2019/8/18

立山黒部アルペンルート@  旅・散歩

念願の立山黒部アルペンルートに行ってきた。

東京発(新幹線)⇒黒部宇奈月温泉着(バス)→宇奈月(黒部渓谷トロッコ電車)→鐘釣駅往復→宇奈月(バス)→立山極楽坂(泊)

立山極楽坂→立山(ケーブルカー)→美女平(高原バス)→室堂・・(トンネルトロリーバス)→大観峰(ロープウェイ)→黒部平(ケーブルカー)→黒部湖(電気バス)→扇沢(バス)→長野駅(新幹線)⇒東京着

大町から黒部湖までは行ったことがある。一体何年前だろう。

ずっと室堂、立山には行きたかった。いつでも行ける、いつかいつか、と言っているうちに時が経ってしまった。

何と言っても山だし、ケーブルカーやロープウェイには階段がつきものだ。あと1〜2年のうちに行かないと足の具合もあり、行けなくなってしまう。

で、行くことにした。

アルペンルートを回ろうと思うとツァーが一番手っ取り早い。今回はエースJTBにお世話になった。ゆったりした日程で助かった。ツァー人数も13人とこじんまりしていた。

新幹線「はくたか」に乗るのは初めてだ。でも朝が早かったので、途中で寝てしまって車窓は楽しまなかった。トンネルが多いようだし。

黒部宇奈月温泉駅からはバスで宇奈月駅へ。ここからトロッコ電車で鐘釣駅まで往復する。

黒部渓谷トロッコ電車は暑かった。しかも3列ベンチ。背もたれもないまま片道1時間(計2時間)座っているのは辛かった。

クリックすると元のサイズで表示します
何ダムか忘れた。施設は欧州のお城を意識して建設したとのこと。

クリックすると元のサイズで表示します
鐘釣駅でトロッコ電車を撮影。

宿泊は立山国際ホテル。美人の湯と言うのが売り物、泉質はアルカリが強くて、ぬるぬるする。確かに翌日肌がきれいになったような気がした。

温泉に入った後の生ビールはうまい!!! 部屋に戻るとすぐに眠ってしまった。

翌日は良い天気。ケーブルで美女平まで、そこから高原バスで室堂に向かう。樹林帯から低木の高原へ。途中「称名の滝」がバスの中から見えた。落差日本一とか?

弥陀ヶ原湿原はバスの中から上手に写真が撮れなかった。

ソーメン滝かな
クリックすると元のサイズで表示します

大日岳と湿原
クリックすると元のサイズで表示します

剱岳の頭が見えてきた
クリックすると元のサイズで表示します

段々姿を現す。
クリックすると元のサイズで表示します

こんなにくっきり見える。立山黒部3回目の夫も初めて剱岳を見た。
クリックすると元のサイズで表示します

室堂に着いた。
クリックすると元のサイズで表示します

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ