2015/4/24

俊輔を見にナビ名古屋戦  サッカー(マリノス)

中村俊輔が22日のナビスコ予選リーグ名古屋戦(瑞穂競技場)に出場するかもしれない、と聞いた。遠征メンバーに入った、との情報も得た。

瑞穂競技場は、昨年夏行ったので、行き方は大体わかる。「行きたい」と思ったら、もう「行きたい」虫がウズウズしてしまった。

で、21日の夕方にチケットを取り、新幹線も予約。22日4時に新横浜を出た。

クリックすると元のサイズで表示します
マリノスサポーター席。観客は5千人あまり。

クリックすると元のサイズで表示します
俊輔がいる、それだけでワクワク。

クリックすると元のサイズで表示します
シュート!

試合経過はこちら。マリノス公式HP
http://www.f-marinos.com/match/report/2015-04-22

先発メンバーを見ると、浦和戦とはかなり替えてきた。替わらないのはアデミウソン、ファビオ、小林、伊藤。なんと比嘉さんも先発だ。サブメンバー紹介、「中村俊輔」に大きな拍手があった。

選手入場。キャプテンは兵藤?と言っていたら、冨澤さんだった。名古屋は闘莉王。中澤さんがいないので、闘莉王も楢崎も寂しいかな?

(戦術とかシステムとか分からないので、いつものように見たままの感想です)

最初の方は今年のマリノスらしい縦に早い展開があり、面白かった。

比嘉さんにボールが入るたび、「大丈夫?」なんて思ったり。まぁまぁだったのでは?中町にボールが集まって、「ピッチの王様」ぶりを発揮。小林も積極的だ。

(中町が「ヒガっ前を向け!」なんて叱声を飛ばしてた)

名古屋は何しろ嫌な思い出のある永井とか小川とかいるし、別チームだったが松田にも痛い思いをした。矢野や川又もそうだ。

永井の突破は、やっぱり早い。で、小林が体を張って止めて、イエロ―カード。

藤本は選手紹介から、ドリブル、CK、FK、名古屋サポのブーイングを浴びていた。

でも、仙台に比べると、名古屋のプレスは弱いなと思った。守り方が違うのかな。マリノスのボール保持者は割に余裕でパスをしてた。

矢野貴章がサイドバックになってて、よくPAまで上がって来てた。で、ボールさばきも巧い。まぁ倒れるのも巧いけどね。

あの時は兵藤が抱え込んだので、「まずいっ」と思った。あの場所で、あの抱え込みで、倒れられたらPKになる。決められて、前半の終了間際に失点。

ただ、PKのちょっと前、闘莉王が「オラオラ」と上がってきて、何かマリノス守備陣が慌てた感じがした。迫力にビビる感じだった。こういう時間帯に上がり、チャンスを作る闘莉王は試合をよくわかっていると思った。

ハーフタイムの練習、ピッチに俊輔の姿はなかった。と、twitterで「俊輔、後半頭から来る?」との情報が。

俊輔と、ラフィーニャが準備をしている。ベンチでシューズを履いている俊輔に監督が身振り手振りで熱心に指示を与えていた。

待ちに待った俊輔登場。大型画面に「俊さん お帰り」という弾幕が映った。

俊輔軽快な動き。ラフィーニャもドリブルを始めると迫力。やっぱりFWはこうでないと。

でも、なかなかシュートまでいきませんね。

兵藤が傷んで倒れた時、子どもの心配する声「ひょーどう」や女性の声も聞こえた。と、ゴール裏の方から、

兵藤、いつまでも倒れてるんじゃねえぞ。相手になめられんぞ」と大声が聞こえた。

追記:ご本人の文章では
兵藤!そこは倒れていいところじゃないぞ!なめられるぞ!」でした。

私の席の前にいた名古屋サポまで「おぉ!」「厳しいなぁ」とびっくりしてた、ていうか受けてた。

あれ、「maliciaのIさんでは?」と思ったら、やっぱりそうでした。twitterで「バレたか」なんて言っていた。

モンバエルツ監督はかなり苛立つというか、大きな手振りで指示を与えていたが、こう着状態に、うんざりしたか、あきれたか、ベンチの方へもどってしまい、柱に寄りかかっていた。
クリックすると元のサイズで表示します
俊輔のCK。
クリックすると元のサイズで表示します
この姿が見られて嬉しい。でも足、大丈夫かなと心配。

俊輔が倒れると、「ぎゃっ」と思う。危ないプレーをしないでよ、名古屋、と思ったり。ラフィーニャも倒されて怒っていた。

でも、優平の本多選手に当たったプレー、あれはいけない。勢いつけて走って行ったから止まれなかったのかもしれないが、後ろから不意打ちだからね、ダメだよ。やる気が空回りしてた。優平はいろいろ減点続きだな。

名古屋は交代枠を使い切っていたので10人でプレーした。却って守備が固くなったかな。

結局、最後の方ファビオの飛び込み2回くらいしかチャンスはなし。

クリックすると元のサイズで表示します
挨拶に来る選手たち。

俊輔、ラフィーニャが入って、どんなサッカーになるのか、それとも、開幕戦からのサッカーを熟成させていくのか、いろいろと興味深かった。

ナビスコは敗退かと思ったら、つぶし合いをしていて、まだ可能性があるらしい。あきらめず闘っていこう。

この試合、昼間は暖かかったが、段々冷えてきて、重ね着をし、ひざ掛けも使った。でもこれから季節は良くなってサッカー観戦に最適になる。次の湘南戦、また楽しみになった。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ