2018/7/9

トスカ@新国立劇場  音楽

ウィーンでオペラを見てから2か月経った。そろそろまたオペラを見に行きたいなぁと思い始めた。でも旅行で散財してしまったからなぁ。

新国立劇場「トスカ」で検索するととても評判がよい。

で、新国立劇場HPでチケットを探すと、まだ少しあった。それで、行くことにした。

「トスカ」は「蝶々夫人」の次に、全幕テレビで見たオペラだ。

オペラが縁遠かった頃でも「オペラアリア」は好きで、CDプレーヤーを買ってすぐ「オペラアリア集」(ソプラノ)も買った。「ある晴れた日に」「ああ、そは彼の人か」と並んで「歌に生き、愛に行き」は好きなアリアだった。

2012年にロイヤルオペラハウス「トスカ」を録画して見た。それでヨナス・カウフマンさんを知ったわけだ。

クリックすると元のサイズで表示します
ポスター。この場面は絢爛豪華。

「トスカ」:指揮:ロレンツォ・ヴィオレッティ、演出:アントネッロ・マダウ=ディアツ
トスカ:キャサリン・ネーグルスタッド、カヴァラドッシ:ホルヘ・レオン、スカルピア:クラウディオ・スグーラ

第一幕。聖アンドレア・デッラ・ヴァッレ教会の場面。録画してある「トスカ」は大体カヴァラドッシ出演場面ばかり見ているので、ここは字幕がなくても大丈夫。

でも、何度も何度も見ているカウフマンさんの歌声や映像があって、どうしても比べてしまう。レオンさんはテノールらしいキラキラ声で良く伸びる声で素晴らしいのだけれど、違いが気になってしまう。

トスカ登場。鮮やかなブルーのドレス。やはり「トスカ」はこうでないと。

先日NHKで放送していたザルツブルグ音楽祭の「トスカ」ではハルテロスさんはトレンチコートだった。ありきたりの演出では目の肥えた観客には物足りないから新演出があるのだろうけど、日本の観客には安定のクラシック演出がいいよね。

スカルピア登場。ここ実によかった!スグーラさんは長身ハンサム。威圧感があった。

そして、1幕最後の「テ・デウム」。ポスターのあの場面だけれど、豪華絢爛。登場人物が多くて圧倒される。司教など聖職者達、王妃、貴族、スイス衛兵、聖歌隊。

5月ウィーンオペラ座で見た「アイーダ」より新国立のゼフィレッリ演出「アイーダ」の方が豪勢、豪奢だった。この「トスカ」のこの場面も「新国立はすごいよ」と言いたくなる。

ここで25分の休憩
クリックすると元のサイズで表示します

2幕。スカルピアの見せ場。長身ハンサムなスカルピアはいかにも「色悪」。スカルピアのテーマが鳴り響くと冷酷さも際立つ。ベタベタふやけた中年の気色悪いスカルピアではない。人格に欠落したものを持つ非情なスカルピアだった。

トスカは真っ赤なドレス。これも素敵だった。

カヴァラドッシはどうしてもカウフマンさんの演技を思い出してしまってだめだ。「ビクトリアー」のあの声と比べるといまいちだなぁ。そして、ヨナスさんのキリッとした、共和主義者・志士的なたたずまいと比べてしまうのね。

トスカ=ネーグルスタッドさんの「歌に生き、愛に生き」の歌。これは美しくて、涙がにじんできた。

そして、

「これがトスカのキスよ!」

ハイライトの場面。but「動物のお医者さん」を思い出してしまう。いやぁまったくあのマンガは傑作だね。

ここで休憩。

ホワイエでピスタチオ&ベリーのムースをいただく。
クリックすると元のサイズで表示します
ムースというかアイスクリーム。中のベリーは凍っていて、フォークが刺さらない。食べられないかと思った。解凍が間に合わなかったのかな。少し時間をかけて、食べた。

3幕。ここは舞台装置がすごかったです。舞台転換、サンタンジェロ城の舞台装置も重厚で見事だなぁと思っていたが、間奏が終わると、それが下がって、檻が上から降りてきて手前の牢が競り上がっていく。カヴァラドッシの閉じ込められている牢に変化する。

そして、「星は光りぬ」。切々と歌い上げられた。拍手する暇もなく音楽は続く。

考えてみると、ウィーンオペラ座、「星は光りぬ」の後、拍手が鳴りやまなくて、もう一回歌って、そしたらトスカが出てこなくて「あ、ソプラノが出てこない」って歌う、例のカウフマン、ゲオルギューの「トスカ」って珍事もいいとこだ。ありえないことが起きたんだなぁ。

2人の二重唱、そして牢が下がり、サンタンジェロ城が競り上がってくる。

処刑、「スカルピア、神の御前で!」まで一気呵成。いやぁ退屈させない、ドラマチックなオペラです。

ネーグルスタッドさんは「トスカ」を得意としていて世界各地の有名オペラ座で歌っているそうだ。

「トスカ」って、ストーリーから言うと、嫉妬深くて、嘘がつけなくて、やや思慮に欠ける。すごく純粋で、未熟な若い娘という感じ。だけどネーグルウッドさんは賢そう、世間知もありそうなんだよね。

録画で見た中ではゲオルギューさんが一番、未熟で、でも愛嬌があって愛さずにはいられない感じが出ていたような気がする。

なので、今回のオペラではスカルピア役のスグーラさんが一番魅力的だった。

「トスカ」は2時間足らずのオペラで、しかもたった1日の話。その間に4人が命を落としてしまう。うーん、ドラマチック。

ナポレオン、共和制と王政、ローマの実在の教会や城、アンジェロッティやスカルピアもモデルとなる人物もいるという。そういう点でも興味深い。

この感想に納得。この公演の動画もあります。



ところで、「international KissingDday」というのがあって、英国「ロイヤルオペラ」のtweetがこれでした。びっくりだよ。


「トスカ」第一幕
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ