2018/3/17

3/16官邸前抗議  政治

3月16日も官邸前抗議が呼びかけられていた。こちらは元SEALDsの奥田君たちが呼びかけていた。

総がかり行動委員会(ご年配中心)も連日、議員会館前(昼)、国会正門前(夜)で抗議を続けている。

16日は雨予報だった。また気温も下がるということだった。

なので、防寒と雨対策を完璧にして出かけた。これはもうサッカー観戦で鍛えられたよねー。

金曜日なので、いつものように反原連が官邸前抗議をする。19時半までが反原連。その後を「未来のための公共」等の若者たちが引き続ぐことになっていたようだ。

なので、19時頃に行けば、原発反対も訴えられる。

それと、14日の雰囲気から、16日の警備はもっと厳しくなることが予想された。遅いと国会議事堂前駅の出入り口は封鎖されて、地上に出られなくなるだろう。

19時に行ったのは賢明だったと思う。それと出口3と4の間は警察に押し込められると思ったので、出口4よりだいぶ下に場所を決めた。

コーン&バーは通路確保のためだけど、歩道脇には鉄柵がびっしり、横断歩道の所も鉄柵がある。これはもう市民の安全確保ではなく、意見の封じ込め、あるいは市民への政権側の威嚇だろうと思った。

反対側には警備車両が並べられている。
クリックすると元のサイズで表示します

19時半になると、私のいるあたりももう歩道は人でいっぱいになった。コーン&バーは早々と外された。
クリックすると元のサイズで表示します

警備はものものしいが、私のいるあたりは、いつものように、連帯感と言うか、参加者同士の譲り合い、思いやりの温かい空気だった。

私は隣の女性とお喋りした。会社帰りだそうで「もっと防寒対策をちゃんとしてくればよかった」と言っていた。彼女は「外国にいる友達が、歯がゆい、と言ってる。なんでもっとみんな怒らないの。私の分も抗議してと言うの」と話してくれた。私も、官邸前には行けないけど、気持ちは同じよ、と言う友人がいると話した。

2012年6月の原発再稼働反対官邸前抗議の時にも来ていたそうだ。

途中で、彼女が寒いというので、ホッカイロをあげた。もう何でも持ってるのだ。ダウンコートの上にポンチョを着るのはサッカー仕様。お水もチョコレートものど飴も持ってる。ひざ掛けだって、防災用のアルミブランケットだって持ってるよ。

雨は止まず、寒さも増してきた。

私のいる場所では官邸前スピーチは聞こえない。

だからコールは官邸前だけでなく、いくつかの場所で行われていた。トラメガを持った人たちがリードしていた。ドラム隊もいた。

今日は私も「官僚ガンバレ」をコールした。いつものように公的文書を改ざんするな、嘘をつくな、法律守れ、って、コールする。コールしながら情けない。だから「アベはやめろ」の声が大きくなってしまう。

途中で、もっと前に行けますよとスタッフが呼びかけて、近くの人たちが前へ移動していった。ドラム隊も移動していった。でも私は同じ場所に留まったまま。その方が安全。

twitterを見ると、出口4から出られない、とか、出口3の付近で狭い場所に閉じ込められてる、とか、警察の過剰警備を訴えるものばかりだ。

駅で地上に出られるのは出口2だけになったようだ。だから、私の対岸側も人があふれてきた。

それをずらっと並んだ警官たちが押さえている。

クリックすると元のサイズで表示します
こっち側も警官が多いけど対岸も同じ。

歩道上に幾つもの関門を設けて、そこに二重三重に警官が壁をつくる。壁に閉じ込められてギュウギュウ。危険。あなたたちは何を守っているの。何を怖れているのだろうか。

20時半になったので、帰ることにする。霞が関から帰ることにして、坂を下った。茱萸坂の下の方でも関門を設けて、市民を官邸前の方に行かせないようにしている。こんなに下の方なのに、何の意味があるのだろう。

雨は結局止まなかった。それでも1万5千人が集まったという。

毎日どこかで抗議活動がある。みんな疲れるよね。でも怒りが活動を支えている。

私も、また抗議に出かけるよ。本当にこんな腐った政治はやめさせなくてはならない。

それにしても、アベはよくもよくも、日本と言う国を壊してくれたよな。官僚機構も、三権分立も、中央銀行の独立性も、労働者の賃金も待遇も健康も、マイノリティ差別、教育の劣化、外交の失敗、カジノ・原発・軍需産業が経済政策の柱って無能、倫理観ゼロ。そして憲法、人権無視。もう何もかもだめじゃん。

政治がボロボロでも民衆が頑張ってるから、社会が持ちこたえている。

今、ここでアベ政治を終わらせ、亜流アベ政治を完全に打ちのめして、日本人が民主主義を勝ち取れば、私も安心してあの世にいけるというものだ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ