2016/2/13

写真集「ひきがね」  本・文学

夫が写真集「銃弾ひきがね」を買ってきた。あまり写真集というのを買ったことがないから珍しいことだ。

この、写真集、すごくいい!

反原発官邸前抗議・デモ、反レイシズム・カウンター行動、秘密保護法反対、辺野古、LGBT、集団的自衛権・安保法制反対。闘う人々の記録だ。



何がいいかというと、写っている人たちの表情だ。怒りや、悲しみや、覚悟、共感、信頼、喜びの表情が、ごまかしのない、曇りのない表情で写っている。

そしてECDさんの文章がいい。

ECDさんがデモを意識したのはブッシュのイラク戦争参戦+小泉自衛隊派遣への抗議だという。

それから、反原発官邸前抗議・デモ、反レイシズム・カウンター行動様々な活動を通して、安保法制反対の大規模抗議行動へつながっていく。

私の参加した抗議行動、デモもある。官邸前、反原発デモ、秘密保護法国会・官邸前抗議、集団的自衛権官邸前・国会前抗議、後藤健二さん追悼(ハチ公周辺)、安保法制反対(国会前、新宿伊勢丹前、新横浜プリンスホテル周辺)。

新横浜シットインの写真には、あの時、言葉を交わした人達がうつっている。私はホテル前には行けなかったので、シットインには参加してない(新幹線ガード下あたりにいた)。勇気ある行動には尊敬の念しかない。

安保法制国会審議の時は、連日の抗議、猛暑で体調をくずす人たちが続出した。給水所、医療チーム、見守り弁護団、様々な人たちが、抗議者を守るために活動した。

7月15日の抗議活動では私のそばにいた若者が熱中症?で倒れかかった。その時身体を支え、濡れティッシュを渡したのはECDさんだと思う。

ECDさんの文章、

*****
給水クルー、医療班、見守り弁護団、これらのひとびとは抗議の声をあげるひとびとを守るためにそこにいた。そして、そうした役割をかってでたこれらのひとたちだけでなく抗議に参加したひとびともまた、これらのひとびとと寸分違わぬ機敏さで近くで何かトラブルがあればためらうことなく行動した。

車椅子のかたがいればその通行を助けたし、道を空けるよう大声をあげることもためらわなかった。そんな場面を何度も見た。

残念ながらそうした光景は僕らが日常を暮らす街の中ではそう当たり前のように見ることができるものではない。デモの中ではデモの外よりも間違いなく「よりよい社会」が実現していた。

しかし、これは最初からこうだったわけではない。(中略)

僕はデモの中が現実社会より自由であるべきだとは思わない。しかし、こんなふうにしてデモの現場で育った「よりよき社会」は僕たちの大きな財産だと思う。

*****(原文は改行でないところも改行しました)

本当にその通りなのだ。

このことは、私も何回か、このblogで書いてきた。国会前抗議の人々は譲り合い、労わりあい、思いやりが当たり前だった。その部分を書き抜く。

******
2015.11.15
スピーチ台の前で左に曲がる。少し隙間がありそうな場所で、「入れないかな?」とキョロキョロしていると、女性が「入りますか?」とコーンのバーを外して入れてくれた。

本当にみんな親切。抗議に来ると人々の温かさに触れる気がする。譲り合い、助け合う雰囲気なのだ。疲れたご年配の方がいると、石垣に座っていた人がすぐに声をかけて座らせる。

帰り道、「給水所です、温かい飲み物もありますよ」と声をかけている人々がいた。今日も「給水所」を出してくれているのだ。ありがとうございます。

こういう助け合い精神がいろんなところにある。来たことのない人はぜひ来て体験してほしいと思う。
******

2015.8.30

ちょっと空いている場所を見つけてコーンの内側に入った。石垣の上に上がってレジャーシートを敷こうかと話していると、その場にいた男性二人が「どうぞ」と席を譲ってくれた。みんな親切だ。

******

本当に「よりよい社会」だった。

この写真集は素晴らしいので、ぜひ手に取ってください。

2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ