2017/4/28

わたしは、ダニエル・ブレイク  映画

4月25日原美術館へ行った後、品川まで来たので、と有楽町へ行くことにした。

有楽町の「ヒューマントラストシネマ有楽町」で「私はダニエル・ブレイク」を見ようと思った。

上映の1時間前に行ったが、チケットは前列1列位が残っているだけ。かろうじて真ん中辺りの席が1つ残っているのを発見して、購入。昼食を食べて、上映時間に映画館に行くと、チケットは完売していた。

ケン・ローチが引退を撤回して取り組んだ映画。カンヌ映画祭でパルムドールを獲得した。

感想をtweetした。



サッチャー政権以来、福祉を切り捨てきたイギリス社会を怒りを持って描いている。

見につまされてみた。

ダニエルを演じる俳優はコメディアンだそうだ。だから、硬派の映画でもユーモアが漂う。「金持ちには媚びないが、隣人には手を差し伸べる」ダニエル。偶然知り合ったシングルマザー一家への眼差しは本当に優しい。

映像に凝るとか、美術や衣装がすごいとか、風景が美しいとか、何もない。真っ直ぐに、平凡な隣にいる人たちを描く。映像作品というよりドキュメンタリーのような感覚を覚えた。

この状況を乗り越えるのは善意と連帯しかないのか。社会制度を変えないといけないと思うのだが。



新自由主義に特徴的なのかな。この映画でも、医者が「心臓病で就業は無理」と診断しているのに、ダニエルの休業補償を断る人は「プロ医学者」。マニュアル通りに質問をしてその点数で休業補償不可・就業可能とする。

プロを尊重しない例は日本でも頻発している。「司書は不要(ツタヤ図書館)」、「学芸員が癌」発言、「民間校長」・・・。

それと、いつも思う、セクハラ、パワハラ、モラハラ等ハラスメントに対して「人には敬意を持って接するべき」と。「何がハラスメントかわからない」と難しく考える人には、誰に対しても敬意を持って接すればいいと言いたい。

女性にも子どもにも、性的少数者、障碍者、老人、病人、失業者、移民、要するにマイノリティに対して、いや、一般に人間同士はお互いに敬意を持って接するべきなんだよ。

武蔵野館でも、ジャックアンドベティでも満席だったそうだ。まさに「今の問題」だから、皆の関心が高いのだろう。

ぜひ見てください。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ