2016/3/30

久しぶりに国会前  政治

3.29安保法施行国会前抗議に行ってきた。

この日はサッカー日本代表のシリア戦があり、チケットも確保していたが、友人の知り合いに譲った。最近ほとんど抗議集会に出られないので、せめて、この日くらいと思ったのだ。

友人二人に声をかけると、一人が「行けるよ」と言ってくれた。

永田町で待ち合わせ、桜田門まで一駅乗って、桜田門から国会前を目指した。駅には警官はいないし、国会前の広い道を見ると、警察車両(いわゆるカマボコ)も止まっていなかった。

つまり、今夜はあんまり人が集まらないと予測しているんだなと思った。

それでも桜田門駅に一番近い大きな交差点を渡ると憲政会館北庭側の歩道はもうかなり埋まっていた。ただ、歩道に置かれたコーンは抗議者を狭いスペースに押し込めようとするように、歩行者側を広く取っていた。

桜田門に一番近い憲政会館北庭入口=給水所があった場所を少し過ぎた辺りで、ちょっと詰めてもらって石垣に座った。もう少し前の方(スピーチをする場所に近い方)に行ってもよかったが、座れる方がいいと思った。近くにスピーカーがあったので、コールや演説は良く聞こえる。

ちょうど枝野幹事長のスピーチだった。その後、政党代表、沖縄、弁護士会などのスピーチがあった。

友人とは久しぶりだったので、スピーチよりおしゃべりに夢中になってしまった。どうも組織代表者のスピーチや「総がかり」のコールはあんまりハートに響かない。それでもコールは一緒にやった。SEALDs本間君のスピーチは分かりやすかった。

途中、怒声が聞こえて「何だ?」「何だ?」となったが、どうもネトウヨが勝手にデモ中継をしていたらしい。それを中止させた際のやり取りだったようだ。ネトウヨは本当に気味が悪い。こういう時には自主的警備の人たち、弁護士さんが頼りになる。

給水車が出て、水の他に飴やお菓子を配っていた。救護班の人たちもいた。いつもありがとうございます。

とにかく、安保法制は違憲だし、国会の議論も採決も滅茶苦茶だった。違憲状態の選挙で、低い投票率で、選挙の争点でもなかったのに、憲法違反の法律を、暴力的に、採決?してしまった(採決自体無効じゃないのか)。それで、自衛隊が海外で戦闘行為ができることになった。自衛隊員の方々が心配だ。ありえない。

「総がかり」から今の段階で参加者は3万5千人(だったかな)という発表があった。

7時40分頃からはSEALDs。奥田君のスピーチもコールも久しぶり。

スピーチはやっぱり、SEALDsの方がすっと耳に入ってくる。ママの会の人のスピーチもその人しか言えない言葉で語っていた。フランスではデモはごく普通の行為、日本では何故特別なことのように言われるのか、非難されるのか、と言っていたが、本当にその通り。

でも、以前より、デモや署名の事は言いやすくなってはいる。友人は娘の同級生の母親だ。要するに保護者会で一緒だった人たちに政治の話をしているわけ。

高校生のスピーチ。素直な言葉で説得力がある。警備のおまわりさんたちも耳を傾けているように思った。

8時半くらいになると、スピーカーから音が聞こえなくなった。「総がかり」から借りている機材なので、契約?が切れるらしい。私たちはここで帰ることにした。

twitterによると、SEALDsは11時半くらいまで抗議を続けるということだった。

家に帰ってニュースを見ると、報道ステーションはこの抗議を伝えたらしいが、ニュース23やZEROはいい加減な扱い。街頭インタビューは、間違いだらけ。個別的自衛権と集団的自衛権の区別もない、日本の「思いやり予算」も知らない、アメリカの戦争も知らない、ひどいわ。

総がかりの集会は6時半から7時半まで、その後SEALDsなんだけれど、7時半の段階で、幟を持っている人たちがどんどん帰るのね。せめて30分くらいいてあげればいいのにと思う。

私たちは忘れてない、諦めてない、怒っているということをこれからも示し続けたいと思う。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ