2018/3/15

3/14官邸前抗議  政治

3月14日夕方も官邸前抗議があるというので、行くことにした。

昼間、いろいろ用事をこなしてから、官邸前に行くのは、結構疲れる。でもそんなことは言っていられないのだ。

今日は夫と官邸前で落ち合う約束。国会議事堂前駅出口4のちょっと下に夫がいた。もうぎっしりの人だ。みんな怒ってる。怒りが満ちている。

「国家を私物化するな」プラカードを出して、しばらくコールをしていると、列が動き出した。

出口4を過ぎて、出口3(官邸前に近い方)へ動いて行った。

そのあたりで、植え込みの間の隙間を見つけて、座った。=石垣に座った。で、もうそこからは私は動かない。そこにいると、官邸前のスピーチもよく聞こえた。

クリックすると元のサイズで表示します
こんなにぎっしりだ。

そのうちに、私の前辺りが空いてきた。列が前の方に移動したのに、次の人々が来ない。

歩道上で警官が抗議の人々に立ちはだかっているのだ。

スタッフの人たちが、「前がガラガラなのだから、人々を通してください」と警察官に言ったのに、警察官たち無視。

そのうち、後ろからの圧力が増して、警官に止められている人たちが危険になってきた。スタッフが「危ないから、歩道封鎖を解いて」と何度も言うのに、警察官は動かない。

警察は市民の安全を守るために警備をしているのではないのか。市民の安全を脅かしてまで、何を守ろうとしているのか。官邸前にぎっしりの人々がいる絵を作らせたくないから、としか思えない。

そのうち「道を開けろ!」のコールが起きて、警察官たちの脇から前に出てくる人たちが次々に現れた。後ろからも人々の圧力が増す。だって、それだけの人たちが集まっているのだもの。

クリックすると元のサイズで表示します
こういう状態。後ろはぎっしり。

とうとう、決壊。人々が前に進んでくる。その時私は石垣から降りていたので、近くの若者が、「危ないから、石垣に上がって」と手を引っ張ってくれた。

ま、それほど危険ではなかったのだけれど、私の年齢を見て、心配してくれたのだろう。

「法律守れ」「みんなの暮らしに税金使え」「公的文書を改ざんするな」。こんな当たり前のことを、政府に向かって叫ばなければならないなんて、どれだけ腐った政権なんだよっ

21時を過ぎたので、私は帰ることにした。

出口4の前でも警官が立ちはだかり、人々の流れを封鎖していた。

国会議事堂前駅では出口4に行くよう誘導しておいて、階段を上がるとそこは封鎖されているのだ。出られなかった人もいると聞いた。

クリックすると元のサイズで表示します
出口4。警官がぎっしり。そして官邸前側はガラガラ。

この封鎖線は「帰りたいんですけど」というと、警察官は「こちらへどうぞ」と低姿勢で通してくれるんだよね。こんなことしなければ、なんということなく、通れるのにさ。

クリックすると元のサイズで表示します
出口4を過ぎて、ちょっと離れたところから写真を撮った。

これじゃ、次の金曜抗議はもっと警備がひどくなるだろう。ちゃんと対策を考えないとね。

この日、若者たちは「官僚ガンバレ」「アベに負けるな」とコールしたそうだ。

自民党支持者の近所の人たちと話していても、佐川さん一人に押し付けるのはひどすぎる、と言ってる。理不尽すぎる。

アベ政権をもし、ここで辞職させなければ、日本はジ・エンド。アベの終身総理になってしまうよ。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ