2015/12/15

今日この頃  生活

鼻風邪から発熱して、1週間ぐらいグダグダしていた。

孫娘の学芸会にも行けなかった。

昨年も行けなかったので、孫娘に「来年は最後なんだから、絶対来なくちゃだめだよ!」と叱られた。

私が見に行くことを期待していたんだと思うと、「なんて可愛らしいのだろう」と思うよ。

風邪が少し良くなってから、友人たちと「忘年会ランチ」いくつか。(というか、しばらく会ってないから年内に会おうということで)。

年と共に話題が変わっていくが、孫の話、介護、最近加わったのが「下流老人」。

年金は夫婦二人ならまずまず暮らせるが、一人になった途端厳しくなるよね。消費税10%なんてトンデモない。

月10万円少々じゃ、バイトしないとやっていけない。70歳になっても働いている。生き甲斐にもなってるからいいけど、身体壊したらどうなるんだろう?

持家だから何とかなるとは思うけど、賃貸じゃ暮らしていけない。

こういう話をすることは昔はなかった。

子ども達の話をしていても、「共働きでないと家庭を維持できない」、親がかり(孫の世話)でないと共働きもきつい。専業主婦でも夫は長時間労働で一人育児はきつい=親がかり。

「薄給で子どもなんて持てない」、「長時間労働で出産なんて考えられない」という話がポンポン出てくる。

子どもの貧困も深刻。友人の話。
ある高校は3割が生活保護世帯だという。卒業式帰りと思われる親子、母親はまったくの普段着(スニーカーに膝の出たズボン)。よそ行きの格好じゃない、との話。

母親は小説「OUT」にあったように深夜のバイト(コンビニ弁当作りなど)。まだ3歳の子を家に閉じ込めてバイトに出るという話も聞いたという。

奨学金が重荷の若者も多い。

まったくこの国はどうなっちゃうのだろう。外国にお金ばらまいたり、軍事費を5兆円も使ったり、原発やもんじゅ、基地建設、五輪に使うお金はあるのに。

それでも自公で参院選圧勝という。諦めないで行動しようと思うけど、それでも徒労感はある。

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ