2018/11/29

サントリーホールへA  音楽

休憩の後は、ズービン・メータ指揮バイエルン放送交響楽団「春の祭典」。

音楽は通り過ぎていくものなので、今記憶を呼び起こそうとしているが、無理っぽい。

何しろ、「春の祭典」を聴くのは初めてなのだ。

現代音楽は敬遠していた。「春の祭典」ほど有名な音楽ですら。あの有名な「バンバンバンバン」という弦も一斉に弾くリズム、あれくらいしか知らない。

大編成のオーケストラなんですね。

最初静かなきれいな音楽から始まって、「へぇ」と思って聴いていた。で、すぐに例のあのリズム。

もう書けません。

打楽器が入って、身体からゆすぶられる。原初のエネルギーと解説にも書いてあるけれど、そうなんですよね。ティンパニー2台、大太鼓、「ピシっ」となる楽器(ドラマの音楽なんかでもつかわれる)、トライアングルやら、タンバリンやら、打楽器総出演の大迫力。まさに炸裂。

そして、木管楽器も大活躍。あの「能管」のような「ピィっ」という音にはびっくり。西洋楽器であの音を出すんですね。一方、フルートなどで美しいメロディーもあり、初心者には刺激ありまくり。

あー強烈な音ばかり印象に残っていて、そうではないところはどうだったか、記憶から滑り落ちている。

私は目を開けていると情報量が多すぎるので、目を瞑って聴いていることが多いのだが、今回は「どの楽器が鳴ってるの」と目を忙しく動かした。

不協和音は苦手だったが、考えを改めた。

そして音楽を聴きながらバレエを見てみたいなと思った。今までそんなことを思ったことはないのよ。

あんな不協和音の炸裂する音楽でも、音はクリアで品があって、厚みがあって、美しくて・・・語彙不足

素晴らしかった。

私は初心者なので、モーツァルト、ベートーベン、ブラームス、チャイコフスキー中心、(大きく見積もってもシューベルト、シューマン、スメタナ・グリーグ・ドヴォルザーク・シベリウスまで)なのだ。だから、本当に初めての音楽体験だった。

聴いていて幸せでした。幸福感に包まれた。

他の方のtweetを見ても、皆様大感動ですね。







私は本当にこの公演に来てよかったと思った。

拍手の後はメータさんが団員を次々に指して、各パートの方々が立ち上がる。そのたびに大きな拍手が送られた。ティンパニーとフルート(女性)には拍手が特に大きかったかな。

アンコールは白鳥の湖から。
クリックすると元のサイズで表示します

大編成のオーケストラの演奏は厚みがあって、それでいて流れるように美しかった。途中でウルウルしてしまった。生の音の美しさ。これはコンサートホールでないとわからない。

こんなオーケストラならバレエをぜひ見に行きたいと思った。
(昔、東京フォーラムの後ろの方の席で「白鳥の湖」を見たのだが、ダンサーは豆粒だし、オーケストラはあまりうまくなかった。それ以来バレエは見に行っていないのだ)

終わると、ブラボーとスタンディングオベーション。私も周囲の人たちとともに立って拍手した。マエストロは拍手に応えた後、介添えの方とゆっくり舞台を去って行った。

メータさん、急な代役でも来てくださってありがとうございます。東日本大震災の時、来日公演を続け、中止で一旦帰られた後、4月に戻られて東日本支援の「第九演奏会」を開いてくたさったこと、忘れません。ありがとうございました。また来日されたら、コンサートに行きます。

メータさんが舞台から去るのをオーケストラの皆様はずっと見送っていた。マエストロが舞台の袖に消えると、団員さん達、お互い抱き合っていた。会心の演奏だったのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します
華やかなクリスマス飾り。

今年はヨナス・カウフマンさんのオペラコンサート@サントリーホールで始まり、キーシンさんメータさん&BRSO@サントリーホールで終わる。金欠で今年のコンサートはこれで終了(予定)。

それにしても、音楽に関しては今年は幸福な一年だった。
0

2018/11/28

サントリーホールへ@  音楽

楽しみにしていた公演に行ってきた。

クリックすると元のサイズで表示します
サントリーホール。すっかりクリスマス仕様。

アークヒルズも泉タワーもクリスマスイルミネーションだが平日のせいで人が少なくて、うら寂しい。

クリックすると元のサイズで表示します
今日はこれを聴きにきました。急いで撮影したので、上が切れちゃった。

キーシンのピアノコンチェルトは初めて。病気のネルソンスに変わって急遽指揮代役に立つことになったズービン・メータも初めてだ。

だから、とても楽しみにしてきた。

早めに席に着く。やや女性が多いかな。着物姿の方もチラホラ。

音楽関係者なのか、挨拶しあっている(有名演奏家、指揮者、オーケストラの人たちが来ていたようだ)。

いかにも華やかな雰囲気の方もいる。あと、仕事関係か、男の方たちが挨拶しあっていた。

外国の方も多かった。サリーを着た方、中国語も聞こえてきた。やはり多いのはドイツの方かな。

P席には制服の高校生、50人くらいがいた。音楽系かしら。贅沢だなぁと思ったが、若い時に一流に触れるのはとても大切なことだ。

バイエルン放送交響楽団のバスの人たちが入ってきて、音を鳴らしている。

オーケストラのメンバーが入ってきたので拍手が起きる。でも団員が多いので、最後の方は拍手が少なくなった。全員そろって、キーシンが入ってきた。

メータさんは杖をついて付添いの方に支えられて登場した。スロープを上がって指揮台へ。椅子に座って指揮なさる。

リスト「ピアノ協奏曲第1番 変ホ長調」

重厚な音から始まる。そしてピアノが鳴る。

? あれ?

音がくぐもっている。キーシンの音はもっとクリアで明快じゃなかったか。もっと強靭じゃなかった?ピアノのせいなのか、ホールのせいなのか、私の席のせいなのか。

違和感を感じながらも、段々曲に引き込まれていく。

そして、緩徐楽章、ここですね。

ここはとてもきれいで、心が洗われるようだった。

そして、トライアングルとの掛け合いというのかな、3楽章を経て、4楽章へ。

リストのピアノコンチェルトは短いのが残念なんだよ。こんな素晴らしい曲だけど、せっかくピアコンなんだからもっと聴いていたいと、いつも思う。

終わった途端、ブラボーの声、なんか「マエストロのフラボラ」というtweetがあったのだが、あれメータさんなんですか?びっくり。

キーシンに盛大な拍手が送られた。

アンコール。

キーシンさん「ショパンのワルツをお聴きください」と日本語で。子犬のワルツだった。もう目を瞑っても弾けるのではないだろうか。軽やかに。

大きな拍手、次いで、また日本語「ブラームスのワルツをお聴きください」。

これは初めてキーシンのコンサートに行った時、アンコールの最後に弾いてくれたから二度目。優しく、美しく奏でられた。

二つとも小曲だなぁ、ピアノコンチェルトをやるとアンコールは軽めなのかなと思っていた。

すると、
「 キーシンが2曲目のアンコールを弾き終えて袖に下がろうとした時、マエストロってばお茶目にも『One more☝️』とキーシンに指示ww キーシン一瞬、えーって顔して」

3曲目も「ラフマニノフのプレリュードをお聴きください」。私は「プレリュード」が聞き取れなかった。

でも始まるとすぐわかった。「鐘」。これは娘が発表会で弾いた。浅田真央ちゃんが五輪でこの曲で滑った。

もう素晴らしかったー!!。これぞキーシンですよ!

クリアで強靭で、繊細で、重厚で、どの音も、どの和音も美しく、沈黙の間も音楽、ロシアの響き・・・。完璧な演奏。

和音が二つ続いて、沈黙、また和音、それが段々小さくなって行き、最後の和音のあと、スーッと静かに音が引いてく。音が静かに消えるまで、観客は息を詰めて聴いていたと思う。

ここでブラボーの声がようやく出た。みんな控えめだけど、これはブラボー言うしかないでしょ。

クリックすると元のサイズで表示します

Twitterから拾った声。皆さん、「鐘」に圧倒されている。

「神演奏。いやもう、研ぎ澄まされまくりの凄い鐘でした。これなら文句無いっしょ、的なww」

「なんと言っても3曲目のアンコール。。。
ラフマニノフの鐘!!!!!!!!!!!
思わず「ヒャ」と声が出てしまった。
今回のアンコールは軽い曲なんだなーと思っていた矢先の鐘。
最高!信じられないくらい感動した。

鍵盤を強打しても強すぎず、弱音は溶けるほどの美しさ」

「そして最後のラフマニノフ「鐘」は、このためだけでも来る価値ありという演奏。」

「ラフマニノフが協奏曲含めて圧倒的に良かった。」

ホールにいらしていたピアニスト金子三勇士さんは
「特にアンコールのラフマニノフの解釈が好きでした」

「解釈」「好きでした」の表現になるんですね。

同じく会場にいらしてたピアニスト上原彩子さんはリストのピアコン
「こんなに深くて芸術的なリストのコンチェルトは初めて。色々な感情が混ざりあって溶け込んで。。今まで弾いたことなかったけど、弾いてみたいなって(でもあんなに弾けないかも😓)思いました。」

私はリストには、一部乗れなかったし、ピアノコンサート@みなとみらいのキーシンの方がいい、とすら思ったけど、このラフマニノフで完全に満足しました。来てよかったと心から思った。

キーシンの11月初めのピアノリサイタルのレビュ」記事を見たのでリンクします。
https://culturemk.exblog.jp/27654981/

「演奏において常に聴衆と結ばれていること、あるいは、演奏の喜びを感じていること。そういった要素が彼の演奏をあれだけ感動的なものにしているのかもしれない」

長くなったので、「春の祭典」は次の記事へ。
0

2018/11/25

あと一試合  サッカー(マリノス)

24日(土)アウェイ鳥栖戦、マリノスは逆転負けだった。残留を決めることはできなかった。

もっとも、最終戦0−9で負けない限り残留はできるそうで、ほぼ残留でよいのだろう。

でも最終戦はなんだかんだハラハラする。

ところで、鳥栖戦、マリサポさんたちの評価は低い。あの蒼井真理さんがこれ ↓



この後の蓮ツイに鳥栖戦の詳しい分析と叱咤がある。



その通りと思う。

けど、何度も言うが、この鳥栖戦ばかりでなく、今年の、私の見た試合はみんなこんなだったよ。

(ちなみに私の観戦した試合の勝率は27%、ひどい

だから、「モンバエルツ監督の築いた基礎の上にポテスコクルー監督の最先端の戦術」なんて、ま・ぼ・ろ・し だったんだってば。

最先端の戦術はいらないから、もっと選手の実力に合った、選手が理解できる基本的な戦術で、「球際で負けず」「判断早く」「勇気をもって」「走り抜く」を徹底してほしいと思ってた。

山中選手が代表に選ばれて練習に参加しての感想は、(以下、私の記憶)

「マリノスよりシンプルでやりやすい」。そして「南野選手の成長は欧州チームの練習での半端ない強度からだ』(当たりの強さだったり判断の速さだったりかな?)。

だから、練習から厳しく激しくやってほしい。セットプレーの練習ももっと工夫してほしい。

なんかさ、鹿島や川崎は(もちろん他チームのことは十分に知ってるわけではないけれど)、チームの方針や戦術が一貫しているように思う。川崎は「堅剛がいるから若手が成長できない」なんて言わないし、さ。

とにかく最終戦気持ちよく勝って、来年への希望をつないでほしい。

ところで、こんなの読んだ。



「最終的に決めたのは本人達」は「同意」。

でも「すべてをフロントやボスの責任にするのは違うと思うよ」←これ、飛躍があるよね。
批判する人は「全て」なんて言ってないでしょ。フロントや監督に「重い」責任があるのは、そういう役割なんだから、当たり前だ。

ついでに「バイクメーカーに行ったらいい」は暴論。異論を言う人は「よそのチームに行けばいい」、そして「あの人」という言い方。

こういうマリサポがいるから嫌なんだ。

これ、浩吉監督時代もあった。批判・不満に、「批判するよりゴール裏で応援しろよ」「お前はチームに何かしてやったことがあるのか」と激しく攻撃する人たちがいた。

でも結局、攻撃して批判封じをしていた人たちは今ゴール裏にはいない(たまに来るようだけど)。逆に批判・不満を言っていた人たちは10年間ずっとスタジアムに通い続けている。

そういうもんだな、と思う。

私はチームに対しては愛情もあるし批判・不満もある。感情は単純じゃない。

けど、こういう発言や、無条件に会社・監督擁護を見ると、しらける。かなり嫌になる。どうでもいいやという気分になっている。

繰り返しになるが、一番上の記事に書いた通り。
0

2018/11/24

最後だけ聴いた。  音楽

「オテロ」のネットラジオ放送があると知ったが、深夜なのであきらめていた。

(11/25追記:オンデマンドで一か月聴けるそうです)



夜中3時過ぎに目が覚めた(トイレに行った)。起きたので、このtweetのリンク先をクリックしてみた。しばらく聞いていたがドイツ語のナレーションやインタビューは流れてくるが、なかなかオペラは始まらない。「もう無理」と思って、スマホを消した。

朝、6時頃ふと目が覚めて、「ひょっとして『オテロ』、まだ放送しているかも」と思った。またbr-klassikをクリックして見た。

ちょうど、第4幕「エミーリア」と「オテロ」のやりとり、そして息も絶え絶えのデスデモーナの歌だった。だから、「Nium mitema」〜最後「un altro bacio…」も聴くことができた。

オテロが騙されたと知った時から、自裁するまでの歌声、うろたえ、絶望していく様が、声の表現だけでわかる。う〜ん。さすがだ。

「Un bacio…un bacio ancora… ah!…最後のbacioのcioはロイヤルオペラと同じように「吐息」だった。 (追記:ヴェルディの楽譜にはそもそも最後のcioには音符がないそうです。無知ですみません)

幕が下りて、拍手は最初は抑え気味だった。観客も余韻を噛みしめているようだった。その後、ナレーションが入って劇場の様子は聞こえにくくなったが、それでもカーテンコールの時かな「ブラボー」や叫びが地鳴りのように聞こえた。



これで見ると、ヨナスさんはスキンヘッドではないじゃないですか!どうなってるの?カツラ?それともスキンヘッドの写真がコラ映像なの?

このオペラを現地で見てらっしゃるwaiwaiさんのtweet



斬新な演出のようだ。12月初めにネット中継があるようなので(たぶん)、楽しみにしよう。

そして、クラシカジャパンさんかNHKさん、これ放送してくださいませんか。ブルーレイは出たら買います。
0

2018/11/23

ボヘミアンラプソディ見て来た  映画

話題の映画「ボヘミアン・ラプソディ」を見て来た。

評判通り、良かったぁ。

とにかくQUEENの音楽でしょ。音楽の素晴らしさが心揺さぶる。

どなたかが「よく料理人なんかが『うまい料理は素材が決め手、本当にうまいものは塩だけでうまい』というが、まさにそういう映画だ」と言ってた。

ドラマ部分はまぁ普通。

全米ツァーで留守宅の妻が寂しそうな場面は「ジャージーボーイ」を思い起こさせた。そう、「ジャージーボーイ」と同じように、グループの成功と仲間との亀裂、家族の問題があり、普遍的な物語なのかと思った。

でも大きく違うのはフレディの境遇。インド人(パキ野郎と罵られた)、ゲイ(メディアにしつこくセクシャリティを問われる)であること。マイノリティだ。そしてエイズ。

彼の孤独は映画でも切なく描かれる。

だからこそ、あのライブシーンが感動的なのだ。

フレディの声、表現力、作詞作曲の才能、それと彼の境遇があの音楽を作りだしたのだと思う。

仲間との友情も、反発も描かれている。メアリとの不思議なつながり、彼はメアリに何を求めたのだろう?



しかしまぁ俳優って偉いねぇ。よくあそこまで演じ切れたなぁと感動する。


↑↑ 俳優ラミ・マリックがフレディ・マーキュリーになるまで。

他の俳優さんたちも、顔や体型もそっくりだし、ギターやドラムも実際の映像みたい。
本当に大したものだと感心した。

ジョン役は「ジュラシック・パーク」のラプトルに追いかけられる少年役の人なんだね。大きくなったね。あの映画もそんな前なのか。

マイク・マイヤーズやアラン・リーチが出ている。マイク・マイヤーズはあらかじめ聞いてなければわからなかった。アラン・リーチはキャスト表を見てもしばらく気が付かなかった。弁護士役も見たことがあるなと思っていたら「プライドと偏見」(エリザベスに求婚する従兄弟の牧師)「パイレーツオブカビリアン」に出ていたトム・ホランダーだとのこと。
 
フレディはインテリで、音楽や美術にも通じていたという。長年彼らを支えた弁護士が最初に彼らを評価するのは「オペラ」の話が出た時から。

フレディの家ではオペラのアリアが流れている。「蝶々夫人」「カルメン」はわかったけど(誰でもわかる)最後の曲がわからなかった。誰か教えてm(__)m

追記:侘助さんのtweet



QUEENのメンバーはみんなインテリだったという。ネットでいろいろな人がQUEENのことを教えてくれる。勉強になります。

QUEENの伝説的な「ライブ・エイド」は1985年。私が子育てで一番てんやわんやしていた時だから、全く話題の外。QUEENファンは私よりも若い世代だと思う。

しかーし、私の妹は「QUEENの来日公演」に行っているのだ!!今回映画を見て一番に思ったことが「妹が今更ながら羨ましい過ぎるー」だった。

0

2018/11/20

夜中にインスタを見て  音楽

最近、インスタを見てる。前から登録はしていたのだが、IDやパスワードなどを忘れて面倒くさくなってしまったのだ。

でも、イニエスタだの、フェルナンド・トーレスなどのインスタ投稿を見たくて、再度挑戦した。

そして、オバマ夫妻、マリノス、サッカー選手をフォローした。そしてもちろんオペラ関係も。

昨夜、真夜中近く、インスタを見たら、思わず「ギャー」と叫んでしまった。

ヨナス・カウフマンさんがスキンヘッドになってた!!

バイエルンオペラの「オテロ」のリハーサル写真などを見てると、今までで一番短髪で、すっかり「おじさん」だなと思っていた。

それどころではないよー。ビックリだよ。

ショックなので画像はあげない。

インスタを直接見るか、私がよくリンクさせていただいているiltrovatoreさんのHP「ヨナス・カウフマンとオペラの魅力・ニュース」を見てください。

iltrovatoreさんも「あれ、まぁ!」と言っている。

11/24追記:上演初日の画像を見るとスキンヘッドじゃなかった。これ、何だったんですかね。
これは、オテロという役に賭けるヨナスさんの意気込みを物語っているのかな。

オテロはカッシオよりかっこよくてはいけない。妻を、ベネチアの貴族・若い男に奪われるかもしれないいう恐れをいだくには、見かけがオジサンでないと説得力がない。ハゲ&デブ?

武将として、英雄としての威厳を持ちつつも、ベネチアの社会ではアウトサイダーという立場であり、脆さを持ったオテロという人物、歌や演じ方だけでなく、見た目からも観客を納得させないといけない。根っからの役者気質なんだろうなぁ。

でもショックで、今日は長髪クルクルヘアの「ウェルテル」をチラチラ見てしまった。あんなに麗しかったのに。

もう若い、ハンサムな役はやらないのかな。それはそれで仕方ないのだけど。
0

2018/11/19

クリスマスリース  生活

こんなのを家族が作りました。

クリックすると元のサイズで表示します
キュートです。


(作ったのは孫娘)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ