2019/10/12

台風襲来  生活

最大級の台風19号が近づいている。

私が生きてきた中で出会った最大の台風だと思う。
(洞爺丸台風や狩野川台風は記憶にないし、伊勢湾台風、第二室戸台風は私の住んでいた地域には影響がなかった)

私が経験したい一番怖かった台風は1967年の台風。秩父神社の社殿前の大銀杏が折れて社殿を壊した。あの晩は風が強くてよく眠れなかった。近くの老朽化した家屋のトタン屋根が飛んできそうで恐ろしかった。

次に恐ろしかったのは1993年夏。妙高高原でキャンプ中という特殊な状況だったから、もろに自然の脅威にさらされた。幸い直撃ではなかったのと猛スピードで通過したので助かった。

今回は最大級ということもあり、テレビでも様々な情報を提供してくれている。

いつものように植木鉢を家の中に入れた。幾つかの鉢は処分した。物干し竿も入れた。

風が強く当たりそうなガラス窓ガラス戸2枚には段ボールを貼った。サッシの溝には新聞紙を詰めた。

10日の段階で必要なものは買い揃えた。養生テープもたくさんあった。サトウのご飯も買ってきた。
それ以外は普段から災害用の備蓄品は用意してるので特に買い足すものはなかった。

懐中電灯や、手回し充電&ラジオ&ライト、ポケットラジオ、ソーラー充電器も点検した。ちゃんと使えた。早めにシャワーを浴びて、風呂に水を貯めた。ご飯も炊いた。調理できるものは調理した。保冷剤もあるだけ冷凍庫に入れた。災害アドバイザーが、冷蔵庫は「強」にして冷やすと助言していたので、設定を「強」にした。

今はもっぱら台風情報を見ている。横浜市や港北区からの防災情報もスマホに届く。

12日午後2時現在、鶴見川は新横浜遊水池に水を入れ始めている。駐車場や人工芝サッカーコートが水没した最高水位を今回超えるかもしれない。そこが溢れ、堤防を越えて民家の方へ流れてきたら、最悪だ。

どうか遊水池頑張って!!

まだ風はそれほどでもないが、さらに接近して暴風になったら、近くの樹木が倒れないか心配だ。昨年21号、今年15号で近くのプラタナスが合計3本倒れた、、大きな枝が折れたりした。

どうか樹木が倒れませんように。電柱が倒れませんように。ガラス窓ガラス戸が割れませんように。

停電になりませんように。

それにしても、15号の時にこれくらいの情報提供、注意喚起が行われていたら、あんなに屋根が飛ばなかったろう。給水やガソリンスタンドに行列ももっと少なくて済んだのではないが。農家の被害もそうだ。横浜の工業団地ももっと自衛したと思う。

あの頃テレビはもっぱら内閣組閣、嫌韓だった。

10日夜ニュースウォッチは、トップニュースが小泉進次郎のどアップだった。もう千葉からは悲鳴のようなSOSが発せられていたのに。ほとんど無視された。深刻な被害の報道がされ始めたのは11日以後だ。

私は怒りのあまりNHK意見箱に怒りのメールをした。

この件で報道機関の危機感のなさ、後手後手の報道について、謝ったのは私の知る限り、TBS報道特集だけだ。

安倍政権は国民の災害について冷たい。関東の大雪、広島土砂災害、熊本地震(オスプレイのデモンストレーションまで)、昨年の中国四国大水害、今回のp15号災害について、徹底的に無関心だ。天ぷらやゴルフ、飲み会優先だ。

今回の千葉の台風災害には被災地訪問すらしない。安倍は国民の生活には関心がない。最近はそれを隠そうともしない。居直っている。

話がズレてきたけど、自助努力だけでは災害には耐えられない。そのために行政があり、政治が必要なのだ。税金を取られる意味がない。

どうか被害が少なくて済みますように。福島原発に何事もありませんように。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ