2018/8/31

応援するしかない清水戦  サッカー(マリノス)

台風で延期になった清水戦、平日開催だ。やはり観客数は多くはない。観客数15,645人(延期前のチケット販売数は24,000枚ほどだったらしい)。

それでも平日19:30開始の試合でも夏休みだけあって子どもたちが多かった。ワイシャツ姿の会社員さん達もいた。

トリコロールギャラクシー
クリックすると元のサイズで表示します

一方清水のオレンジ。輝度が高い
クリックすると元のサイズで表示します

試合経過はマリノス公式
http://www.f-marinos.com/match/report/2018-08-29

神戸戦から選手を4人替えてきた。100試合出場表彰があった松原選手はベンチ。ウーゴがキャプテンマークを巻いた。

開始早々にCKからドゥシャンのゴール。開始1分少々は今年のJリーグ最速とか。
クリックすると元のサイズで表示します

あまじゅんのキックはいつものふわん山なりではなく、ややスピードがあって、ドゥシャンの頭に合ってた。ちょっと相手DFに触れたかな。よくわからない。

マリノスの攻撃が活性化して神戸戦の好調を維持しているように思えた。久保選手もお疲れだろうから、元気なうちに追加点が欲しいと思った。

しかし、この後は、このTweetですね。前半で、このように言っている。



このウーゴのプレーについては東京新聞の試合批評で大住良之氏も自分勝手なプレーと言っていた。

もう一つ、ドゥシャンが前半25分にもらったイエロー、(24分には久保イエロー)からマリノスが受けに回ってしまった。それから、押し込まれた。

挙句にドゥシャンは後半にもイエローをもらってレッド退場になってしまった。このイエローは痛かったなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します
後半、頼みます。

後半すぐドゥグラスの見事なシュートで勝ち越される。これオフサイドと言っている人もいるけれど、私の所からは分からなかった。

そして、ドゥシャン退場。でもこの後、マリノスは意地を見せた。よく走った。

惜しいチャンスが何回かあったが決めきれない。周囲の人は「大津の視野が狭い、仲川がいるのに、見えてない」とか言ってる。或いは「シュートの場面で弱気になる」、「攻撃が外から、左からに偏ってる」「ミドルシュートをドスンと決めないかな」。

喜田も飯倉も奮闘した。喜田君はリーダーだった(前半何回かあったイージーなパスミスは今後はやめてね)。

飯倉は危ないシュートを何回か防いだし、終了間際CKには前線に上がって、執念を見せた。六反と絡まってゴチャゴチャ。元チームメイト。

私は指の故障で手拍子が上手くできない。それでも最後は一生懸命手拍子をした。

名古屋戦とは違って、選手が必死に戦っているのが分かった。だから1−2の負けでもブーイングはしなかった。スタジアムではブーイングがあったが、審判団に対してだ、という意見もあった。
クリックすると元のサイズで表示します
先頭は中町。バックスタンドは拍手。ゴール裏も励ましのチャントを歌っていた。

ドゥシャンのプレーが、「イエロー、2枚でレッド」というほどひどかったか?ドゥグラスはオフサイドではないか、仲川へのタックルはPKではないか、ウーゴのプレーにイエローはやり過ぎとかいろいろ不満は聞いた。でも審判の判定は従わないといけない。

取れる時に点を取るしかない。

次はドゥシャンが出場できない。勇蔵か?中澤さんはいつ復帰できるの?久保は疲労はどうなんだ?とか心配な要素はある。(久保・山田・堀はメキシコ遠征9/2〜13だけど9/1は出られるのかな)。

帰り道、名古屋戦ほどの文句というか批判は聞こえてこなかった。全体的に静かだった。敗北の重さを噛みしめているのか、文句を言っても仕方ないという諦めなのか、選手の頑張りを見ることができたからなのか。

そうそう、大階段を下りる時、手すりにつかまろうとしたら、小学校高学年男子が手すりにお尻を乗せて滑り台にしようとしていた。「邪魔」と思ったが、その子が10番俊輔ユニだったので「許すよー」と思ってしまった。

他にも俊輔ユニの人がいた。斎藤ユニはいないけれど。

と、余分のこと。

1日は雨予想もあ。私は会合があるが、さぼって、なお且つ雨でも応援に行く。第一週の土曜日は定例会が多いのよ。以前、ガンバ戦は例会出席であきらめたけれど、今回はそういうわけにはいかない。

16日の浦和戦も会合がある。16時開始だと、ちょっと厳しい。途中退席して応援に行くつもり。

もう応援するしかないでしょ!!!

0

2018/8/28

ローエングリンを見た。  音楽

NHKBSプレミアムシアターで今年の「バイロイト」から新演出の「ローエングリン」を放送した。

録画して見た。

全体的に青いステージ。髪の毛や衣装が青い。そして、何より、主要人物についている羽根!!

何なんだろう?最初はハエかな、コバエかな、なんて思っていた。

録画の最初の方にある解説は飛ばして読まなかったので、最初まで戻って説明を見た。すると、これは「妖精」なんだそうだ。(「ホタル」説もある→だからピカピカ光るとか)

ブラバンド王国は妖精の国?でも主要人物以外の家臣や民衆は普通の衣装だ。

そして肝心のローエングリンは発電所の技師だという。

登場場面、建物がピカピカ光って、電流が流れている感じ。作業着、ゴム手袋のローエングリンが現れるのだ。発電所の故障を直しに来たのかな?

とハテナ???マークいっぱいで、見続けた。

新婚の場面、ローエングリンが暴力的で、エルザの手を縛る。ここは歌詞と合ってたように思った。そしてエルザがローエングリンを拒絶する、約束を破るのは必然だなと思った。
クリックすると元のサイズで表示します

オルトルートはマイヤーさん。やはり美しくて貫録があってとても素敵。最終幕への音楽が鳴っている時、彼女が黒いドレスで立っているのだが、圧倒的な存在感。

テルラムントの死骸はピンでとめられたカブトムシの標本のようだった。

蘇ったエルザの弟ジークフリートは、全身グリーン、苔に覆われているようで、これは自然回帰?と思ったりしたが、青虫ではないか、説もあり、よくわからない。

ハルテロスさんが青いぶわっとした髪型なのも珍しく、このエルザは決して無垢、庇護を必要とする王女じゃなかった。急遽アラーニャの代役に立ったベチャワさんは凛々しかった。

ドイツ王ハインリッヒ、王の伝令とも普段の演出ではあまり動かず、表情も変えず、朗々と歌い上げると思うが、この演出では表情も変化するし、ヨロヨロするし、何の意図なのかな?

全体的によくわからないのだけど、でも、刺激的で面白かった。

ティーレマン指揮の演奏は早すぎるという批評もあったが、私はわかりません。

主要出演者、ドイツ王のツェッペンフェルトさんは昨年のペトレンコ指揮「ワルキューレ」で、マイヤーさんは新国立劇場「神々の黄昏」で、コニエチュニーさんは同じく新国立の「ホフマン物語」、ハルテロスさんは今年ウィーンオペラ座「アンドレア・シニエ」で聴いている。短い間に私も有名歌手を聴いたのだなぁと自己満足に浸った

ローエングリンの変な演出というと、「ネズミローエングリン」がよく挙げられる。私はyoutubeで一部分しか見てないけど、笑ってしまう。
クリックすると元のサイズで表示します

大工ローエングリンはヨナスさんとハルテロスさんの出世作だけれど、これは演出の意図がわかる気がする。

今年のバイロイトの暴力的なローエングリンを見ると、この大工ローエングリンは、思いがけずエルザを愛してしまった、聖杯の騎士というより等身大の青年に思えた。エルザを愛し共に暮らしたかったローエングリン。このお二人が主演だと本当ににお似合い。

私が新国立で見たフォークトさんの「ローエングリン」はエルザに対して庇護者・保護者という雰囲気だった。優しかった。

ミラノスカラ座の「ローエングリン」は白鳥とともに登場ではなく、村の青年に憑依する、という説明を聞いたけど、これもよくわからなかったな。ローエングリンもエルザも年中身体を掻いていて、なんのこっちゃ?だった。

でも、いろんな解釈をするから、オペラは面白いね。

ワーグナーは最初はあまり好きではなかったが、段々引き込まれて抜けられなくなる。

時々ウィーンの話題を読ませていただく「たまにはオーストリアちっく」のはっぱさんの8月19日の記事

グシュタード祝祭オーケストラ + ヤープ・ヴァン・ズヴェーデン

で、ワーグナー3連発
*ニュールンベルクのマイスター・ジンガー序曲
*トリスタンとイゾルデ
*ワルキューレの騎行

そして後半は
ワルキューレの第一幕
出演はヨナス・カウフマン他。チケットはだいぶ前に完売だそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します

ワーグナー尽くしの感想がこれ↓↓

*****
ご存知、仕事している時には避けまくっていたワーグナーだが
やっぱり、ワーグナーの音楽って麻薬だわ。
劇伴というか、ゲーム音楽というか
映画音楽のハシリとか言うと
ワグネリアンから夜道でグサッと刺されそうだけど
感情への語りかけの力が、こんなに強い音楽って
他に例を見ない。
*****

そうなのね
0

2018/8/27

神戸戦マリノス勝った。  サッカー(マリノス)

26日のアウェイ神戸戦はマリノスが0−2で勝った。

チケットは完売だったそうだ。そりゃ、イニエスタとポドルスキ―を見たいよ。

でも、この試合結果で一番注目されたのは久保健英選手だった。

スポーツニュースもスポーツ新聞も、サッカー番組も久保選手を取り上げていた。

スターだなぁ。

あの1点目のシュートは見事だった。落ち着いていて、びっくりだ。高校生とは思えない。

私はダゾーンは見られないので、ハイライトしか見てない。

仲川君のゴールも良かった。

喜田選手もイニエスタをマークして奮闘したらしい。

とにかく0点に押さえたのが嬉しいね。

にしても、小さい時から注目の久保選手、川崎の下部組織、バルセロナから帰ってからはFC東京、と近くにはいるけど、しょせん縁のない選手だと思っていた。

それがマリノスのユニフォームを着ている姿を見たら、なんかすごく嬉しかった。似合うじゃん!

マリノスを選んでくれてありがとう。練習を見に行っちゃおうかなぁ。

期待してる。
0

2018/8/24

21日の記事に補足  サッカー(マリノス)

名古屋戦に引き続き、鹿島戦でも敗北。厳しい状況のマリノス。

8月21日の記事に、かなりマリノス批判の記事を書いた。

ただ、私はその中で、監督解任は言っていない。なぜなら、今解任しても、良いことはないと思うからだ。引き続き頑張ってもらいたい。

その記事で「私の愛したマリノス」と書いたけれど、それは例えば、どんな時と言えばよいのかな、と自分でも考えて、過去の記事をちょっと読んでみた。

そしたら、2004年の大晦日の記事があって、こういうことなのよ、と思った。

サッカー今年のまとめ 2004.12.31

「最後に横浜F・マリノス、ありがとう!」と書いてある。

そして、
2014年1月2日の記事「優勝したよ!天皇杯

ついで
2014年1月4日の記事「2013年サッカーまとめ(1)

*****
強烈に印象にあるのは、9月21日の「清水戦」だ。

ゴール裏から「俺達は俊輔と優勝したい」の弾幕が出されて、その後、俊輔のゴールが決まり、俊輔が何度もガッツポーズをしたあの時間。

まるで魔法がかかったみたいな、濃密な、選手・サポーターの「念」というか「想い」が立ち込めているような時空間だった。
*****

そして
*****
J2やJFLから広く人材を得たのもここ数年のマリノス強化部の功績だと思う。

その強化部や、メディカルスタッフがマリノスから去る。それはそれぞれのステップアップだと思いたい。ありがとうございました。

それと、マリノスサポーター、リーダーのひろあきくんを始め、ゴール裏の多くの皆さんに感謝したい。一時、サポ間・ファン間でもギクシャクした時もあった。会社にも不信感を抱いた時もあった。

でも、今はここ数年になく、応援も充実し、皆の気持ちが一つになった。本当にありがたかった。
*****

2014年1月5日の記事「2013年サッカーまとめ(2)

これは主に俊輔についての記事。

*****
昨年は本当に俊輔の一年だったなぁ。素晴らしいプレーを沢山見られた。プレーという狭い範囲だけではなく、闘う気持、闘う姿、マリノス愛が、これでもか!という程見られた。幸せだ。

孫娘(三歳)もすっかり俊輔を覚えた。毛糸玉を籠に投げ入れる遊びをしていて、見事に入ると

「俊輔みたい!」

25という数字を街で見かけると、「俊輔!」と叫ぶ。

祖母の英才教育は着々成果を上げている。
*****

そう、こういうマリノスを見て来たからね。つい、言いたくなってしまうのよね。

再び、「私のマリノス」と言えるようになりますように。マリノス、「会社の方針」や「試合内容」が納得のいくものでありますように。

0

2018/8/22

一泊旅行  旅・散歩

急に一泊旅行に行きことになった。孫たちの旅行に付き合うのだ。

富士五湖周辺。近いし涼しくて良いだろうと思ったのだが、この時は東京も涼しかった😞

最近、キャンプブーム再来なんだそうだ。

旧来型の自分でテントを張ったり、調理用品や食材を持ちこんするのではなく、「手ぶらでOK」が流行りらしい。

テレ東「アド街ック」で、相模湖プレジャーフォレストを紹介していたが、キャビン、トレーラーハウス等に泊まってバーベキューができるという。食材は全部用意してある。

今回、私たちが行ったのはこの相模湖と同系列の施設だった。PICAなんとかいう施設だ。

森の中でとても気持ちが良い。キャビンから富士山も見えた。でも昔のテント張りに比べて、虫や鳥は少ない。ま、それがいい、という人も多いのだらうが。

バーベキュー食材も、朝食用食材もバスケットに用意してあった。

バーベキューは牛肉豚肉鶏肉ソーセージに野菜、とても食べきれなかった。野菜は地元の高原野菜、新鮮で美味しかった。
お肉をこんなに食べたのも久しぶり。バーベキューだと脂身が落ちてこんがり焼けて、お肉がおいしくなる。

夜は星空を見上げた。森の中なので見える角度が狭いのだが、ちょうど真上に白鳥座、ついで天の川や夏の大三角が見えた。

ふと南側を見ると夜でも黒々した富士山の稜線、そして山頂へ続く光の列。登山者なのかな。このキャンプ地でも夜は冷え込む。富士山登山は寒かろうな、ご苦労様、と思った。

朝食はたっぷりの野菜でサラダ、ホットサンドイッチは自分たちで作る。コーヒードリップ、牛乳、卵、バナナ&キウイもついてる。これまた量が多くて食べきれない。満腹。

1日目は河口湖周辺で遊び、2日目は忍野八海とひまわりの咲いてる場所に行く。

富士五湖周辺は外国人が多いね。さすが国際的観光地。欧米系の旅行者は個人旅行、登山、リゾート滞在という感じ。アジア系は、特に忍野八海はツアー客が多かった。

忍野八海は3?4?回目かな、最初来た時は村の素朴な風情があったが、来るたび大観光地化して昔の雰囲気はなくなってる。でも水は相変わらず冷たくて透明度が高くてきれいだ。

クリックすると元のサイズで表示します

1日目は富士山がよく見えたが、2日目は霧雨、花の都辺りでは本降りになったので、私は車の中で待っていた。

お土産はトウモロコシ、ワイン、果物酢。

トウモロコシが美味しかったのでトウモロコシ買い出しにだけにでも山梨に行きたい。
0

2018/8/21

マリノスからの発表  サッカー(マリノス)

本日、横浜F・マリノスからスポーティング ダイレクターのアイザック・ドル氏の退任が発表された。



退任だけで後任は発表されなかった。

マリサポのTLでは驚きの声が広がった。

残念という声と、今後のマリノスを心配する声がある。

前者には全く同意しないが、後者には同感。今後のマリノスのことは心配だ。

その後の黒沢社長の記者会見を見ると、この時期の退任は来シーズンを見据えて、ということと、突然ではなく前から検討していたこと、CFGの判断でなくマリノスの判断だったということだった。

社長に次いで、SDもいなくなってしまった。クラブの中がどう動いているのか全く分からない。だから、心配はある。

でも、ドル氏の退任は当然だと思う。

私はこのblogでも何度も批判してきた。前記事でも「何とかいう、チーム責任者」と名前を挙げずに批判した。

改めて彼の履歴を見ると、国際的で華々しいが、名古屋の下部組織で6年働いた他は、1年〜3年で頻繁にチームを替わっている。定着できていない。

シーズン前の、今年度方針プレゼンテーションは、マリサポさんの感想は高評価だった。開幕戦も上々だったらしい。

けど、私は懐疑的だった。モンバエルツ監督の3年で培った基礎の上に、ポテスコクルー監督の世界的な新戦術を取り入れて、優勝する、という話だったよね。

でもさ、これ支離滅裂でしょ。

モンバエルツ監督評価もいい加減だし、モンバエルツサッカーとポテスコクルーのつながりも意味不明だった。世界最新の戦術がこのマリノスでできるというのも戦力過大評価だよ。

開幕戦からしばらくは「面白いサッカー」「習熟すれば、もっと強くなる」「Jリーグを引っ張るサッカー」との声があふれたので、期待して三ツ沢に鳥栖戦を見に行った。

(最近は年齢のこともあり、三ツ沢は敬遠している)。

でも、観戦記にあるとおり、「こりゃだめだ」だった。その後、どの試合を見ても「訳わかんない」「新しい戦術とやらまったくわかりません」。

ピッチを見れば、一目瞭然じゃないすか。

ドル氏のプレゼンを評価していた人たちのブログやTwitterを読むと、新自由主義的マネジメント、というか、そういうのと親和性の高い人たちが多かった。企業人なんだね。経営陣(上のひと)の言うことはとりあえず賛成で、「批判」は「言いがかり」とばかり、嫌う人たち。

経営コンサルタントとか、IT専門家で、もっともらしいことを言って、失敗する・させる例はこれまでもある。プレゼン能力だけは高い。だから、人を煙に巻いて道を誤らせる。

美辞麗句で飾り立てても、意味不明、絵に描いた餅、取らぬ何とかの皮算用。

その結果がこの降格危機、選手の流出。

もっと早く化けの皮がはがされるべきだった。今回のマリノスの判断は正しいと思う。

実のところ、2016年の秋には退任させるべきだったと思っているよ。

本当に、私の愛したマリノスを返してくれよ!!!と叫びたい。


(追記:彼1人の責任ではないとは思うが、チーム作りの一番の責任者ではある。一方、降格危機からうまく逃げ出した説もあるようだ)
0

2018/8/18

盆踊りの新傾向  生活

ウチのご近所でも各町内ごとに盆踊りがある。

子ども達は浴衣を着る楽しみや、夏休み友達に会える、お菓子がもらえる、などでたくさん集まる。

櫓を組んで、太鼓を叩く、町内会の超ベテランがいる。町内会婦人部の方々はお揃いの浴衣で模範の踊りをしてくれる。

でも高齢化は避けられない。

「太鼓叩きのベテランや婦人部の女性たちが引退したらどうなるんでしょうね?」

の問いに、町内会長さんは「ま、盆踊りはなくなるでしょ」。

いつまでも東京音頭や炭坑節、新しくて「きよしのズンドコ節」じゃあねぇ。そのうち滅びてしまう。

でも、何と!Twitterでみた盆踊り。



これなら私も踊りたいかも(笑)

このtweetはご本人からも反応があったようだ。

検索すると、「ダンシングヒーロー」盆踊りもあるみたい。


マリノスケも踊る「ダンシングヒーロー」盆踊り。

見ているうち、「スリラー」を阿波踊りで踊る名人、というのもあった。



もう何が何だか。

でもなんでも取り入れて消化するニッポン。これはこれでとても良い!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ