2016/8/6

8月なんだね  政治

もう8月。

7月はこのblogのトップに「選挙」のことを掲載していた。

参院選挙も終わり、都知事選挙も終わり、民進党の代表選挙が話題になっている。

「解釈改憲」から違憲の安保法案採決のあの時、自然と抗議の人たちから出た「野党は共闘1」の言葉、参院選挙で過半数、2/3(改憲の発議)阻止はできなかったが、それでも野党共闘がなかったら、一人区で11勝はできなかったろう。

都知事選はきつかった。前回もきつかったな。

そういえば、以前、石原に挑んで敗北した浅野史郎さん(元宮城県知事)が、「石原都政で苦しんでいる人たちは必死だけれど、その苦しさは都民全体のものではなかったのだろう」というようなことを言っていた。一部、というかマイノリティに苦しみを与えていても多くの人たちが気づかないのは、沖縄やヘイトスピーチも同じかな。

内閣改造で超極右「稲田」が防衛大臣になった、あの世耕が経産大臣だって。

武器をどんどん買って、軍事的火遊びをやって、原発は再稼働どころか新設だってやりかねない。

介護や年金、健保等福祉は削って、教育関連費用も削って、増税してリニアに五輪だって。

「集団的自衛権」で自衛隊をアフリカや外国に送る費用は一体どれくらいかかるのか。福島原発の収束だって天文学的な費用がかかる。「もんじゅ」も止めると言わないし。

年金を使って株投資を増やして、株価を上げたはいいが、実体経済はよくならない、株価下落で年金も5兆円超の損を出した。一部の金持ちは潤ったが、格差は拡大している。

最近何かで読んだけれど、堤清二(辻井喬)さんが、日本は衰退しつつあるアメリカのしりぬぐいで、金融財産も、兵士もみなアメリカに差し出すことになるだろう、と言っていたそうだ。

確かにそんな流れだ。

挙句に基本的人権をなくしてしまう憲法改悪だなんて、21世紀になってこんな「ありえない世界」を見るとは思わなかった。

本当に皆様いいんですか?と言いたいけれど、

都知事選の後の宇都宮健児さんの発言や、昨晩安倍首相夫人を高江のテントに連れて行ったという三宅洋平さんを見ていると、もう、ため息しかない。

宇都宮さんは過去選挙運動のお手伝いもしたくらいなので、「何故?」と思う。深い失望を感じている。

自民党は何でも併せ呑んでしまうのに、野党というか、批判者は(利権がないこともあって)、割れるよねぇ。「UNITE」しない。「独裁者」のチャップリンも「パレードにようこそ」の若者たちも「UNITE」と言っているのに。

割れてる場合じゃない。

「障碍者は世の中から抹殺すべき」という若者が19名もの人を殺害するという事件が起きた世の中だよ。

「安倍的」「麻生的」「曽野綾子的」「日本会議的」「神道政治連盟的」なものがこんなに世の中を覆っているのに、なんなのだろうなぁ。

今は家庭の事情で、なかなか外出もできないが、一段落したら、勉強会や講演会、抗議集会やデモにもまた行くつもりだ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ