2019/8/23

カジノ反対  政治

22日午後、横浜高島屋にいた。

Twitterを見たら、林文子市長が「カジノ誘致」記者会見をしているという。一方関内駅前では反対集会が開かれている。近くにいるので関内まで行くことにした。

(その他、市役所周辺では共産党市議団、太田正孝市議が抗議活動をしていたそうだ)

駅前では井上さくら市議がマイクを握っていた。
クリックすると元のサイズで表示します

次いで、スピーチしたい人たちが交代でカジノ反対をアピール。

通りかかった年配女性が「私もカジノ大反対だよ〜」と大声で叫んだ。井上さんが「ありがとー」と答えていた。若者が「署名はどこでやっているのですか?」と聞いていて、近くの人が場所を教えたら署名していた。

記者会見が終わったという連絡が入り、井上議員から「これから反対署名と抗議文を手渡すため市長室に行きましょう」と呼びかけがあった。「5分くらいで終わるでしょう」とのことなので、ついて行くことにした。

エレベーター何台かに分かれて乗って、市長室前にいった。テレビ局のカメラが数台来ていた。

市民は50名位いたろうか。

市長室へのドアは固く閉ざされ、職員と代表たちが押し問答していた。「市長は会わないと言っているそうです」の声に皆、「え〜!!」と驚きと不満の声が上がった。

「代表者だけでも入れてくれないか」と言っても拒否。

「市民の大多数が反対している。市民の声を聞く気はないのか」「白紙、と言っていたのに、誘致とは市民への裏切りだ」

1時間くらい押し問答が続いていたろうか。腕章をした記者たちが数人、TBS「報道特集」の金平さん、日下部さんもいた。

抗議の人は少しずつ増えた。神奈川ネットワークの市議さんもいたそうだ。

「私たちが面会を求めていることは市長に伝えてるんですか?」と誰かが聞くと職員「いや、伝えてません」と驚きの発言。

ひどいねぇ。ビックリしてしまった。

「一人立憲民主党」市議太田正孝議員も駆けつけた。

クリックすると元のサイズで表示します
私は一番後ろにいたので、やり取りは全部わかるわけではない。

そのうち前の方がもめだした。テレビカメラが一斉に動いた。「太田市議が実力で行こう」的なことを言ったらしい。

近くの人が「ガラスが割れたり、怪我して、警察が出動する騒ぎになったら困る」「市民団体は過激!と言われたらどうするの」と言っていた。

でも代表者2人(井上市議と太田市議)は中に入っていいと言うことになったので、押し合いへし合いは効果があったのかも?

結局市議2人も市長には会えなかった。代わりに副市長2人が署名と抗議文を受け取ることとなった。

「必ず市長に渡してもらえますね!」「市長からの回答はいつもらえますか?」「いつまで、と日にちを言ってください!」

こういう風に畳み掛けるあたり、市民団体の人たち交渉慣れしている。

抗議文は街頭でカジノシール投票をしているグループや女性団体が読み上げた。

ことぶき共同診療所の精神科医越智祥太さんの抗議文は論理的網羅的で、カジノ誘致の理屈を完璧に粉砕していた。カジノ誘致ははグウの音も出まい。

市長面会行動終了後、市民団体は関内駅前で抗議集会を再度開いた。200名ほど集まったそうだ。

共産党の古谷市議、立憲の真山参院議員の姿もあった。横浜市職労の組合員もスピーチしたそうだ。れいわの大西つねきさんは最初の抗議活動の時にいらしたそうだ。選管に「住民投票」「リコール」についての諸手続きを聞きにきたらしい。

神奈川県庁では立憲神奈川の国会議員が「カジノ誘致抗議」記者会見をしていた。その場に立憲横浜市議の姿はない。

林市長を応援した立憲参院議員の牧山ひろえさんはTwitterで「林市長に抗議」と投稿していた。夜になると横浜市議たちが「反対」「抗議」のtweetをし始めた。だけど、言うだけならなんとでも言えるよ。

立憲神奈川は林を応援したのだから、責任は重い。先頭に立って林市長を辞めさせ、カジノを阻止しなければならない。(でも、やらないだろうな)。

22日夜のニュースはどこも市民の抗議活動を放送した。ニュース23は抗議文を読む市民3名の姿も流した。

追記:25日のTBS報道特集では記者会見後、林市長がくもりガラスの向こうで資料をぶん投げる姿が捉えられていた。資料は部下たちが拾い集めるんだよね。こんなパワハラ市長じゃ職員は「市民が面会を求めてます」なんて言えないわ。



思った以上に時間がかかって、疲れた。途中から抗議行動に夫も来たので、夕食は外食にすることにした。

中華街まで行こうか、と中華街。テレ東「アド街っく」で紹介していた「龍鳳酒家」の蟹チャーハン食べたいね、とお店に行ったら、空いていてすぐに入れた。ラッキー!

クリックすると元のサイズで表示します
念願の渡蟹のチャーハン。美味しゅうございました。1,100円。(二人で食べた)。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ