2019/7/13

横浜駅相鉄口  政治

なんと、山本太郎が横浜に来るというのを昨日知った。

せっかく来るなら、やはり頭数になりに行かなくてはなるまい。

相鉄口交番前といえば、あんまり広くない。横浜駅バスターミナルだったら広いのに、場所が取れなかったのか。

(なんと、あの卑怯者の元横浜市長中田宏と、元神奈川県知事松沢成文がいたらしい。人だかりはなかった、松沢は握手を求めても素通りされていたとのこと)。

クリックすると元のサイズで表示します
ここだからねぇ。狭い。

今日は山本太郎一人の演説。主に経済政策。消費税廃止、奨学金チャラ、財源は所得税の累進性を復活、金融資産の分離課税の廃止、安倍政権で切り下げられた法人税を元にもどす(大企業への様々な優遇を止める、累進課税にして刻みを細かくする)、その他、住宅政策、最低賃金1500円など。

聴衆が沸いたのは、「ポンコツ戦闘機を爆買いするな」。

「菅官房長官は奨学金の問題の時『自助自立』と言った」と言った途端の野次「南区の恥!」。

アメリカの財団に水道を民営化すると約束してきた麻生の口真似を太郎さんがした時も大爆笑だった。
クリックすると元のサイズで表示します

土曜日のターミナル、昨日とは違って、家族連れやカップルが目立った。公選葉書が入った封筒は次々にもらわれていった。聴衆の一人が自然に「僕も配ります」とボランティアスタッフに言って、配っていた。こういうのも初めて見た。

昨日と同じく私の前にカップルがいたが、本当に質素なふつうの感じの方々で、その方たちも封筒を二つずつ(つまり合わせて40枚)もらっていた。どれだけの人が葉書を書くのだろう。

こんなの見るのは初めてだ。

私も尊敬する上西充子さんが「れいわ」ブームを批判。山本太郎が他の野党を批判することは許せないようだ。でもね、

私は神奈川立憲に大失望している。林市長を応援する牧山ひろえは許せない。県議会で共産党イジメをした民進グループも許せない。福山幹事長が京都で「反共」から前原や自民党と手を組むのは許せない。

立憲民主党に立派な代議士が沢山いることは知っている。

だが、もっと山本太郎のスピーチがなぜこんなに人を引き付けるのか、ちゃんと考えた方がいいと思うよ。

年末年始にはホームレスの人たちのために炊き出しに行く、入管に差し入れに行く、そういう政治家だ。徹底的に弱者の立場に立っている。

クリックすると元のサイズで表示します
寿町の炊き出しで一緒だった方から花束が渡された。感動的だよねぇ。

私、今でも思い出す。2015年安保法制後の桜木町枝野街宣、あの時の民主党の政治家たちの市民を敵視する態度、立憲民主党のタウンミーティングでの市民と語っていたのに仲間を見つけるとさっさと仲間の所に行ってしまう素気なさ。

本当に市民の立場が分かってるのかな。

立憲民主党には期待しているし、もっともっと市民に近づいてほしいと思っている。

街宣が終わった後、カンパをしてきた。目標とした3億円は達成したという。だが、新聞広告やオーロラビジョンでの宣伝にはまだ1億円足りないそうだ。

私はおしどりマコさん、共産党、れいわ、に募金した。

自公維で参院2/3取る勢いと聞いて、居ても立っても居られない気持ちになる。野党どおしでなんやかんや言ってる暇はないのよ。

だから、選挙の応援に行く。聴衆になりに行く。

街宣が終わった後、ムービルに「スパイダーマン、ファーフロムホーム」を見に行った。せっかく横浜に来たからね。

観光ムービーであり、青春胸キュンドラマであり、もちろんアクションヒーローものだ。ただ、アベンジャーズを見てないので、よくわからないところもあった。

しかし、CGの技術はすごいシンポ。シリーズ最初の頃(トビー・マグワイア主演)とは段違いだ。

とにかく久しぶりのヒーローもの楽しかった。
0

2019/7/12

品川駅に  政治

品川駅で「れいわ新選組」の街宣があると聞いて、行ってきた。

この日は4時まで用事があったので疲れていたし、品川は遠いと思えた。それでも行こうと思ったのは、やはりミーハーですかね。

物見高いのは昔からだ。ウズウズしてじっとしていられない。

夫と待ち合わせして品川駅へ。いやー品川駅は会社員だらけですね。横浜駅だともっと学生とか主婦がいるけれど、本当に会社員で駅構内があふれている。品川は今はこうなんですね。

夫が港南口なんて、昔は何もなかったよ、というし、私は明治生まれのお爺さんから「品川駅を出ると東海道線は波がひたひたと押し寄せるのが見えた」と聞いたことがあるよ。

なんて、古い話をしても仕方ないね。

港南・東口に行くともうかなり人が集まっていて、ちょうど蓮池透さんが演説中だった。

私が聞いたのは大西つよき候補者から。登場した時、「待ってました」みたいな声がかかったので、ファンがいるのだなと思った。

ついで安富歩候補者、「公約通り馬で皇居の周りを回ってきた」とのこと。これ私は分からないんだよね。皇居の周りは交通量が多くて排気ガスがすごかったといっていたし、馬に排気ガスを吸わせたのか、と思ったよ。

「子どもを守れ」という訴えは良くわかった。本当に穏やかな話しぶりでとても選挙演説とは思えない。

その後、比例特定枠の木村英子さん。幼い時のケガがもとで重度身障者になった方。当事者の真っ当な訴えだった。

65歳になると身体障害者は介護保険適用となり、ケアの質が切り下げられてしまう。ベッドに寝られず椅子に腰かけたまま、30分のケアしか受けられず、褥瘡がひどくなる。食も貧しい。このままでは死んでしまうか施設に入るしかないとのこと。

こんな施策は許せない。木村さんは淡々としているが理路整然、しっかりしたスピーチで、涙ぐむ人たちもいた。

演台の下には車いすの方々が18名いたそうだ。木村さんは、みんなの思い願いを担っている。

ふなご靖彦さんはALSで全身まひ、ふなごさんの演説は女性が代読した。人の命に差はなく、皆横一線だという話だったが、ちょっと難しかったかな。でもこれも選挙演説らしくなユニークだった。

クリックすると元のサイズで表示します
茂木健一郎さんが出てきて山本太郎さんにインタビュー、(茂)「今日も沢山取材のカメラがあるけれど、テレビでは報道しませんね」(山)「開票速報で流すための映像なんでしょうね。山本は企業批判をしているから、スポンサーである企業に遠慮して報道しないんですよ」

クリックすると元のサイズで表示します
この報道陣。

品川駅前の広場は人で埋まってた。2階のデッキやいくつかある階段も人でいっぱいだった。

野原ヨシマサさん。創価学会沖縄壮年部の方が東京選挙区から出馬する。「沖縄の問題を首都の人に考えてもらう」そして「公明党代表の山口なつおとガチンコ勝負するため」

辺野古基地は国防のためでなく、普天間移転でもない、単なる利権だときっぱり。決して完成することのない基地、飛行場としては滑走路が短くて使えない。

山口なつおのポスターには「公明党」の文字がない。創価学会婦人部は「何か深い理由があるのだ」と言っているそうだが、「それなら山口代表がきちんと説明すべき」

そして、「公明党をつぶす」と。池田大作氏の言葉をひいて、その理由を説明した。前の方に創価学会の三色旗がひらめいていた。そうだよね。

2015年の安保法制反対の場にはいつも三色旗があった。立派だと思っていた。信仰があれば、今の公明党は許せないはず。

最後に山本太郎さんの演説。熱がある。やはり「みんなが思っていること」をちゃんと言葉にしてくれているという感動、共感がある。

「れいわ」の街宣で、これ、他の党もまねしたらよいのにと思うのは、公選葉書の入った封筒を希望者に配っていること、カンパの受付をしていること、Tシャツ販売をしていること。ボランティアの受け付けをしていること。

一方、演説を聞いている人たちの間をサラリーマンたちが一瞥すらせず、関心を示さず通って行く姿もある。

聴衆は会社帰りの人たちが圧倒的に多いが、国会前、官邸前、デモや集会に来ている人たちとは違う感じ。もちろん、私のような、集会慣れしているシルバーも多くいるけれど、雰囲気の違う人たちが多かった。

多くの方が公選葉書をもらっていたが、たぶん、公選葉書を書くのも初めてだろうと思う。

立憲民主党が立ち上がった時も熱があり新しかったが、それとは全然違う。立憲の時は政治慣れした関係者がもっといたように思う。政治家の仲間意識も強いような気がした。

今回の急遽立ち上げたグループは今後どうなるか分からない。政治の世界は海千山千の汚い連中がいるから、ちゃんとまとまって、公約のために活動できるかどうか。

私たちは期待しては裏切られてきているから、本当に信頼しきれない。悲しいことだ。

私は「れいわ」の公選葉書も書いて山本太郎事務所に送ったが、共産党も、立憲民主の気概ある政治家、社民党も応援している。

ともかく、山本太郎が国会に戻るためにも、比例に3人以上当選してほしいと思っている。
1

2019/7/11

横浜FCだって(涙)  サッカー(その他)

中村俊輔選手の横浜FCへの移籍が発表された。

もうがっかりだよ。

中村選手にとっては、ジュビロに誘ってくれた名波監督が辞任してしまったし、長距離通勤より、家のある横浜のチームに入った方がコンディションを整えるにはよい。憧れだった三浦カズと同じチームで戦える。

残り少ない選手人生を考えた時、最適の選択だったのだろう。

でも、マリノスとFCとの確執を考えると、私にとっては最悪の選択に思える。

横浜ダービーで、マリノスサポーターから最大限のブーイングを浴びるよ。そんな姿見たくない。

何でよりによって横浜FCなんだよ。横浜FCというチームは信用していない。横浜FCサポの事も大嫌いだ。

俊輔にとっては、マリノスを離れる時の感情のしこりがあるだろう。あんなに辛い思いしてチームのためにいろいろ言ったのに、マリサポからはもの凄い言われようだった。

あんなにもマリノスのために尽くして、優勝にあと一歩まで迫り、天皇杯にも優勝して、それでも、マリノスからもマリノスサポーターからもあの冷たい言葉。

でも、私はマリノスと和解してほしかった。最後の1年はマリノスで過ごしてほしかった。

もうマリノスに戻ることはないよね。悲しい。

こんな思いをしたら、もうサッカーを応援する気がなくなる。本当に残念だ。
0

2019/7/10

これも誕生日企画  音楽

50歳の誕生日を記念して、こういうテレビ番組が放送されたようだ。

ヨナス・カウフマンさんのベスト



順不同だけれど、ベストとして、アンドレア・シェニエ、ローエングリン、ドン・カルロ、フィデリオ、カルメン、道化師などがあった。どれも好きなのばかり。この動画で1時間くらい楽しめる。

(アンドレア・シェニエは私が見に行ったウィーンオペラ座のものだ)。

最初の方が司会者と二人で、プラーター公演の観覧車に乗ってのインタビュー、字幕がないから、内容はわからない。どなたか訳してくださらないかしら。

0

2019/7/10

誕生日おめでとう  音楽

こんなtweetが。バイエルン州立歌劇場より。



ヨナス・カウフマンさん、50歳誕生日おめでとう

こんな特別な動画が作られる歌手なんですね。偉大。

と、「侘助」さんもこのtweet



さらに、こんなエピソードも。本当にいつもいろいろ教えてくださってありがとうございます。



こういうtweetも。リンクを開くと特集記事がある。読めないけれど。


初めて歌をじかに聴いてから4年。そうだ、6月1日に「オペラ記念日」とこのブログに書くのを忘れてた。ほんとにあの時の感動は忘れられない。ありがとうございます。

50年と言えば、西武池袋線・秩父線のレッドアロー号が50周年だそうだ。そうだよね。大学に入ってしばらく、高崎線、東武東上線で帰郷していた。西武秩父線が開通して、ようやく乗り換えなしで実家に帰れるようになったのだ。

ちょっと前のような気がしていたが、半世紀なんだね。

原武史「レッドアローとスター住宅」という西武線に関わる戦後思想史の本を読んだ。感想はちょっと今は書けない=つまり簡単にまとめられないが、面白かった。いろいろなことを教えてもらった。いずれ書けたら書く(つもり)。
0

2019/7/9

自転車  生活

電動自転車を購入してから2年だ。

⇒2017年5月11日の記事「電動アシスト自転車

本当に便利。

最近、キュルキュル音がするのと、空気の抜けるのが早いような気がするので、自転車屋さんに行った。

キュルキュルはチェーンの油切れだそうで、油を差してくれた。そして空気も入れてくれた。もちろん電動の空気入れ。

この空気入れるのが、最近は結構きつい。軽いスクワットだものね。なので、とても助かった。

空気が抜けるのが早くなったのは気のせい、みたい。空気がちゃんと入ると、自転車をこぐのが楽だ。

この自転車、自分の分身のようだ。

まさに愛馬ならぬ「愛車」だ。自転車置き場で自分の自転車を見つけると、「よしよし」を車体を撫でたくなる。本当に健気でかわいい。

でもね、いつまで乗れるかな?

自転車屋さんに、「年寄りの自転車はふらふらして危ない、私もあと何年乗れるかな」と言ったら、

「いやいや、最近、お年寄りで自動車の運転止めて電動アシスト自転車買う人が増えてますよ、まだまだですよ。これからもどんどん乗ってください」とのこと。

確かにね、最近老人の暴走事故が問題になっている。悲惨な事故も起きている。自動車免許を返上する方も多い。

そうか、免許返上した方は電動アシスト自転車族になっているのか。自転車なら暴走死亡事故を起こすことはないだろう。

でも、ボケて、信号無視で飛び出したり、フラフラっと道路の真ん中に出てきたり、周囲の迷惑になるようなことをしそうだなぁ。

十分注意して、安全運転で行くようにしよう。
0

2019/7/8

もう1年か  音楽

昨年、7月6日、innternational kissing day ということで、ロイヤルオペラハウスのtweet「トスカ」の一場面をこのblogにも載せた。

2018年7月9日の記事「トスカ@新国立劇場」

それからもう一年だそうだ。

インスタにこんなのがあったので、これも掲載。これだと「World Kissing Day」だ。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ