2017/9/28

まったくなんちゅう世の中よ  政治

衆院が解散されて、来月22日が投票日だそうだ。

小池ゆり子が党首の「希望の党」に民進党が合流って、いうか、飲み込まれるって、ありえない。

もうまったく、なんていう世の中よ。

安倍のやったことは全部クソ。立憲主義の否定、議会政治の否定、三権分立の否定、権力の私物化、メディアへの圧力、アベノミクスのでたらめ、福祉切り捨て、アメリカへのごますり、ヘイトの引金、

特に、思想弾圧。教育の無残(大学の惨憺たる有様、義務教育での国家主義、歴史修正主義)。

アベやめろと叫び続けてきたわけだけど。

最近では25日(月)、twitterで「アベの憲法無視の解散」への抗議呼びかけがあったので、官邸前に行ってきた。

クリックすると元のサイズで表示します
ひたすらコールするだけの抗議。「アベヤメロ」「総理をやめろ」「議員もやめろ」の他に、

「卑怯者」「卑怯者」コールや「恥知らず」「恥知らず」のコールもあった。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、数日たったら、民進党がなくなってしまった。

アベ政治には小池ゆり子党首、国家主義者、改憲論者、核武装論者、の極右政党が、アベに対抗するのか。対抗にはならないと思う。きっと手を組むよね。

権力を批判するものは、「非国民」と言われるようになり、共謀罪で逮捕され、弾圧される。

貧富の格差は広がり、経済は行き詰まり、教育の無視し続けた結果新たな産業は生まれず、没落の一方。国定教科書ができて、教育は愛国主義一色になるだろう。大政翼賛会、大本営発表のメディア。没落に伴い、近隣諸国へのヘイトが蔓延し、マイノリティーへの圧力も強まるだろう。

少子高齢化で社会は活力を失い疲弊する。かつてない荒んだ社会になるだろう。

戦前を取り戻すのだ、あの勢力が。

もうねぇ、涙出るよ。小泉劇場の時、「隠居したい」と思ったけど、今もこの社会を見捨てたい。あと10数年、自分の世界だけに閉じこもっていたい。

けど、そんな世の中を孫たちに残していくわけには行かないのだ。と思いつつ、今日は元気がでない。
2

2017/9/28

BBCで来月  音楽

来月、BBC4で、ヨナス・カウフマンさんの特集「Jonas Kaufmann Tenor For the Ages」が放送されるそうだ。特集番組が放送されるほど、人気と評価が高いのねぇ

「iltrovatore」さんのblogで教えてもらいました。

そのトレーラーがアップされている。

その1。歌と違って、しゃべる声は高いのよね。



ワルキューレの中の「ヴォーゼ」、長すぎ。よく息が続くなぁ。

その2。


この中の一場面、サッカーを見てる。バイエルン・ミュンヘンのファンだ。

この動画を見て、ファンの方が「かわいい」。私には「かわいい」の定義がよくわからない。もちろん素敵だとは思います。

これ、10月15日に放送。「iltrovatore」さんおっしゃる通り、日本でも字幕付きで放送してもらいたい。頼みます。

0

2017/9/27

齋藤学選手大ケガ  サッカー(マリノス)

甲府戦で負傷し、松葉杖で帰ったというマリノスの10番、キャプテン斎藤学選手。

今日、クラブからケガについての発表があった。全治8か月だという。

重傷かな、2か月くらいかかるかな、今シーズン間に合わないかななどと、心配していたが、ケガはそれよりはるかに重かった。

今シーズンどころか、来シーズンの最初の方も出られない。

ワールドカップも難しいのではないかと、思っていたら、学選手自ら「W杯をあきらめていない」とtweetしていた。

頑張れ!!

追記:怪我の発表後、サッカー選手やサポーターから次々激励の言葉が斎藤学選手に掛けられている。信頼され、尊敬され、愛されているのだと思う。

それにしても、俊輔が移籍して、学くんは背負いすぎちゃったんだな。10番とキャプテンの2つを引き継ぐのは荷が重すぎる。どちらかひとつにしておけばよかったのに、と今更ながら思う。

他に引き受ける人がいなかったのだろうか?

いや、学くんが敢えて困難なことを引き受けることで、みんなのやる気や結束を高めたのだろうな。

私の観戦記を読むと、学くん気負いすぎ、悲壮感漂う、と書いている。やっぱり、監督や、クラブ、チームの上の人たちがもっと考えてやらないといけなかったと思う。これは結果論で言っているんじゃないよ。

彼の試合後のコメントも、気張り過ぎのものが多かった。

(私はひねくれているので、「いいチームになってきた」とか「チームの結束がこの勝利を生んだ」とか、「(ファン感謝デーの時)こんなことができるチームはない」(大意)とか、こういうコメントが好きじゃなかった。だってどこのチームもそうでしょう。殊更言うこと自体が痛々しかった)。

今度の怪我も、疲労から、踏ん張る時に足を安全な方向に持って行けなかったとのこと。責任感から頑張りすぎたんだね。もっと早く交代させてやりたかった。

悔やんでも悔やみきれない。

残りの試合、学選手の分も、他の選手が頑張ってください。それしかないよね。
1

2017/9/26

Youtubeに  音楽

Youtubeにカウフマン&ウェストブルッグのアムステルダムのコンサートがアップされた。

その中で「ワルキューレ」の1幕。これ、MET「ワルキューレ」と同じ演者。素敵。嬉しいよね。

で、ファンの方のtweet



弾丸でコンサートに行くなんてすごい。その行動力、体力が羨ましい。

チケットをどうやって取るのだろう、というところからつまづく。そもそも飛行機のチケットの取り方もわからない。

そして、飛行機に乗るのが怖い。

こりゃだめだ 

生まれ変わったダンサーになりたい、と言ってきたが、生まれ変わったら、外国を一人旅できる人になりたい。
0

2017/9/25

なかなか勝てない  サッカー(マリノス)

マリノスは天皇杯で劇的勝利をおさめたものの、Jリーグ甲府戦では痛い敗戦を喫した。

残留争いのチームに優しいのはチームカラーとか言われてる。私が思い出すだけでも、柏、清水、名古屋。かなり前だけどヴェルディにもそうかな。

試合後にはやはりモンバエルツ監督の選手起用に関してマリサポさんたちの不満が出ている。

ミロシュを出して、ミスした。後半頭に交代、というのはそもそも先発が間違いではなかったか、と。

コールリーダーの「ひろあき」くんも「言うべきことは言わないと」と言ってた。


もちろん応援の時は力強く応援しているけど。

それと、学くんが松葉杖で帰ったというので心配。数試合は出られないかもしれない。

一時批判が少なくなっていた天野へもまた不満が聞かれるようになった。「FKはいっそ山中に蹴らせたらどうか」(ロベカルを思い出すそうだ)とか。

私は天野のセットプレーに期待することはもうだいぶ前から止めてるよ。彼はあんまり考えて蹴ってないし、駆け引きもしてない。

天野は前任者と比較されるから、気の毒っちゃ気の毒。

で、その俊輔。磐田vs大宮戦、俊輔のFKなどで勝った。俊輔のこのFKは今まで見たことないものだった。ワンバウンドするのは、セルティックの時にあったように思うけど、それ以外は知らない。

で、その後のインタビュー。やはり面白いんだよね。精神論じゃなくて、技術論、戦術論だから。


*******
本人は「相手とのバランスもあるし、フォーメーションもあるし、どっちかというと反省の方が多い」と答える。だが、28分にMFムサエフのゴールが決まり、リードを2点に広げた後については「そこでアダ(アダイウトン)が1人で良いサッカーをするのか、守りつつアダの良さを出すのか。逆に言えばその2つが単純に明確になってきた」とリードした際の試合運びがチームに浸透してきたとの手ごたえを語る。
*******

FKについては
*******
今回のFKは「少しピッチをぬらしているので、ブレ球というか、低い弾道でバウンドさせようと思ったのですが、当たりすぎて、少しコースがズレちった。でも、ああいう形で入った。
(ああいう形=相手DFに当たって入った)
*******

書くのやめようか、と言いつつ、またマリノスと俊輔について書いている。もうこれは止められないな。自分の気持ちが落ち着くまで、書いてしまうだろう。


0

2017/9/24

アルガンオイル  生活

【アフガンオイルでなく、アルガンオイルだと指摘されたので、訂正します】←カタカナ語に弱い

今から3か月ほど前、デパートに行った時、催し物会場で「モロッコ物産展」をやっていた。

「?」「モロッコ展なんて珍しいな」と思って見て回った。もう3か月前なので、何を売っていたか、よく覚えていないが、

モロッコ産ワインは珍しいと思った。イスラムの国なのに?と思って聞くと、フランス植民地時代にワイナリーがあり、それを今でも続けているという。主に観光客用なのだそうだ。モロッコのホテルに泊まるとモロッコワインが飲めるというわけだ。

それと、「クスクス」を使った料理。これは200gくらい買って帰った。

それ以外は手作りのアクセサリーなど。絨毯はあったかなぁ。

で、目についたのはコスメだ。

私は何も知らなかったが、モロッコでは「アルガンオイル」が有名とのこと。

アるガンオイルはモロッコ南西部に生育するアフガンツリーの実の種の核から採取されるオイルで、約30キロの果肉から1lしか採取されない貴重なオイルとのこと。

あまり知らない国の「コスメ」には興味がある。たぶん原点はお土産にもらったルーマニアのクリームだと思う。そのクリームは「gerovital plant」という。

2006年10月13日の記事⇒http://blue.ap.teacup.com/applet/daizufengtien/20061013/archive

これ、とても良かったんですよね。

コスメの店はいくつかあったが、たまたま声を掛けられたお店で話を聞いた。「オイルです」と「当然使い方は知ってるだろう」という前提で話をされたのだけど、「オイルって、どう使うんですか?」とアホな質問をしてしまった。

洗顔の後、すぐに塗るのだそうだ。そして、それから化粧水をたっぷり。で後は普通にメイクとのこと。

珍しいので買うことにした。

(これ以外にも、アルガンオイルを使った石鹸や泥パックがあった)

で、家で洗顔後、塗ってみた。でもテカテカして、このまま外には出られないなと思った。幸いその日は一日中家にいたので、問題はなかったけれど。

で、夜、洗顔後、塗ってみることにした。ローズマリーの香りのするオイルにしたので、うっとり良い感じ。

翌朝、テカテカはなくなって、いつもと同じ。気のせいかしっとりしているような・・・

私は、もう見た目(シミ、ソバカス、シワ、ユルミ)はどうでもよくて、自分が快適ならよいのだ。

痒いとか痛いもなくて、ブツブツ、ザラザラしてなくて、突っ張らなければ、それだけでよい。

というわけで、アルガンオイル気に入っています。

アルガンオイルについてグーグル検索をした。2つリンクするので、参考までに。
@「アフガンオイルが愛される理由

A「【徹底解説】アルガンオイルの効能と欠点

効能は
•フェイス用美容液
•身体 + デコルテのマッサージオイル
•ヘア用美容液
•手 + 甘皮リペア
•ひじ + かかとの乾燥をケア
欠点は
・ニキビができやすい方には悪化する可能性
・粗悪品
・フェアトレードの問題。

とのこと。
0

2017/9/23

お彼岸でお墓参り  生活

夏は、孫たちが遊びに来ていたり、娘が帰省したりで、実家のお盆に行きそこなった。

で、お彼岸には行かなくちゃ、と、行ってきた。

夜の雨は上がり、まずまずの天候。でもさすがにお彼岸なので、都内も関越もそれなり混んでいた。3時間半くらいかかったかな。

埼玉北部や群馬あたりは直前まで雨だったらしい。雲が流れて段々現れてくる山々は美しかった。

寄居からの有料道路は知らないうちに延長されていて、出口を見逃し普段通る140号線に下りられず、あっという間に蒔田吉田方面に誘導されてしまった。

殆ど車の通らない道、しかも出口がなかなかなくて、かなり遠くまで走らされた(と思う)。

ようやく出口で下りて、蒔田−尾田蒔−秩父橋で秩父盆地に戻れた。

お昼になってしまったので、蕎麦屋で昼食。秩父に来た時はお蕎麦屋さんに行くことにしてる。

秩父の本町通りは今、道路拡幅工事なのか、建物が次々に建て替えられている。昭和初期の風情のある建築物は、幾つかを残してほとんどなくなった。古い建築風に揃えようとしているが、なんかねぇ、ま、年寄りの戯言ですが、安っぽいよなぁ。

で、お寺へ。いつものようにお墓参りをして、用事は終わり。実家は今日は誰もいないので寄らず、そのまま帰り路。

秩父街道は彼岸花街道でもあるが、やや盛りを過ぎていた。1週間前はきれいだったろう。田畑のあぜ道や道路端、家の軒先、土手に自然に生えている彼岸花が好きだ。

で、関越はススキの穂がまだ若々しくてきれいだった。

お寺では、6日前に方丈さんが亡くなられていた。80歳代。前日までは元気だったそうで、急逝と言えるだろう。お線香を上げさせてもらった。

若い頃スクーターで、お盆の度にお経を上げに来てくれた。可愛がってもらったので、悲しかった。

私の祖父母、父母の事もよく知っている人だった。昔話をする人が段々少なくなっている。寂しいことだ。

最近、身の回りで、亡くなる人や病気になる人が多い。私がそういう年齢になったのかとも思うが、それでも、「えっ」と言ってしまう。

同世代、いわゆるママ友、PTA仲間、が二人亡くなった。夫の同級生も亡くなった。

先輩たちが脳梗塞で身体が不自由になった。私より若い人で、闘病中の方もいる。体調がすぐれず、寝たり起きたりという方もいる。

私は今の所、元気だが、いつどうなるともわからない。健診にはちゃんと行こう(昨年度はさぼっちゃった)。

それと、やりたいことは迷わず、やっておこう。やりたいと思っていてもできなくなる日が必ず来るのだ。というわけでミーハーは外面を気にせず、恥ずかしがらず、突き進みます。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ