2016/8/29

傘で失敗・鹿島戦  サッカー(マリノス)

台風の影響か、涼しい。弱い雨も降っている。ゲリラ豪雨が来たら困るので、しっかりした傘を持ち(この件は最後の方に書きました)、ウィンドブレーカーも着た。もちろん、タスキユニも。

今日はガールズフェスティバル?だったらしいが、私には何にも関係はなし。これ集客など経済効果があるのだろうか。

以前、ガールズフェスで高いお金を出せば、あのガラス張りの席に行けると聞いた。シルバーデーもやればいいのに、と思ったよ。男の人たちも男祭りはないのか、なんてつぶやいていた。

試合経過は公式HP⇒
http://www.f-marinos.com/match/report/2016-08-27

暗転演出。いつものように良い写真は撮れなかった。FC東京もベルマーレもペンライトを用意してスタジアム全体が「ギャラクシー」になったのだが、鹿島は極一角だけ赤ペンライト。

鹿島サポが「横浜の夜景」「鹿島の夜景」と自嘲していたし、赤ペンライトを王蟲が一匹迷い込んでいるみたいとつぶやいている人もいた。

さて、マリノス、前節の東京戦では「ワーストゲーム」と酷評されていた。1週間で立て直してきたろうか。

一方、鹿島は、監督が心労で休養、大岩が臨時監督。大岩って、あの名古屋にいた大岩?

金崎夢生はハリルホジッチに「プロ選手が取るべき態度ではない」と批判されていたが、鹿島ではちゃんと先発だった。

最近は俊輔が出ていないこともあり、観戦もテンションが上がらない。ごめんなさい。

予想通り、鹿島が攻勢。鹿島はマリノスに絶対の自信を持っていると思う。小笠原も健在。でもセットプレーはもう蹴らないのね。今は柴崎君。彼は代表に選ばれたっけ?

今日は哲也が忙しく、曽ヶ端は暇そうだった。

それでも、マリノスも機会を見て反撃。バーに当たったのは不運だった。

で、先制は鹿島。アッサリ失点。入れたのは誰?と大型ビジョンを見ると、鹿島先発メンバーにブラジル人がいなかった。(得点者は鈴木選手)

今日はマルちゃんがいなくて、兵藤が入っている。カイケはいいプレー(&トリッキーなプレー)もするが、持ちすぎというか、判断が悪い。

兵藤は良かったんじゃない?兵藤はもっと使うべきと思う。ずっとそう思っている。

周囲はずっと静かだった。あんまり手拍子もないし、ヤジもない。冷めている感じだった。ただ、鹿島の汚いファウルにはブーブー、主審の判定にも「ぶー」。

で、前半終わりの方、波状攻撃で、ゴール!と思ったらオフサイド。金井君惜しかったね。立ち上がった人たちも、あ〜あ、と座る。でも、この辺りから、「今日、良いんじゃない」「選手たちの懸命さが伝わるよ」という雰囲気で、手拍子も歓声も大きくなった。

終了間際。学のドリブルからゴール正面にいた伊藤翔がシュート、これお見事でした!いい時間帯に追いついた。

ハーフタイム、川崎は大量失点してた。浦和も負けていた。マリノス勝たなくちゃ。

後半開始。マリノスは前半守備に追われて受け身だったから、後半になると疲れが出るんじゃないかと心配したが、逆だった。元気がなくなったのは、鹿島の方だった。

とはいえ、パスワークは相変わらずうまいし、手数をかけずにゴールに迫る。ミドルシュートも繰り出す。マリノスは最近2度ミドルシュートで痛い目に遭っているから、今回は対策をしたかな。決まらなかった。哲也様様の場面も多かった。

しかし、鹿島も結構、簡単にピンチを招いた。こんなことは以前はなかった。

マリノスは後半になってCKもFKも増えた。天野、そして兵藤が蹴るから安心。

三ツ沢で若い女性たちに「なんでお前が蹴るんだよっ」と怒らせたカイケに出番はなし。でも相変わらず、「カイケ、せめて競るくらいしろよ」という野次は飛ばされる。

カイケ→富樫の時は大きな拍手。敬真にみんな期待している。が、あんまりフィットしないというか、試合勘がないのか、有効なプレーをすることができなかった。

一進一退の中、学の真骨頂、40m独走ゴールが生まれた。すごいすごい。斎藤学は次元が違う。

シュートして、ネットを揺らすまでちょっと時間があるのも、最高。鹿島は元気がないし、勝てるかも、と周囲も元気になり、手拍子が鳴り響いた。

金井が交代。「栗原」の声に、ちょっと皆「えっ」「?」。でも勇蔵は人気があるから、「ゆうぞー」「ゆうぞー」の声が大きくなった。

で、失点なんですね。追いつかれてしまった リードはわずか5分か。

詳しい人の意見を読むと、金井のポジションに専門でない遠藤をあてたのが誤り、ボールがマイボールじゃない時に栗原を入れたのが誤り、とのこと。

鹿島右サイドの選手かなり狡猾と言うか、FKで中央あたりにみんなの視線が集まっている時にスルスルと上がっていった。FKのボールはすかさずその選手へ。この辺り、鹿島らしいなぁと思った。こういう選手が相手なんだから、もっと守備に慣れた選手をサイドに入れるべきよね。

2−2の引き分けで試合終了。観客はさっさと引き上げる。3万人近く入った試合、学選手のスーパープレーが飛び出したのだから、勝ちたかった。勝ちたかったなぁ。

選手挨拶時、ブーイングはなし、拍手が多かった。選手の闘う意思が見えたし、良いプレーもあった。
  
 クリックすると元のサイズで表示します
  
帰り道、「守備固めに勇蔵を入れた途端に失点だからなぁ」と、嘆く声が聞かれた。やはり、あの采配に疑問を持つ人が多かったようだ。勝てる試合を采配で落とした、と思う。

勇蔵には試合に出てほしいんだけど、使い方だよねぇ。

帰り道トリコロール傘が花開いていた。

「しまった」、大きさと堅牢さで選んで持って来た私の傘、「鹿島色」だったわ。

アホみたいなことだけど、こういう時に「トリコロール傘」(古くて壊れそうだが)を持ってこないのは大失態。まして鹿島色なんて!!

マリノスの試合はあと何試合? 日産スタジアムで勝利を見たい。トリコロール傘を開きたいよ。

0

2016/8/27

秋の園芸は  生活

テレビをつけたら、Eテレで「趣味の園芸」を放送していて、秋の草花の手入れを紹介していた。

そうか、そろそろ秋の園芸か。

ウチの園芸は、常にいい加減。

グリーンカーテンは昨年の時計草がまた生えてきたのでそれを使っている。もう根がプランターの中にビッシリなので、昨年に比べると伸びが悪い。結局隙間だらけのカーテンだ。

これはもう少ししたらネットをはずして、さすがに3年目はないので、土もろとも処分する。

クレマチスは娘たちにもらった13年目のと数年目のと2つ。

「趣味の園芸」のクレマチス特集に花が一段落したら切り詰めると2回目の花が咲くと書いてあったので、数年目のクレマチスの方を切り詰めてみた。

が、全然花が咲かない。むしろ元気がなくなった。何もしない放りっぱなしの13年目の方が次々花が咲いた。ウチ流はほったらかしの方がいいようだ。

車を買った時お店からプレゼントされた寄せ植えの鉢、みんな分けて別鉢にした。オリヅルランは室内で元気。名前を知らないツル性の植物は春には白い花を咲かせ、いい匂いがする。これも花が終わった後、好き勝手にツルを伸ばしている。

春に全く花を咲かせなかったゼラニウム(これはもう40年目もの)は今になって花が咲きだした。

ローズゼラニウムも何年目だろう。これも元気。ローズゼラニウムは枝がクニャクニャ伸びて収拾がつかないので、切り詰めよう。

昨年買ったサン・何とか、は今年は去年以上に元気で花が沢山咲いた。ツルも時計草用のネットを伝わって一番上まで伸びている。でも、落ちる葉が増えているから、もう秋冬の準備が始まっているのだろう。時計草を外す時にこれもツルを切り詰めた方がいいな。植え替えの必要もあるかもしれない。

ローズマリー、ミントは、ま、そのままでいいかな。

今年買ったのは、イチゴ、バジル、パセリ、ヒマワリ、名前を忘れた花2色。

バジルとヒマワリはそろそろ終わりなので、処分。名前を忘れた花は、1株枯れてしまった。宿根草だそうなので、残った一株は、とりあえず水はやっておく。

イチゴ、パセリはそのまま行けるところまで行く(枯れるか腐るか分からないが、とりあえず水をやり続ける)。

金のなる木や、中華料理店でもらった名前を知らない葉っぱ=葉っぱに根が出て新しい葉が生えてきた、もそのまま手入れ(手抜き手入れ)を続ける。

今年はラベンダーとサフィニアをダメにしてしまった。

センスのいいガーデニングを見ると、ちゃんと高低差、葉の色、花の色、配置が計算されている。

ウチのは、もらい物、長年枯れないでいるものばかり。もう少し、整理して、センスのいいガーデニングと言うか園芸にしたいと長年思っている。

オリーブやゲッケイジュのような木ものを置いてみたいとか、大きな鉢に華やかな花を1種類だけ植えて置く、とか、寄せ植えの鉢を置くとか、ゼラニウムやローズゼラニウムはもっと少なくていい。

でも結局いつもこのまま。

秋になれば、例年通り、掘りだしたムスカリ、水仙、フリージャの球根を植える。要らないと思った草花も可哀想で、捨てられない。

ゼラニウムやローズゼラニウム、ミント、金のなる木などは枝が折れたり、葉っぱが落ちたりすると、捨てずにもう一度土に挿したり、水に差しておいたりしてしまう。

だから、まとまりのない雑然としたガーデニングになってしまう。今年こそ決断しようか。
1

2016/8/25

また東劇へ  音楽

また、東劇へMETライブビューイングアンコール上映に行ってきた。

もちろんヨナス・カウフマンの「ウェルテル」を見るため。

これ18:30から上映なんですよ。

バイトを辞めて、夫も退職したら、夜は拘束されずに済むので、いつか「レイトショー」というものに行ってみたいと思っていた。それがようやく実現した。

18:30〜の上映で、地味なマスネ「ウェルテル」では、どのくらい観客がいるかな?と思った。前日チケットネット予約の時はほとんど空席だった。

行ってみると、ま、30人足らずかな。「ワルキューレ」は300人くらいはいたから、1/10か。

女性が圧倒的だろうと思っていたら、半々くらいだった。オペラファンなのか、ウェルテルファンなのか、ヨナスファンなのか?

でも、見に行って良かった。METライブビューイング「ウェルテル」はWOWOWで放送したものを録画して、毎日見ていたこともある。

新国立劇場にコルチャック主演の「ウェルテル」も見に行った。パリオペラ座のカウフマン・コッシュ「ウェルテル」のブルーレイも持ってる。

音楽がきれいなんですよね。

演出のエアさんもこのオペラをやろうとした決め手は「MUSIC」と言ってた。

特に第一幕の後の間奏曲。このライブビューイングでは「舞踏会〜帰宅」に流れる音楽、これがとても好き。この曲はその後もたびたび流れる。

専門家や音楽愛好家なら、何とかのテーマとか、何とか音階の曲、とか言えるのだろうけど。

1幕目の終わりの方、ウェルテルが気持ちを伝える場面。これはパリ・オペラ座のもの。METは見つからなかった。


それと、2幕のシャルロッテに再会してウェルテルが切願するところ→聖書の「放蕩息子の帰宅」のような一節〜「僕に語りかけてください」までの音楽、も好き。ここ熱唱だ。

そしてもちろん、3幕の「オシアンの歌」


4幕の息絶えるまでの弱音の歌。聴きごたえある。youtubeに動画があるが、痛々しいのでここには載せない。

ウチのテレビ画面で見るより、もちろん大型画面だから、衣装も表情もじっくり見ることができる。結婚後のシャルロッテのドレスは、テレビで見ると「ベージュ」でおばさん臭いと思っていたが、映画館で見ると手の込んだレースで素敵だった。

でもまぁこのオペラは、カウフマンですね。歌(声)の表現力も、顔の表情や手指、身体の表現力も桁はずれだと思う。もう、ああいうの見てしまったら、他の歌手では満足できないんじゃないかな。見た目もね。

「ワルキューレ」のジークムントではあんなに凛々しかったのに、「ウェルテル」はじくじく恋に悩みぬく青年(本人曰く「病気でしょうね」)。そして「カヴァレリア・ルスティカーナ」の生活臭漂う凡夫(痴情のもつれ)、とイメージを全く変えてくる。

3幕、4幕では前の方の女性客はハンカチで目をぬぐっていた。帰りのエレベーターで一緒になった人は感動さめやらぬ体で何か話しかけずにはいられないという感じ。私に「劇的でしたねぇ」と語りかけてきた。

9月にまた上映があるので、また行ってしまおうかな。
1

2016/8/24

リオ五輪  スポーツ一般

パラリンピックはこれからだが、一応リオ五輪は幕を下ろした。

こんなに五輪を見なかったのも珍しい。つまり、朝起きるともう結果が出ていた、午前中の種目は家事しているか、外出しているかで、見ている暇がない。

体操もあら、金メダルなの!錦織くん、ナダルに勝ったの?吉田さん負けちゃったのか。てな具合。

真面目に見たのは、サッカーの日本代表戦と決勝戦ぐらいだ。ネイマールのPK、決まった後無表情に駆け出してみるみる泣き顔になるところ、すごい重圧と戦っていたのだなぁと思った。

予選リーグのアメリカのバスケットボールも見た。相変わらずカッコイイし、強すぎ。ただ、タトゥが気になっちゃうのよね。

あと陸上は見たかな。ボルトの100mは見た。でも400mリレーは外出していて見てない。

もともと柔道やシンクロ、卓球は見るのが好きじゃないので見なかった。

ニュースやワイドショーは日本選手の活躍ばかりで食傷した。何度放送するの、というくらいで、飽き飽き。

ま、体操の演技だけは何度見ても素晴らしいなぁと思った。

孫たちも刺激を受けて、6歳も2歳も「ブリッジ」もどきをしたり、V字バランスもどきをしたり。組体操などでやる「ヨット」。身体を横向き、片手で支えて斜めになりもう一方の手を上に上げる形、あれをやったりする。

2歳の孫は座って足を投げ出し、そのまま360度回る。どうもあん馬らしい。

孫娘は「ひねり王子」が好きだと言う。

そういえば、水泳も「ニッポン、ガンバレ、ガンバレ」と応援していた。応援するのに、水泳はスピード感がちょうどいいのだろう。

昔はボートとか、馬術とか、ヨットとかも見られたと思うけど、今回はあまりなかった。日本選手の活躍ばかりでなく、世界中のいろんな競技のアスリートを4年に1回、見たいのにテレビではあまりやらなかったような気がする。LIVEは真夜中なので、私が見ていなかっただけかな。

陸上競技になってから、各国選手の姿が見られるようになって、ホッとした。

午後のワイドショーや夜のニュース番組ももっといろいろな競技やいろんな国のこと、選手の事を紹介してくれればいいのになぁ。

北京五輪の頃から、この傾向が強まっている気がする。アテネの時はもっといろいろな競技が見られたと思う、つまり、あんまり不満に思わなかったから。

テレビ放送のない競技はネットでも見られるようだが、孫たちが来ているとパソコンを開けることもままならない。

ていうか、要するに五輪にはあんまり興味がないというか、年々興味がなくなっている。

閉会式を見て、東京五輪はできるだけ避けたいと思った。

2020年8月はどこかテレビもない、静かな所へ避難しよう。ロンドン市民も確か五輪の喧騒が嫌だったと聞いた。同じ気持ち。

「国威発揚」とか「日の丸」の氾濫は今から憂鬱だ。まさか、アベがまた出て来るなんてことはないよね(-_-)!!

もしそうなら、そんな4年後は見たくない。ほんと、生きてるのも楽じゃない。
2

2016/8/23

またまたミーハー  音楽

ミーハー記事です。

今はネットが発展して、昔では分からなかったことを知ることができる。新聞やテレビ、雑誌で取り上げないことでも、ファンの方たちが教えてくれる。

本当にびっくりしちゃう。

ヨナス・カウフマンがこの夏南米コンサートツァーを行った。

アルゼンチン・ブエノスアイレスには「テアトロ・コロン」(コロン劇場)がある。パリ・オペラ座、ミラノ・スカラ座と並んで世界3大劇場なんだそうだ。

そのコロン劇場でのコンサートの模様がyoutubeに上がっている。アンコールはなんと7曲、すべてオペラの曲だそうだ。これ、撮影してもいいんですかね?

でも、様子がわかるのはファンにとっては嬉しい。



フライングブラボーとか、「シーっ」の声が沢山入っていたり、リアルに様子がわかって面白い。聴衆の熱狂もよくわかる。

ペルーでは、芸術関係の表彰を受けたり(ペルーのニュースはこちら⇒
https://youtu.be/IPsmub_jtZs

マチュピチュに行ったり(ネットニュースはこちら・動画もある⇒
http://elcomercio.pe/luces/musica/tenor-aleman-jonas-kaufmann-conocio-machu-picchu-video-noticia-1923062
(スペイン語を話している)

チリでは5000人規模のコンサートをしたり(動画はこちら・不鮮明だけど⇒
https://youtu.be/3leLMVjDPPI

こんなこと、ネットがなければ知ること、見ることはできないと思う。

で、8月29日未明NHKBSプレミアムシアターで、今年7月のバーデンバーデンガラコンサートを放送してくれる。1ヶ月ちょっとで日本で放送、なんて嬉しすぎる。

出演メンバーはカウフマン、ハルテロス、ターフェル、グバノヴァ(この人はあまりよく知らない)の豪華な顔ぶれ。

ばっちり録画予約。

クラシカジャパンでも「ネルソンズ・ボストン響音楽監督就任記念コンサート」の再放送があるので、これも録画予約。これはブルーレイに落として保存する。

テレビで「カヴァレリア&道化師」放送したばかりなのに、このコンサートも放送してくれるなんて、人気の証しかしら。それともNHKにもファンがいるのかな。

外国まで聴きには行けないので、ありがたい限り。
0

2016/8/22

PCに向かう時間がない  生活

ここしばらく、blogを更新できないと思います。

PCに向かう時間がなく、考える時間もなく、時間ができてもくたびれ果てています。

久しぶりにマリノス戦を見に行ったし、映画も必死で見に行ったけれど、感想はなかなかあげられません。

半月に1回くらいのペースになりそうです。
0

2016/8/18

映画寸評更新  映画

昔、ホームページを作っていた。08年以降は「サッカー観戦記リンク」と「映画寸評」しか更新していない。その「映画寸評」を久しぶりに更新した。

「新横浜界隈」http://www5f.biglobe.ne.jp/~shinyoko/

の左の目次から入れます。

今年に入って、家族で見た映画は

スターウォーズ フォースの覚醒
ブリッジ・オブ・スパイ
くまのパディントン
ナショナルシアターライブ「ハムレット」
METライブビューイング「真珠取り」
オデッセイ
シャーロック 忌まわしき花嫁
ナショナルシアターライブ「真夜中に犬に起こった奇妙な出来事」
牡蠣工場
スポットライト 世紀のスクープ
シヴィルウォー
山河ノスタルジア
METライブビューイング「ロベルト・デヴェリュー」
ズートピア
オマールの壁
ブルックリン
帰って来たヒットラー
トランボ
あなた その川を渡らないで
シン・ゴジラ

家庭の事情でサッカー観戦もままならず、映画もままならない。見た本数は限られている。

寸評なので、舌足らずだし、こちらの価値観で見てるので、大方の感想と違うものもあると思うけれど、見ていただけたら幸いです。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ