2019/5/19

久しぶり神戸戦  サッカー(マリノス)

気候も良くなったし、イニエスタ・ポドルスキ・ビジャの誰かは見られるだろうから、と神戸戦のチケットを取った。そろそろサッカーを見たくなっていたのだ。

どの席にしようか迷って、すぐに決断しないでいたら、同じ席が数日経ったら500円高くなっていた。まぁ、仕方ないね。

以下、無駄に長いです。いつものように観戦風景です。

スタメンのメールが来たので見ると、イニエスタ、ポドルスキはベンチにもいなかった。

まぁ、イニエスタは05年のマリノス対バルサの親善試合を始め、クラブワールドカップで何回か見てるから良いのだ。
以下私のblogから。日付は書いた日。

⇒2005.7.30「マリノス対バルセロナ1−1の引き分け」
 イニエスタのことをイエニスタと書いていて恥ずかしい。カタカナに弱い。

⇒2011.12.17「強すぎバルセロナ(決勝)
2011.12.21「CWC決勝風景」

⇒2015.12.18「CWCバルセロナ対広州」
2015.12.22「CWC決勝」

ビジャは2011年のCWC準決勝で見たけれども、負傷退場してしまって気の毒だった。
2011.12.15「行ってきましたバルサ戦(準決勝)」



クリックすると元のサイズで表示します
久しぶり。この中にもう中澤さんはいない。

昨年までの年チケ席とほぼ同じ席に着く。顔なじみの方ともお話しする。周囲の席も埋まった。赤ちゃん連れの家族もいる。

選手が練習に出てきた。この時クィーンの「ウィーウィルロックユー」が流れるんですね。

ホームゴール裏、メインは満席。見えないけれど、バックスタンドも満席だろう。
クリックすると元のサイズで表示します
入場者数44,210人。

ビッグフラッグ
クリックすると元のサイズで表示します

久しぶりの「民衆の歌」。自然と口ずさんでしまう。

試合経過は公式HPをどうぞ。
https://www.f-marinos.com/match/report20190518

選手が昨年と様変わりなので、喜田、遠藤、扇原くらいしかわからない。大型ビジョンのメンバー表と背番号を何度も何度も見た。

あ、マルコス選手は良くわかる。運動量が多いのにびっくり。ティーラトン選手は思っていたよりも背が高かった。遠藤がドリブルの時何度もオーバーラップするのに、ボールが出ずに残念だった。

最初の方は一進一退。神戸のプレッシャーがきつかった。ビジャは存在感がある。「田中順也」の名前にちょっとビビる。何度もやられているから。山口蛍もいるのよね。

ピンチもあったが、パク選手のセーブで助かった。段々マリノスのペースになる。何回かのチャンスは実らなかったが、良い感じ。何度も仕掛けた遠藤のドリブルからマルコスジュニオール、迷いないシュートでゴール!!ゴールセンス抜群だ。

天純が目立たないなと思ったら、先発じゃなかった。この辺、私もブランクが長い。何見てるんだろう。

その後、遠藤のヘディングシュートもあった。惜しかった。

ハーフタイム。他会場の途中経過:磐田が2−0で勝ってた。MINMIさんの歌は今年もやるのね。

私の経験では年チケの人たちはハーフタイムまで席を立たない。でも今回観戦の周囲の人たち、試合中に2回くらい席を立ってた。落ち着かないと思っていたら、彼ら最初のゴールを見逃したんだよ。観戦が素人だ。(サッカーには詳しいようだったけれど)

後半。マリノスは。とにかくマルコスの動きが素晴らしい。一人で2人前の働き。そして仲川がボールを持つと観客席が湧く。期待されている。

何度か神戸に攻められたが、問題なし。李忠成選手が入る。マリノスの李くん、見たかったんだ。嬉しい。

遠藤へのいいパスが入り、遠藤が神戸DFをいなす。どうするのかなと固唾を飲んでいると、ゴール前に人影が。完全フリーでゴールに流し込む。

李くんだった。あそこでフリーでいるということはDFの目をかいくぐってスッと入り込んだということだよね。さすがに上手いね。

これで神戸の心が折れた。折れるの早い。

ビジャもふてくされていた。それでも、チャンスと見れば巧みに動いたし、取られたボールは取り返そうとしていた。で、イエローカード。

三好、天野が入る。ティラートンのクロスに三好ボレー。この時も完全フリー。3点目。神戸の守備ボロボロだね。

もうマリノスのやりたい放題。神戸の攻撃の芽は喜田君や扇原、DF陣が摘み取る。



そして、4点目、天野のシュートが弾かれたところにまたしても三好。4点目。この時は私も立ち上がったよ。

クリックすると元のサイズで表示します
センターラインの近くにいるのがビジャ。(これ、4点目の後かな)。

神戸のチーム状態ひどいね。このままじゃ、降格一直線だよ。イニエスタもこんな経験をしたことはないだろう。早く立て直さないと、一流選手が国に帰ってしまう。

終了間際に余分な1点を取られたが、ま、4−1の大勝、圧勝。
クリックすると元のサイズで表示します
パラソルの咲き乱れ。キモいと敵チームは言う。

初めて観戦したらしい小学生が父親にパラソル欲しいと言っていた。

クリックすると元のサイズで表示します
勝利の挨拶。

クリックすると元のサイズで表示します
ムゲンエステートMOMのマルコスジュニオール。サントリーのMOMはパクイルギュ、当然。

久しぶりの試合。楽しかった〜!!

選手たち、マリノスのユニを纏って躍動してた。マリノスのプライドで闘っていた。知らなかった選手たちをぐんと身近に感じた。

やっぱり生観戦はいいなぁ。

また見に来ちゃおうかなぁ。

次はジュビロ。俊輔は今日はベンチ外だった。今年で終わりかもしれない。見納めになるかもしれない。だから、磐田戦、チケットを取ろう。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ