2018/9/3


5月以来の日産スタジアム勝利。長かった。勝つとどういうわけか、観戦記を書こうという気がなかなか起きない。余韻に浸ってしまう。勝利は久しぶりだし仕方ないね。

雨予想もあり、出かける頃にはポツポツ降ってきたので、心配したが、試合中〜帰宅まで雨は降らなかった。浴衣デーだったので、暑さもほどほど雨は降らず、で良かったね。

試合経過は公式
http://www.f-marinos.com/match/report/2018-09-01

清水戦でドゥシャンが退場になってしまったので、勇蔵が入るのかと思ったら、扇原がDFに入ってた(先発メンバー表)。

システムの事は良くわからないけど、4バックだったよね。チアゴ、畠中、松原、山中。

ウーゴ、久保は疲労を考えてかな、ベンチで、伊藤、仲川。実は私はこちらの方に期待している。

ダゾーンはないし、TVKの録画はしなかったし、だから印象だけで書く(いつもの通り)。

クリックすると元のサイズで表示します
マリノスはもう絶対負けられない。スタジアムの空気も最初から熱かった。バックスタンドも手拍子が響き渡っていた。

クリックすると元のサイズで表示します
絶対に勝とう!

マリノスの選手は果敢だったと思う。守備がよかった。何度も柏からボールを奪った。

それと、柏の弱点がわかっていたというか、いつもと違って左からの攻撃に偏らず、真ん中へのズバッというパスが通った。

弱点というのは結果論かもしれないけど、パク・ジョンスくんですね。元マリノス。新横浜プリンスペペですれ違ったことがあるよ。

ブマルのバー直撃のシュート。その前の細かいパスの交換は見ごたえがあった。

先制点はブマルから伊藤翔。よく見えなかったがクロスが入ったと思ったらネットが揺れた。GKDFと交差しながらの泥臭いシュートだった。

嬉しくて思わず飛び上がった。結果、写真が撮れなかった。

そうそう、ゴールの前に山中が脚(ハムストリング?)を傷めて途中交代、大津が入り、喜田がサイドバックになった(頑張ってた!)。山中も大したことがないと良いが。

ハーフタイム。名古屋が磐田に先制していた。金井のゴール。俊輔復帰というから気になって「他会場の結果」を検索したのだよ。

後半。マリノスは相変わらず良い感じ。

大津と仲川が被って、仲川が倒れたりしたが、その後話し合ったか、良い連携になった。

ブマルがよく走り、よくキープし、そしてゴール前であまじゅんにパス。冷静に決める。
クリックすると元のサイズで表示します
大きな2点目。ホッとした。

その後、1点を返されるが、あまり危機感を感じなかった。

柏は迫力不足だったと思う。

そして、3点目。どうやって入ったか分からなかったが、後でジョンスとGKのミスと知る。こういうの見逃さない伊藤翔はさすがだ。

3点入れば、さすがに大丈夫でしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
これ、周囲が「バックパスをGKがミスった」と言っていた。間接FK?珍しいね。

その後は危なげなく試合終了。

クリックすると元のサイズで表示します
久しぶりのトリパラ。きれい。

ヒーローインタビューをして、それから円陣をして、観客へ挨拶。この日は18時半開始だからまだよいけれど、これさ、円陣を止めて、もっと早く観客に挨拶に来るべきと思うよ。子ども達帰るの遅くなる。

クリックすると元のサイズで表示します
選手も晴れやか。トリパラを持つ選手も増えた。選手にトリパラをプレゼントするイベントがあったんですか?

サントリーのMVPは伊藤。「次も勝ちましょう」と強いメッセージ。日清オイリオMVPは天野。「ありあけのハーバー1年分」は今年はないの?

名古屋戦も、清水戦も終了を待たずに帰る人続出だったが、この日は少なかった。周囲の人たちもお隣さんたちとハイタッチをしながら帰って行った。

ゴール裏も嬉しそうだったね。みんな余韻に浸っていた。

帰り道もみんな幸福そうで、笑いさざめいていた。やっぱり勝利はいいねぇ。

とはいえ、まだまだ予断は許さない。連勝してできるだけ早く残留を決めましょう。

(磐田は1-6の負けはひどすぎる。俊輔はアシストしたそうだ)。

ところで、天野純選手、日本代表選出おめでとう!遅咲きの選手、マリノスの他の選手にも良い刺激になったと思う。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ