2015/7/12

退屈だった山形戦  サッカー(マリノス)

昼間は30度越え。蒸し暑かった。夕方になると、風が出てきて過ごしやすくなった。

東ゲート入口は「嵐」からマリノスの選手。やっぱり俊輔を撮ってしまう。
クリックすると元のサイズで表示します

1stステージ「民衆の歌」の時の映像は俊輔がいなかった。2stステージにはばっちり俊輔の映像があった。その代り、冨澤選手の映像がなくなった。

(冨澤選手の挨拶には間に合わなかった)

俊輔が先発なんて嬉しすぎる。

前半きれいなパスワークから学ゴール!

ここまでは良かったのだけど、段々つまらなくなった。

私は俊輔ばかり見ていた。

まだ慎重なプレーぶり、様子見というのかな、ミスしないように丁寧なプレーをしていたように思う。攻撃ではそんなに派手なプレーはなかった。

でも、トリッキーなプレーに周囲は湧いたし、ドリブルからのパスやちょっと距離のあるパスなど、さすがだなぁと思えるプレーが随所にあった。

確かに大きなサイドチェンジや、おぉ!とどよめくようなスルーパスはなかったし、ミドルシュートも大きく逸れた。CKやFKも得点にはつながらなかった。それでも俊輔ならではのプレーはあったよね。

スローインから失点。

その前、マリノスが攻撃していたので、ゴール裏の応援は「来い来い来い来い!」だったのだけど、直後山形の逆襲をくらった。それなのに「来い来い来い来い」は山形の選手に点を入れろと言ってるみたいだったよ。「応援の歌を替えて」と思っていた。

で、失点。あの、ゴール前のごちゃごちゃの失点多いよね。前半終了間際の失点はまずい。

ハーフタイム。twitterではマリノスをほめる人が多かった。選手の距離感がいいとか、このまま続ければ、勝利間違いなしとか。

私にはそう思えなかった。テレビを見られない娘にも「つまらない」とメールしていた。

後半開始。
クリックすると元のサイズで表示します
俊輔のFK。(CKはほとんどメイン側ばかりだった)

後半も退屈した。俊輔が交代してしまってからは特に。

兵藤のFKは惜しかった。終了間際の学のシュートも良かった。

学は、ちょっと持ち直したかな。とてもよかったと思う、翔君も頑張っていた。で、私は相変わらずアデミウソンの良さがわかりません。

マリノスの選手たち、なんていうのかな、上手に、そつなくやっているんだけど、こちらの気持にぐんぐん迫ってくるような迫力がない。

攻撃も尻つぼみになることが多い。勇気のないプレーだったり、判断が遅かったり、不正確なパスで逆襲食らったり。いつもは手拍手を一生懸命するのに、この日は私はほとんどしなかった。

終了間際はバックスタンドでも、かなり大きな手拍子だったのだけどね。

なんだろう、この燃えない気持ち。松田選手や奥選手がいた頃は、もっともっと熱いものを感じた。

でもマリノスの選手のせいでなくて、私の気持の持ちようなのかな。私が歳を取ったということでしょうか。

結局1−1の引き分け。ホームで勝てませんなぁ。

バックスタンドのかなりのお客さんは、笛と同時にさっさと席を立っていった(年チケの人たちは残っていたけど)。選手挨拶にバックスタンドは拍手。ゴール裏はブーイング。

ブーイングが出るということは、まだまだみんな期待しているということだ。私はブーイングも拍手もなし。

俊輔は大丈夫だろうか。足にメスを入れたから絶頂期のようなプレーはもう無理なのかな。足の感覚も以前と違うだろうし、あの華麗なプレーは戻らないのか?

でも視野の広さと、空間把握力はこの日も相変わらずだったと思う。

俊輔が本調子になることを期待しているよ。俊輔のプレーを見に、スタジアムに通うつもり。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ