2015/4/20

コルム・ウィルキンソンコンサート  音楽

伝説のミュージカルスター「コルム・ウィルキンソン」のコンサートへ行ってきた。

コルムさんは「レ・ミゼラブル」の初代ジャンバルジャンにして「オペラ座の怪人」カナダ公演初代怪人役の方だ。レミゼ25周年記念コンサートを見ても、歴代のキャスト、聴衆が彼を心から尊敬しているのがわかる。

私は映画「レミゼ」で見るまで全く知らなかった。盗みを働いたジャンバルジャンを許す司教役で、温顔、優しい声、包み込むような温かい雰囲気、「誰だろう、この俳優」と思った。こんな声で諭されたら、誰だって改心してしまうと思った。

で、娘が初代ジャンバルジャンの人だよと教えてくれた。

来日公演があると知って、これは行かなくてはならないと思った。「伝説のスター、奇跡の来日公演」だ。

渋谷ヒカリエのシアターオーブは初めてだ。

(昨年次女が「雨に唄えば」のチケットを取ってくれたが、前日に発熱で断念。およそミュージカルに縁も興味もない夫が代わりに行った。楽しんできたようだった)

この日は、前回ミュージカルに誘ってくれた次女と一緒に行った

お客さんは30代、40代の女性が中心だ。熟年カップルや小学生連れの家族もいる。一人で来ている男性もいて、男性客が思ったより多かった。

クリックすると元のサイズで表示します
ポスターの前で写真を撮る人多数。ミュージカルファンが多い。そして待ちに待った公演だということがわかる。

バックバンドは、えーと、指揮・ピアノ、ベース(エレキ)・コントラバス、ドラム、エレキギター、チェロ、管楽器(フルート、クラリネット、サックスなど)、キーボードの7人かな。

公演の詳細は「JOJ&ラミンのブラヴィーな日々」さんのblogを読んでください。演奏曲はこのblogに教えてもらいました。
http://niwaka-musicalfan.blog.jp/archives/27593136.html

コルム・ウィルキンソンコンサート公式広報からコンサートの模様映像紹介。



オープニングは「オペラ座の怪人」から「Music of the Night」。コルムさんがゆっくり登場。この段階で会場は「うぉー」「待ってました!」と大歓声大拍手。熱狂。

ファルセットの長ーい長ーいエンディング(?)。どこまで息が続くの、と驚嘆。
(追記:ロングトーンというらしい)

ついで、ゲスト歌手のアール・カーペンターさんと則松亜海さんの「All I ask of you」(オペラ座の怪人)

次はガラッと変わって、コルムさんギターを抱えながら「テネシーワルツ」。カントリー&ウェスタンが好きなのだそうだ。

これ圧巻でしたね。ノリノリ。すごく力強い声だった。「Folsom Prison Blues」会場もノリノリ。マイクを使ったコンサートは、こういう観客が一緒に盛り上がれる曲の方がいいように思った。

盛り上がった後はゲスト歌手のスーザン・ギルモアさんの「I Dreamed a Dream」(レミゼより)。しっとりと歌い上げた。途中日本語でも歌ってくれた。

(いつも思うが「夢食いちぎり」の歌詞はいまいちじゃないかな、岩谷時子さん)

ミュージカルナンバーは「ミスサイゴン」「エビータ」「ジギルとハイド」「ラ・マンチャの男」「チェス」より。大ヒットミュージカルの名曲は本当に、まぁ言うまでもないけれど、美しいですねぇ。

「ジギルとハイド」からの「This is the Moment」は初めて聞いたけど、大好き。


続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ