中澤さんがいないので、闘莉王も楢崎も寂しいかな?

(戦術とかシステムとか分からないので、いつものように見たままの感想です)

最初の方は今年のマリノスらしい縦に早い展開があり、面白かった。

比嘉さんにボールが入るたび、「大丈夫?」なんて思ったり。まぁまぁだったのでは?中町にボールが集まって、「ピッチの王様」ぶりを発揮。小林も積極的だ。

(中町が「ヒガっ前を向け!」なんて叱声を飛ばしてた)

名古屋は何しろ嫌な思い出のある永井とか小川とかいるし、別チームだったが松田にも痛い思いをした。矢野や川又もそうだ。

永井の突破は、やっぱり早い。で、小林が体を張って止めて、イエロ―カード。

藤本は選手紹介から、ドリブル、CK、FK、名古屋サポのブーイングを浴びていた。

でも、仙台に比べると、名古屋のプレスは弱いなと思った。守り方が違うのかな。マリノスのボール保持者は割に余裕でパスをしてた。

矢野貴章がサイドバックになってて、よくPAまで上がって来てた。で、ボールさばきも巧い。まぁ倒れるのも巧いけどね。

あの時は兵藤が抱え込んだので、「まずいっ」と思った。あの場所で、あの抱え込みで、倒れられたらPKになる。決められて、前半の終了間際に失点。

ただ、PKのちょっと前、闘莉王が「オラオラ」と上がってきて、何かマリノス守備陣が慌てた感じがした。迫力にビビる感じだった。こういう時間帯に上がり、チャンスを作る闘莉王は試合をよくわかっていると思った。

ハーフタイムの練習、ピッチに俊輔の姿はなかった。と、twitterで「俊輔、後半頭から来る?」との情報が。

俊輔と、ラフィーニャが準備をしている。ベンチでシューズを履いている俊輔に監督が身振り手振りで熱心に指示を与えていた。

待ちに待った俊輔登場。大型画面に「俊さん お帰り」という弾幕が映った。

俊輔軽快な動き。ラフィーニャもドリブルを始めると迫力。やっぱりFWはこうでないと。

でも、なかなかシュートまでいきませんね。

兵藤が傷んで倒れた時、子どもの心配する声「ひょーどう」や女性の声も聞こえた。と、ゴール裏の方から、

兵藤、いつまでも倒れてるんじゃねえぞ。相手になめられんぞ」と大声が聞こえた。

追記:ご本人の文章では
兵藤!そこは倒れていいところじゃないぞ!なめられるぞ!」でした。

私の席の前にいた名古屋サポまで「おぉ!」「厳しいなぁ」とびっくりしてた、ていうか受けてた。

あれ、「maliciaのIさんでは?」と思ったら、やっぱりそうでした。twitterで「バレたか」なんて言っていた。

モンバエルツ監督はかなり苛立つというか、大きな手振りで指示を与えていたが、こう着状態に、うんざりしたか、あきれたか、ベンチの方へもどってしまい、柱に寄りかかっていた。
クリックすると元のサイズで表示します
俊輔のCK。
クリックすると元のサイズで表示します
この姿が見られて嬉しい。でも足、大丈夫かなと心配。

俊輔が倒れると、「ぎゃっ」と思う。危ないプレーをしないでよ、名古屋、と思ったり。ラフィーニャも倒されて怒っていた。

でも、優平の本多選手に当たったプレー、あれはいけない。勢いつけて走って行ったから止まれなかったのかもしれないが、後ろから不意打ちだからね、ダメだよ。やる気が空回りしてた。優平はいろいろ減点続きだな。

名古屋は交代枠を使い切っていたので10人でプレーした。却って守備が固くなったかな。

結局、最後の方ファビオの飛び込み2回くらいしかチャンスはなし。

クリックすると元のサイズで表示します
挨拶に来る選手たち。

俊輔、ラフィーニャが入って、どんなサッカーになるのか、それとも、開幕戦からのサッカーを熟成させていくのか、いろいろと興味深かった。

ナビスコは敗退かと思ったら、つぶし合いをしていて、まだ可能性があるらしい。あきらめず闘っていこう。

この試合、昼間は暖かかったが、段々冷えてきて、重ね着をし、ひざ掛けも使った。でもこれから季節は良くなってサッカー観戦に最適になる。次の湘南戦、また楽しみになった。
1

2015/4/20

コルム・ウィルキンソンコンサート  音楽

伝説のミュージカルスター「コルム・ウィルキンソン」のコンサートへ行ってきた。

コルムさんは「レ・ミゼラブル」の初代ジャンバルジャンにして「オペラ座の怪人」カナダ公演初代怪人役の方だ。レミゼ25周年記念コンサートを見ても、歴代のキャスト、聴衆が彼を心から尊敬しているのがわかる。

私は映画「レミゼ」で見るまで全く知らなかった。盗みを働いたジャンバルジャンを許す司教役で、温顔、優しい声、包み込むような温かい雰囲気、「誰だろう、この俳優」と思った。こんな声で諭されたら、誰だって改心してしまうと思った。

で、娘が初代ジャンバルジャンの人だよと教えてくれた。

来日公演があると知って、これは行かなくてはならないと思った。「伝説のスター、奇跡の来日公演」だ。

渋谷ヒカリエのシアターオーブは初めてだ。

(昨年次女が「雨に唄えば」のチケットを取ってくれたが、前日に発熱で断念。およそミュージカルに縁も興味もない夫が代わりに行った。楽しんできたようだった)

この日は、前回ミュージカルに誘ってくれた次女と一緒に行った

お客さんは30代、40代の女性が中心だ。熟年カップルや小学生連れの家族もいる。一人で来ている男性もいて、男性客が思ったより多かった。

クリックすると元のサイズで表示します
ポスターの前で写真を撮る人多数。ミュージカルファンが多い。そして待ちに待った公演だということがわかる。

バックバンドは、えーと、指揮・ピアノ、ベース(エレキ)・コントラバス、ドラム、エレキギター、チェロ、管楽器(フルート、クラリネット、サックスなど)、キーボードの7人かな。

公演の詳細は「JOJ&ラミンのブラヴィーな日々」さんのblogを読んでください。演奏曲はこのblogに教えてもらいました。
http://niwaka-musicalfan.blog.jp/archives/27593136.html

コルム・ウィルキンソンコンサート公式広報からコンサートの模様映像紹介。



オープニングは「オペラ座の怪人」から「Music of the Night」。コルムさんがゆっくり登場。この段階で会場は「うぉー」「待ってました!」と大歓声大拍手。熱狂。

ファルセットの長ーい長ーいエンディング(?)。どこまで息が続くの、と驚嘆。
(追記:ロングトーンというらしい)

ついで、ゲスト歌手のアール・カーペンターさんと則松亜海さんの「All I ask of you」(オペラ座の怪人)

次はガラッと変わって、コルムさんギターを抱えながら「テネシーワルツ」。カントリー&ウェスタンが好きなのだそうだ。

これ圧巻でしたね。ノリノリ。すごく力強い声だった。「Folsom Prison Blues」会場もノリノリ。マイクを使ったコンサートは、こういう観客が一緒に盛り上がれる曲の方がいいように思った。

盛り上がった後はゲスト歌手のスーザン・ギルモアさんの「I Dreamed a Dream」(レミゼより)。しっとりと歌い上げた。途中日本語でも歌ってくれた。

(いつも思うが「夢食いちぎり」の歌詞はいまいちじゃないかな、岩谷時子さん)

ミュージカルナンバーは「ミスサイゴン」「エビータ」「ジギルとハイド」「ラ・マンチャの男」「チェス」より。大ヒットミュージカルの名曲は本当に、まぁ言うまでもないけれど、美しいですねぇ。

「ジギルとハイド」からの「This is the Moment」は初めて聞いたけど、大好き。


続きを読む
0

2015/4/19

渋谷駅  旅・散歩

伝説のミュージカル俳優コルム・ウィルキンソンコンサートのため渋谷ヒカリエ・シアターオーブへ。

開場前に腹ごしらえに入ったお店から渋谷駅の工事が見えた。

本当にもう東横線渋谷駅は無くなってしまったのね。もう夢か幻の世界、あるのが当たり前だと思っていたのに。
クリックすると元のサイズで表示します

地下鉄が東急東横店から出てきた。旧デザイン車両だ。
クリックすると元のサイズで表示します

この位置から渋谷駅を見るのは初めてだった。

(コルム・ウィルキンソンコンサートの感想をほぼ書き終わる頃、パソコンの不調で全部消えてしまってガックリ)

くやしいからyoutubeの画像を貼っておく。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ