2015/8/31

別次元俊輔・浦和戦  サッカー(マリノス)

スタジアムに出かける前、「浦和はさぁ勝つとウィアーレッズウィアーレッズとうるさいから、嫌なんだよね」と夫に愚痴をこぼした。このところ浦和に勝ててないし。

スタジアムに入ると、緊張感が漂っていた。3連勝同士の対決。マリノスは絶対に負けられない。お互いのプライドもある。

横須賀市長の「いつの日か横浜横須賀Fマリノス」の定型文にもブーイングするほど浦和はテンパっていた。

始まる前、お隣に若者たちが座った。周囲は年チケの人ばかりだが、その席は年チケ売れ残り席=チケットを買った人が座る。

その若者の一人が、いきなりレッズのユニを着始めた。もう一人が「逆に尊敬するわ」とか言う。

腹立つ〜。「ねぇ、ここはホーム側の指定席でしょ。ユニ着たいならゴール裏かアウェイ指定席に行けば」と言った。「私の友人で古参浦和サポは、ここで私に会う時、ユニを脱いできたわよ、それがマナーだって言ってた」「まじっすか。じゃ、上にこれ着ます」とパーカーを着た。

試合開始前、7月月間ベストゴールの表彰があった。映像が流されると、若者「これはすげぇ」

キックオフ。両チームの意地がぶつかって、激しい試合になった。息を詰めて見ている感じ。マリノスはアデミウソンがシュートを打つが決まらない。シュートの精度が課題だなぁ。

緊張感ある試合、俊輔がいい位置でFK獲得。マリサポは大歓声。期待が高まる。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、俊輔の左足から放たれたボールは、あっという間にネットに吸い込まれた。わぁっと立ち上がる観客。(私もすっと立った。これ不思議、いつもどっこいしょなのに)

もうこの瞬間は、感極まるね。あのスピードであの曲がり方であのコースに蹴られたら、西川どころか、世界中のGKが取れないわ。

隣りの若者は憮然としていた。「今日も俊輔の素晴らしいFKが見られてよかったね」と彼らに言いました←意地悪ばあさんなので。

浦和は焦った。梅崎がファウルを取ってもらえなくて怒る。周囲が「浦和の選手が冷静さを失っているなぁ」。マリノスの選手にボールが入ると数人でプレッシャー。その分、後ろが手薄になる。プレッシャーをかけても取れないからピンチになる。で、まんまとマリノス追加点。

学に負けて無様に転がった選手は誰?宇賀神か。軽くころがしてゴール。

2−0で前半終了。西川の好守がなければ、あと2〜3点入っていたと思う。

隣の若者は席を立った後、戻らなかった。

後半はレッズが攻勢に出るが、鉄壁の守備で跳ね返す。ま、浦和の攻撃はどうでもいいわ。

俊輔から、実に良いタイミングでスルーパスが出た。本当に一瞬で、角度、アデミの走力、DFの位置、ボールのスピードを計算してパスを出すんだよね。凄いサッカー脳。

アデミウソンは追いつくと早いマイナスのパス。伊藤がDFを引き連れて開けたスペースに学が走りこんできて、左足を振りぬく。ズバッと決まる。

後は余裕で見ていた。点を取られる気がしなかった。

CK。メイン側なので、俊輔は良く見えない。ネットが揺れて、ゴール裏がわっと湧き立つ。誰?誰?と言いながら私の周囲も皆立ち上がる。再現映像を見る。「ファビオだ」。

俊輔のボールもすごいけど、突っ込んでいくファビオも運動神経いいわねぇ。

こんな会心の試合運びになるなんて予想していなかった。

俊輔が交代。私の周りもスタンディングオベーションの人たちがいる。初めて見たかもしれない。2階バックスタンドはほぼ全員スタンディングオベーションだったって。

セルティックデビュー戦、俊輔が交代でピッチを出る時、メインの観客が総立ちで拍手だった。日本ではなかなか見られないので、ああいう情景が見られるといいなぁとずっと思っていた。

交代で入った喜田もよく走って効果的だった。勇蔵が入った時は、大きな歓声、人気あるなと思った。

4−0で完勝。
クリックすると元のサイズで表示します

お立ち台のヒーローインタビューで、俊輔が兵藤、勇蔵、淳吾に触れていたのは良かった。本当にキャプテンだね。

それと、お立ち台ではないインタビューで、日産スタジアムの「土と芝がいい」ので蹴りやすいと言ってたのも、芝管理の人にとっては嬉しいと思う。

今日の試合は皆素晴らしかったが、なんといっても俊輔だった。

浦和サポの人が「俊輔は収まると取れんし、倒すとFK決めて来るし、CKも決めて来るし」「すげえな、サッカー全部知ってるって感じだ」

モンバエルツ監督の戦術に俊輔の居場所はあるか、とか俊輔の時代は終わったとか、いろいろ御託を並べる人たちがいたよね。俊輔をけなすと「サッカーがわかる人」みたいな。

もう、ね、俊輔の方がサッカー詳しいですから。

そして、海外に行く前も、海外でも、帰って来てからも、代表でも、本当に、次元の違うプレーを数々見せてくれてたんですよ。

「今日の俊輔は凄かった」のではなく、あなたたち今まで俊輔の、何を見てきたの?

ま、とにかくごちゃごちゃ言っていた人たちを黙らせた俊輔、すごいわー。

こんな神業&次元の違うプレーを見せてもらって、そして、それが徒歩圏内で見られて、なんて幸福なんだろう。

動画を何度も見て、スポーツニュースを見て、なかなか寝付かれなかった。

マリノスありがとう!明日は国会前に「民衆の歌」を聴きに行くよ!

2

2015/8/28

8.30国会包囲行動  政治

SEALDsのフライヤー
クリックすると元のサイズで表示します
やっぱり、彼らのチラシが一番かっこいいわ。


国会へ集まろう!


クリックすると元のサイズで表示します

地図はこちら2枚
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
1

2015/8/26

ぜひ視聴を!NHK包囲  政治

25日NHK包囲行動に行ってきた。

この日のスピーチはどれも「うんうんそうだよ」「その通り」と拍手したいものばかりだったが、特に元NHKプロデューサー永田浩三さんのスピーチは内容も深く、一つ一つの言葉が重かった。鬼気迫るものだった。

ぜひ、視聴してください。




8月14日アベ談話発表の日のNHK報道はひどかった。まさに「アベチャンネル」。「御用放送」だった。特に岩田明子記者、アベお気に入り記者はありえないレベルの「よいしょ」に終始した。

7月15日の戦争法案強行採決の日、国会中継をしなかった。野党に追い詰められ、到底採決できるような状況でないのを隠蔽したかったのだろう。

それでも抗議の電話が殺到したらしく、強行採決の場面は放送した。この時NHK広報twitterは多くの意見に対して「皆さんの意見を上に伝えます」とtweetした。間もなく、この人は担当をはずれた。NHKは恐怖政治を引いているのだろうか。

それまでも、アベのしどろもどろ答弁をいかにもちゃんと答えているように編集したり、市民の反対運動を報じない(ローカルニュースで小さく)。

特に7時と9時のニュースがひどい。

今年夏の戦争関係のNHK特集はどれも秀作だった。きっと籾井体制前に企画が通って番組制作が始まっていたのだろう。これからはそうもいかなくなる。←勘繰り

それとEテレの「むちむち」という番組。おばかな女子高校生の無知を叱って、いろいろ教えてあげるという番組。本当にこの発想が気持ち悪い。

広報は真面目な番組です、と言って、問題が全くわかってない。

報道機関は自主自立であるべきだし、外部でなく、内部でちゃんと欲しいと思っているから、こういう包囲行動はあまり賛成できなかった。

でも、もう黙っていられないと思って参加した。行ってよかった。帰り、東急線電気系統事故に巻き込まれて、帰宅時間が大幅に遅くなったけれども。

2

2015/8/25

孫たちの成長  生活

ふだんもちょくちょく会ってはいるが、何日も泊まり込みと言うと夏休みぐらいしかない。

今年は4泊5日。

上の孫は5歳、幼稚園の年中さん。

昨年は「アナ雪」ばかり。ショッピングモールなどで「レリゴー」が流れるとエルサになりきって歌って踊っていた。

今年は「プリキュア」。ポーズを取ったり、私を悪者に見立てて攻撃を仕掛けてきたり。「やられた〜」と相手をするのも大変。

ウチの子ども達のころは魔法を使っても、闘うことはあまりしなかったような気がする。「セーラームーン」からかなぁ。

年中さんになってピアノを習い始め、ウチに来ると、ピアノの前に座る。

母が昭和30年代に買ってくれたピアノだ。「お母さん、ひ孫が弾いてますよ」と心の中で報告する。

絵を描いたり、工作をするのも好きだ。静かだなと思うと、作業している。とても集中力がある。

今年は自転車の補助なしの練習を始めた。娘の住まい近くはなかなか練習場所がないようで、ウチに来た時に乗る。この辺りは公園も多いから。自転車もウチに置いてある。

下の孫は1歳10か月。二語文を話すようになった。「でんしゃきたねー」。そう、電車が好き。「〜だねぇ」が多いのは普段、母と姉といるからかな。

プラレールを組み合わせて電車を走らせると飽きずに眺めている。トーマス列車は寝る時も話さない。

言葉は母親でないとわからないものもある。

私の目を見つめて「※◇?*△」と言うが皆目わからない。二度ぐらい繰り返されると、適当に答えてごまかす。でも申し訳ない気持ちになる。早くわかるようになりたい、というか分かる言葉が話せるようになるといいね。

お姉ちゃんが「ゴープリキュア」というと「ゴーふにゃふにゃ」。プール遊びでお姉ちゃんが「ジュースはいりませんかぁ」とコップに水をくむと、弟も「※□*◎ かぁ」という。すぐまねっこ。可愛いったらない。

ばなな、ごはん、せんべい、おいしい、飲む、は頻出言葉。食いしん坊だ。

娘と孫娘が出かけて、孫息子が私と二人になった時、しばらく悲しそうな顔をしていたが、タッタッと私の方にやってきた。

そして、私に寄りかかる。私が抱き上げると、なんとなく静かになって、そのまま腕の中で眠ってしまった。泣きもせず、す〜っと寝た。

全面信頼だよね。あまりべたべたしない祖母だけど、それでも、こんなに安心しきって寝てしまうのね。本当に愛らしい。

孫たちが帰った後も、その感触を思い出すと幸せな気分になる。

また遊びにおいでよね。
1

2015/8/24

海外情報入手したい  音楽

最近、日本のテレビでは「日本は素晴らしい!」番組が多くて、以前ほど海外の情報が入ってこない。

映画の上映も「世界最遅」になっている。かつては「日米同時公開!」なんてやっていたのにね。

ドラマも面白くないので、もっぱら「AXNミステリー」や「WOWOW」の海外ドラマだ。

NHKプレミアムで放送していた「グッドワイフ」が好きだったが、シリーズ4で打ち切りになった。シリーズ5では主演のジュリアナ・マルグリーズがエミー賞を獲得した(彼女の受賞は3回目だとか)。ウィルが番組を降りるという重要なシリーズなのに、見られないで残念でならない。

法廷ものは難しいのかな。

韓流ドラマは相変わらずBSチャンネルでたくさんやっている。欧米、南米のドラマももっと放送してほしいな。

ただ、8月30日からNHKBSプレミアムで「刑事フォイル」が始まるので、それが救いか。私は既にAXNミステリーチャンネルで見ているが、知らなかった英国の第二次世界大戦彼の庶民の生活が垣間見える。それに主人公たちがとても「公平」ということ。これがとても大切だと思う。

あと、結構大物俳優がさりげない役で出てるのも見ものだ。

クラシックやオペラの情報は初心者にはとても高い壁がある。情報収集がとても難しい。雑誌も「音楽の友」しか知らない。あんまりミーハー向けはないみたい。

そんな中、Twitterのフォローしている方々からの情報はとてもありがたい。
先日は、ヨナスさんのイギリスガーディアン紙のインタビュー記事を教えてもらった。

ロンドンのプロムスの最終夜に出演するので、そのためのものと思う。



BBCプロムスはロンドンの夏約2ヶ月繰り広げられる音楽祭。

今年は「シャーロック・ホームズ ─ ア・ミュージカル・マインド」があって、これを見にロンドンへ行かれた方もいたみたい

ラスト・ナイトとは(上記HPより)
***********
マリン・オルソップ観客が英国国旗のみならず、世界各地の国旗を振り、演奏の合間には風船が宙を舞う――とにかくホール中の盛り上がりが最初から最後まで最高潮のラスト・ナイト。指揮を務めるのは2013年、ラスト・ナイト初の女性指揮者として注目を集めたマリン・オルソップ。「ルール・ブリタニア」や「エルサレム」など英国の誇る曲の数々に、大興奮間違いなし。
***********

最終夜は確かNHKで放送したと思うので、今年もぜひ放送してください。

下のtweet、メニューインフェスティバル。左上の写真、ジャンプしている。

ヨナスさん、この夏のコンサートはとりあえず、これで終わりかな。プロムスまでゆっくり休んでください。


0

2015/8/22

8/2高校生デモの記事  政治

「週刊金曜日」に雨宮処凛さんの「らんきりゅう」というコラムがある。

8月2日の戦争法案反対高校生渋谷デモが取り上げられている。

クリックすると元のサイズで表示します

高校生のスピーチについて少し触れている。

「週刊金曜日」を買ってぜひ読んでください。

また岩上安身さん編集IWJには若者たちのデモ、スピーチの映像、書き起こしがあります。アーカイブで読んでみてください。

http://iwj.co.jp/

1

2015/8/20

iphoneで音楽を聴く  音楽

サッカーの名古屋遠征の帰り、新幹線で読む本もなく退屈していた。

で、思いついてiphoneでYOUTUBEを開いてみた。イヤホンは持ってたので、YOUTUBEで音楽を検索。新横浜に着くまで、音楽を楽しんだ。

でも、電池を食う。ipodを買おうかなと思い、あ、そうか、iphoneに音楽を入れればいいのだと気が付いた。

娘が帰省した折、作業をしてもらった。もちろん Jonas Kaufmann。

皆が留守の時に=家の中が静か=「冬の旅」を聴いてみた。

いいですね!!

音が思ったより、良い。

何より、細かいニュアンスがとてもよくわかる。ドイツ語と曲がすばらしく合ってる⇒シューベルトだから当たり前だ。

そして、つくづく美声だなぁ、と(笑)

イヤホンは好きではないのだが、静かな場所で聴くのはありだ。

ステレオで聴くのは、家の中の生活雑音がどうしても入る。冷蔵庫やエアコン、外の音。イヤホンだと外の音をシャットアウトしてくれる。

新しい楽しみができた。

JonasさんのCDは6月以来、何枚買ったろうか。ヴェルディ、ワーグナー、オペラベスト盤、R・シュトラウスの歌曲、ドイツアリア、ヴェズリモオペラ、オペレッタ&ヒットソング。オペラのブルーレイまで買ってしまった(これはバーゲン価格)

最初はベルディやプッチーニが好きだった。でも聴いているうちに「ワーグナーがいいかも」と思い始めた。と言っても、ローエルグリンとワルキューレ、ですけど。Jonasさんの声質が合ってると思うし、ドイツ語はネイティブだし。

「音楽の友」9月号に来日の際のインタビューが載っていた。

5年先までもう予定が決まっていて、来日は難しいそうだ。う〜ん。

忙しいねぇ。夏に「カルメン」「マノン・レスコー」「フィデリオ」の3つのオペラに出て、その間にコンサート。もうすぐロンドン・プロムス最終夜に出るようだ。

で、この後は9/16〜アイーダ(ミュンヘン)、10/12ナクソス島のアリアドネ(パリ)、11/14.16カルメン(ロンドン)、12/5〜ファウストの劫罰(パリ)、2016・2/12〜マノン・レスコー(ニューヨーク)、5/16〜ニュルンベルグのマイスタージンガー(ミュンヘン)、その間にリサイタル。

2017年にはいよいよ「オテロ」。でも、もうドン・カルロやローエングリン、ジークムントは演じてくれないのね。。。

2016.5.31追記:2016か2017年パリ・オペラ座でローエングリンを演じるそうです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ