2016/7/30

眼が拒否・名古屋戦  サッカー(マリノス)

降格危機にある名古屋。今年連休にトヨタスタジアムに行って3−1で負けた時、名古屋がこんなに苦しむなんて思わなかったな。
クリックすると元のサイズで表示します
夕焼け

今日は港北区デー(こうほくサンクスマッチ)。消防車が来ていた。前回の自衛隊募集と違って、こちらは人だかり。
クリックすると元のサイズで表示します

港北区長の挨拶はマリノスをちゃんと見ている人だなぁと感じさせた。力強い応援メッセージだった。

今日、サポーターはバス待ちをしたそうだし、ビッグフラッグも掲出した。入場時には久しぶりに「プライドにかけて」だったし、「どうしても勝たせたい」という気持ちを感じた。
クリックすると元のサイズで表示します

試合経過はこちら、マリノス公式
http://www.f-marinos.com/match/report/2016-07-30

中澤と楢崎がキャプテンなのね。長いよねぇ、この二人。

最初は名古屋の方がチャンスが多かった。なかなか攻めの形が作れなかった。

今日は暑かった。蒸し暑くて、ECC(語学スクール)が配ったウチワがありがたかった。(いつも扇子は持ってるけど)。それと、保冷剤を保冷バッグに入れて持って行ってたので、それで顔を冷やしたり、わきの下に入れたりした。これがなかったら、熱中症になったかもしれない。

つまり、私はばてていた。先週と同じように手拍子があまりできなかった。背中から腰も痛くて、今日は最後まで見てられるかしら、と思った。

だから、あんまり試合の記憶がない。

そうそう、セットプレーはマルティノスが蹴るのね。あまり精度がよくない。

なんか凡プレーが多かったな。「おぉ!」と腰を浮かせるのは学の、切り裂くドリブル位。

低調なまま前半終了。

後半も、前節のようにふわっと入らなければ良いが、と思った。

今日は応援がとても良いと思った。ずっと途切れなく、声量も大きくて、チャントが響いていた。名古屋のセットプレーの時は「哲也、哲也」と名前を呼んでいた。これ、10年くらい前はあんまりやらなくて、ダラダラしたチャントでなく、選手の名前をもっと呼んでほしいと思ったものだった。惜しいプレーの時、失敗した時、倒れた時、期待したい時、選手の名前や選手の歌を歌ったのもとてもよかった。

後半になって、名古屋のメンバー表を初めて見た。明神がいるのか、安田理大も。もちろん、矢野貴章も。そういえば永井があんまり目立たないな、守備の時間が長いからか。

マリノスも精度が低いけど、名古屋も相当なもんだね。ミスが多いし、シュートが枠内に飛ばない。危ないのは1回くらいかしら。

カイケは時差ボケがようやく治ったらしいと聞いたのに、1stと同じだったよ。

学が必死で走り出した時、ボーっとしてたし、ボールの落下点を予測して走ればいいのに走らない。判断が遅い。

マルちゃんは、前節と同じ。途中まではいいんだけど最後のプレーが軽い。「最後」というのは一番肝心な時、重要な時、ということだから。それと、終了間際、小林がマルちゃんに何か文句言ってたね。連携がうまく行ってないのかな。

攻撃の選手が手を上げていてもボールが渡らないことがあった。大きなサイドチェンジや「わぉっ」というようなスルーパスもない。ドンピシャのクロスもない⇒つまり、俊輔の幻影を追い求めていたのですね、私。

とにかく、狭いとこ狭いとこへパスして跳ね返される、パスミスも多い。クロスは不正確。何か見ていて辛くなってきた。

自然と眼がふさがれて、というか、瞼が下りてきた。目をつむって、周囲の歓声やため息だけ聴いていた。それで十分じゃないかと思った。こんな試合見たくない。

傍から見れば、居眠りおばあさんだろうなぁ。

前節は同点になってからのマリノスの怒涛の攻撃にテンションが上がって、すごい応援したのだけど、今回は居眠りだ

ロスタイム金井君のシュートが入ったか!と一瞬思ったけど、サイドネットだった。金井君は前節でも惜しいシュートがあった。決めてればヒーローだったのに。

カイケ、マルティノスねぇ。改めてマルキーニョスやドゥトラは凄い助っ人だったんだなと思う。

ついつい思い出してしまう。

ユ・サンチョル。あの2003年京都戦のゴールや2004年鹿島戦の守備は忘れられない。私は見てないけど、セレッソ大阪戦もすごかったそうだ。闘争心の塊だった。(ケガが多かったのが残念)

私が日産スタジアムに行くと、こんな試合ばかり。凡庸。(柏戦くらいだ、気持ちよい勝利は)

試合終了後、周囲は「うちは降格濃厚なチームには優しいんだ。去年だって清水に勝ち点プレゼントしたし」、「1点が取れない所がマリノスが優勝できない理由」との声があった。

選手挨拶は盛大なブーイングだった。

帰り道、小学生たちが「俊輔がいなかったからなぁ」「そうそう」「FKやCKは入りそうになかった」「俊輔がいたら、絶対に勝ったよね」「うん」「うん」

夏休みで、26,000人くらい観客が入ったのだから、ワクワクするような試合を見せてほしかった、本当に。

0

2016/7/29

今更ながら磐田戦  サッカー(マリノス)

およそ1か月半ぶりの日産スタジアム。

クリックすると元のサイズで表示します
こんなのがあってびっくり。大人が子どもチケットで入場する例があるらしい。

横須賀デーなので「自衛隊員募集・イベント案内」も
クリックすると元のサイズで表示します
あんまり人はいなかった。自衛隊員は今応募者が減っているという。当たり前だ。「日本を守る(=個別自衛権)や災害派遣なら納得でも、アメリカの戦争に加担して遠い国まで戦いに(集団的自衛権)、しかも違憲、かつ法の不備で「山賊海賊の類」(小林節氏)にされてしまうのはひどすぎる。

さて試合開始。

試合経過はマリノス公式
http://www.f-marinos.com/match/report/2016-07-23

クリックすると元のサイズで表示します
いつもは選手紹介から、ずっと手拍子をするのだが、その元気がでない。孫のお世話疲れだろうか。周囲の人たちのテンションをすごく高く感じてしまった。いつもと同じだろうに。

マリノスは圧倒的に攻めた。最初のゴールは素晴らしくて、「あぁ、これが首位マリノスの攻撃力!」と飛び上がった。

けど、その後は攻めても攻めても決まらない。

俊輔がペナルティエリアに飛び込んだり、裏に走ったり、ヘディングをしたり、得点しようという意欲がすごく見えた。そうそうカイケのゴールのきっかけは俊輔の守備からだった。

後半、何かふわっと入ってしまった。パスミスやオフサイドに引っかかったりの続いた後、磐田の、あの、すごいミドルシュートが飛び出した。同点。

もう、いつも見ているやつ。

その後の怒涛の攻撃は見ていて面白かったんだけどね。

マルちゃんは、足も速いし、守備にも走り回るのに、肝心なとこで軽いプレーが多いね。あの決まったと思ったシュート、あんな緩いの蹴らないで、強いシュートを打つべし。本当に最後まで気を抜かずにやろうよ。

カウンターで「危ないっ」と思った時、戻ったのは俊輔と学くんだったよ。危機察知能力の高さ。

試合の始めの方は疲れていて、手拍子もできなかったが、同点後の攻撃の時は必死で手拍子してた。「行けー!」と叫んだり、惜しいシュートの時は立ち上がりかけて天を仰いだり、いつの間にかテンション高くなってた。

やっぱり、スタジアムの臨場感は最高だね。

0

2016/7/19

お墓の住人(蛙)  生活

8月のお盆にはお墓参りに行けるかどうか分からないので、7月の連休に思いついて行ってきた。

旧盆の時ほど墓参りの人はいなかったが、それでも広い墓苑、ところどころに新しい花が供えてあった。

うちのお墓に行くと、いつものカエル。

クリックすると元のサイズで表示します

やぁ久しぶり、という感じだが、同じカエルなのか、その子孫なのかわからない。

暑い夏、墓石に張り付いていたら、干からびないかと心配になる。

お墓の周りでは、バッタやトンボ、蝶々、蜂が飛び、ウグイスがのんきに啼いていた。

帰り、アクアラインの千葉側料金所、かなり手前から渋滞していた。初めてのことだ。さすが3連休最終日と思った。
1

2016/7/16

子どもの歌「虹」  音楽

孫たちと車に乗ると、「童謡」や「みんなの歌」の歌をカーステレオから流す。

私が知っている古い童謡「咲いた咲いたチューリップの花が」「笹の葉サラサラ(七夕)」「迷子のこねこちゃんいぬのおまわりさん」などももちろんある。

NHK「みんなの歌」か「お母さんといっしょ」かな、知らない歌があった。

聴いているとじーんとしてしまう。

「にじ」という歌。

これを幼稚園児たちが手話しながら歌うという。

そんなのを孫が友達と歌っているのを見たら、私、泣いてしまう。

YOUTUBEにあった「にじ」。歌のみ



こういう動画もあった。
「つるの剛士&中川ひろたか 被災地の小学校で『にじ』をうたう」
https://youtu.be/DTSiQPrer6A

あと「ありがとうの花」もいい歌だ。

「おかあさんといっしょ」のおにいさんとおねえさんが歌っている。

良い歌はきっともっとあるのだろう。孫と一緒にきくことにしよう。
1

2016/7/15

FMでローエングリン  音楽

今日午後2時からNHKFMオペラ・ファンタスティカで新国立劇場「ローエングリン」の放送があった。

5月26日収録と言うから、私が見に行った日だ。

孫たちが昼寝をしたり、一人遊びをしている間、聴くことにした。

ラジカセやミニステレオではNHKFMが受信できなかった。それでiphoneの「らじるらじる」でNHKFMを聴いた。

第一幕は邪魔されずに全部聴けた。

やっぱり、第一幕、ローエングリン登場から、テルラムントとの決闘・勝利まで、聴きごたえがある。フォークトさんはラジオでも生で聴くのと同じように透明で輝かしい声だった。

そして5重唱&コーラス。見に行った時も1幕終わりの盛り上がりはもう鳥肌が立ったが、ラジオでも同じように大迫力でぐいぐい迫ってきた。あー、あの舞台を見に行けてよかったなぁ。

2幕はちょっと家事もあり、ほとんど聞けなかった。3幕になると、もう孫たちがまとわりついてダメだった。イヤホンでは聞けないので、パソコンで「らじるらじる」を立ち上げ、パソコンで聴くことにした。

すると、孫息子は負けじとおもちゃの電子楽器を持ってきて、トトロの「さんぽ(♪歩こう歩こう、私は元気〜)を鳴らしだした。もう〜

録音すればよかったのだが、録音方法をネットで調べてもよくわからないうちに時間切れ、ソフトを入れるとかアプリをいれるとか?私には対応できなかった。

それでも「遙かな国より」は孫たちを制止して必死で聴いた。

う〜ん、また言うけど、本当にあのオペラを聴きに行けてよかった。フリーライターの江川詔子さんは3度行ったそうだし、私がtwitterでフォローしているオペラファンも3回行っている。その価値はあると思う。

この5月26日は劇場にカメラが入っていたので撮影もしたと思う。新国立劇場の資料室で全幕を見ることができるらしいが、これ、放送してくれないかな。NHKで「金閣寺」や「沈黙」も放送したと思うので、この「ローエングリン」もやれないことはないと思う。海外のワーグナーファン、フォークトファンにも公開すればいいのになぁ。

ところで、ヨナス・カウフマンの公式HP、スケジュールからジャパンツアーの日程が消えているという。

念のために見に行くと、以前11月28日大阪フェスティバルホール、11月30日文化村オーチャードホール、12月3日大宮ソニックシティとしっかり書いてあったのに、今はない。

http://www.jonaskaufmann.com/en/188/schedule.html
2016年11月18日まで「ホフマン物語」、その後は2017年1月18日からの「ローエングリン」だ(←この二つパリで上演、見に行きたいなぁ、行けないけど)

このスケジュール表に記載がないということはキャンセルの可能性が高まったということだろうか?心配だよ。よくキャンセルする人だし。

(追記:8月になってHPを見たら復活していた。良かった(ホっ))

海外に見に行くことはできないので、どうしても日本で見たい。ヨナス様日本に必ず来てください。
0

2016/7/14

2ndステージ好調マリノス  サッカー(マリノス)

2ndステージになってから、マリノスは好調だ。

アウェイだけでなく、ホームでも勝っている。

が、私はスタジアムに行くことができない。新生児、幼稚園児、2歳児の孫3人と出産後の娘を預かっているから、夜、特に夕食・風呂・寝かしつけの時間と被るサッカーの試合には行くことができない。

それどころか、テレビ中継すら見ることができない。録画して、結果を知ってから見ることになる。

それでも俊輔が出ていると、そのプレー一つ一つ見るのが楽しいから、録画は欠かせない。

今度はいつスタジアムに行けるのだろう。

この間の三ツ沢なんか、行きたかったなぁ。0−2からの逆転勝ちなんて、しかもアディショナルタイムの逆転弾、鳥肌ものだ。

まぁ、頼られるうちが華なので、しばらくご奉仕するつもり。その分スタジアムに行く喜びも増すことになると思っている。

この調子で2ndステージ優勝なんて、ありうるのかな。夢見てしまう。
0

2016/7/6

芽が出てきた  生活

昨年暮れ、千葉県の中華料理店に寄った時、よく見かける観葉植物の葉っぱが沢山花瓶に活けてあり、「ご自由にどうぞ」と札が掛けてあった。

「これ、いただいていいのですか?」と聞くと「どうぞどうぞ、増えすぎて困ってるんです」。

というわけでいただいた葉っぱ。外に植えた葉は冬の寒さで枯れてしまった。室内に残した葉っぱのうち、一枚に芽が出てきた。

クリックすると元のサイズで表示します

これ、なんていう名前でしょうか?また、このまま、花瓶(というか、空き瓶)に挿したままでいいのかなぁ。

追記:2016.9.12 サンセベリアという名前だそうです。
NHK「趣味の園芸」9/11の「時代をつくった花たち第6回」で取り上げていて、分かりました。

育て方⇒http://www.yasashi.info/sa_00009g.htm

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ