2018/8/16

かなり深刻マリノス  サッカー(マリノス)

久しぶりの日産スタジアム。(といってもウォーターパークには行っていたけど)。

下位どおしの対戦。この試合に勝って差をつけたい。

試合経過はマリノス公式
http://www.f-marinos.com/match/report/2018-08-15

トリコロールギャラクシーはきれいだった。
クリックすると元のサイズで表示します

先発メンバーを見ると、名古屋の方、知らない選手が増えた、と前も書いたような気がした。金井、前田はもちろん知ってる。あとは玉田か。

マリノスは仲川がケガ?で山田康太。期待してるよ。勇蔵君が先発。3バックにシステム変更らしい。

クリックすると元のサイズで表示します
選手たち〜、頼みます

私マリノスに関してネガティブなことばかり書いているので、あまり精神的に良くないな。いやいや、批判的というのは相手への敬意があるからこそ。そうでなければハナもひっかけない。

短く書くつもりが書いているうちにいつものように長くなってしまった。
(以下、自分の不満ばかり書いてますので、嫌な方はここでおしまいにしてください)

クリックすると元のサイズで表示します
あまじゅんのCKはいつも中澤目当てのふわ〜んとしたボール。セットプレーでワクワクしない。

誰かが相手にパス。ミスというより、味方と信じてパスしたような感じだった。そして、そのままカウンター。栗原・中澤は追いつけない。ジョーに簡単・確実に決められてしまう。

名古屋の攻勢、PAに走りこまれた時は相手シュートが大きく外れた。波状攻撃の危ないのを防いだのは山田君だったか。

攻撃は左に偏る。普段静かに見ていることが多い周囲の人が何度「サイドチェーンジ」と叫んだことだろう。つまり「右に出せ」ということなんだよね。
(正確に大きなサイドチェンジのボールを蹴れないことはないと思うのだけど)

相変わらず攻撃はちぐはぐのまま。

前半終了時にはもうブーイングが出た。

ハーフタイム。例の応援歌が流れたが、周囲でタオルを上げ下げしたり回したりする人は少なかった。

後半開始、前半よりは右サイドにもボールが出て、攻撃がよくなった。監督からはっぱをかけられたかな。

松原のシュートは不意に出た。一瞬「え?」「入った?!」

びっくりして写真を撮るのを忘れた。同点。でも、勝ち越さないと。

目の前で金井くんが山田康太にファウル。周囲から「かないー、いい加減しろよー」と大きな声が浴びせられた。

金井があの特徴ある走り方をしてるのを見ると、私には「残念だなぁ」という思いが込み上げる。

野次は珍しく子どもの声や女性の声があった「ちゃんとやれ」とか「何やってるんだ」というような声だった。

マリノスのピンチは飯倉や喜田が間一髪防いだ。

しかし、下位同士の対決よね。レベルが低い。攻撃の時間はマリノスの方が多かったが、カウンターは名古屋の方が鋭かった。

喜田のシュートは上の方、ドゥシャンレのヘディングは反れる。山田康太の持ち込んでのシュートはポスト脇をかすめるもののゴールならず。

そうそう、FK、マリノスの選手たちが屈んでいるのが面白いと思った。
クリックすると元のサイズで表示します
ボールは壁に当たってしまった。

でさー、ここが一番腹立たしかったんだけど、名古屋に攻め込んでも喜田、扇原、その辺でずっとボール回ししていて前に出さないんだよね。松原が手を挙げていても無視。

浩吉監督時代、三ツ沢で私と同年配の女性たちが沈滞したゲーム運びに「カウンター一つまともにできないのか!」と怒っていたことがあるけれど、まさにそれだった。

(追記:早野宏史さんがU21アジア大会の解説で「カウンターは最先端のサッカー」と言っていた。ベルギーの日本戦がその例と)

残り時間が少なくなってるのに、ボール回ししてて「まるで、ポーランド戦の残り10分日本代表みたいなことしてどうすんの!

と怒っていたら逆襲食らって、45分勝ち越し点を入れられてしまう。ゴール内にバタっと倒れこむ飯倉が見えた。

アディショナルタイムも無策で終了。

この試合、途中で何回かゲームを見たくなくなり、目を瞑ったりした。

漫然とサッカーしている。中で選手は何をしてよいか分からず、とりあえず自分のできることだけをしてる、という感じ。山田が言うように攻撃に「共通理解がない」。リアクションサッカーとも違う、今まで身体で覚えているサッカーをしてるだけ。

珍しく蒼井真理さんと意見が合った。



試合は終わってないのに、帰る人が続々。そりゃしょうがない。駅が混む前に帰りたい。追いつくような試合ぶりじゃない。



試合終了後の挨拶、バックスタンドではブーイングはあまり出ず「頑張れよー」とヤケのような拍手だった。ゴール裏ではブーイングも出たが、なんか沈黙、って感じだった。



ここ数年でもっともクオリティの低いチーム
 !!!

身も蓋もないことを言うとそういうことだよね。

「クオリティの低いチーム」で「最先端のサッカー」をやろうとして、途中で挫折して、戦術を成熟させるのではなく、シーズン初めから練習してきた選手を出してしまって次々新しい選手を取って、どうするつもりなんですかね?

この後、新しい選手たちでどういうサッカーをするんですかね?

2001年の降格危機の時はラザロニ監督が自分の指示をよく理解する選手、ナザ、ブリット、そして「レジェンド・ドゥトラ」を連れてきて立て直した。

今回は、バラバラじゃないですか?出身国もそれぞれ、言葉もそれぞれ、短期間で連携が取れるようになるのだろうか?

CFG(シティ・フットボール・グループ)のグローバルネットワークに期待している人は多いけれど、マリノスのチームとして蓄積してきたものや、チームカラー、チーム選手構成や監督の方針を無視してとりあえず選手を取り揃えて持ってきました、というような気がしてならない。

だって、最初がカイケだよ?

シーズン初めの話ではモンバエルツ監督が3年で基礎を作ったので、その上にポテスコクルーのサッカーで優勝を目指すんじゃなかったのか。

それが最近では最もクオリティの低いチームとは、何なんですか!

最初から胡散臭いと思ってたけど、何とかいう、チーム責任者、のプレゼンを信じちゃう人たち多かったよね。プレゼンは美辞麗句、取らぬ何とかの皮算用なのにさ。

「己を知り、敵を知れば百戦殆うからず」と大昔から孫子も言ってる。己を知ることをおろそかにして「新しいサッカー」なんか絵に描いた餅。

あぁ、またまた愚痴ですよ。

周囲の人が気になることを言っていた。「中澤が日産でプレーするのは今日が最後になるかもしれない」。DFに良い選手を取ったので、この厳しい連戦ではそれらの選手を使うのではないか、ということだった。

え〜!中澤さんまでいなくなっちゃったら、私はもう試合を見る理由も年チケを買う理由もなくなってしまう。

そして、こんな試合見せられるなら、マリノスにこだわらず、イニエスタを見に行った方が余程いいと思ってしまった。

帰り道、マリノスサポの皆様の「面白くない試合だったなぁ」「つまんなかった」「ひどかった」との声が方々から聞こえた。帰宅途中で会ったマリノスファンのご近所さんも「ほんと、がっかりだった」と言っていた。

選手に迷いがないだろうか?本気で闘いたくても、団結して闘いたくても「共通理解」がなくちゃ、勇猛果敢なプレーはできないよ。

どうすればよいのかなぁ。

2001年以上に危ないと思える。

びっくり移籍の久保建英くんが切り札になってくれるのだろうか。

(追記:久保くんの入団会見の言葉はとても良かったと思う でも読んだ記事によると守備をしないのでマリノスから行った富樫より評価は低いとか。マリノスには久保君の守備をカバーする選手がいるのでしょうか←富樫のことと言い、バブちゃん契約解除と言い、どうしてもチグハグの感はぬぐえない)

勝ち点にあまり差がないから、ちょっとのことで局面が変わるかもしれない。監督にはあまり期待できないので、選手の経験と技術と団結と気力に期待するしかないなぁ。もちろん私なりの応援はします!

それにしても、マリノスのこの現在地はクラブの大切なものを無視し続けた、迷走の結果だよ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ