2020/6/30

道路陥没6/12、6/30  生活

6月12日、港北区の環状2号線、横浜市バス港北車庫付近で道路陥没事故があった。



東急新線のトンネル工事の影響ではないか、と言われている。日吉〜新横浜(更に相鉄線と繋がる)を結ぶ新線で、全部地下を通る。

今日30日、また道路陥没事故が起きた。ヘリコプターのホバリング音が聞こえる。



12日の陥没場所より300メートルほど鶴見寄りだ。

この先、トンネルは環状2号線を離れて住宅街に入り、大倉山駅へ至る。

住宅街の人々は不安だろう。説明会でもかなり疑問や不安の声があったという。それでも、建物の傾きやヒビの心配だったと思う。この陥没が次々連鎖して行ったら、住宅だって沈みかねない。と、思うのは素人考えかな。

原因究明の委員会が開かれた。



そこでは「何らかの原因でできた空洞がもともとあったから」との見解が出されたという。そんな簡単なことだろうか。

もともと鶴見川の氾濫原で軟弱地盤だ。工事ではそれは十分考慮されたはず。それでも次々陥没が起きてるということは、調査が不十分なまま工事が始まったのではないか。

土壌だけでなく、地下水も気になる。

この付近は首都高横浜北線が通っていて、以前今回2か所の陥没事故のすぐ近く、ドンキホーテ・神奈川税務署付近でやはり陥没があった。

綱島から鶴見川の下を通るトンネル工事もなかなか大変だったと聞いている。

東横線と新横浜駅を結ぶのは東急の悲願、相鉄線と新横浜駅、更に都心に繋がる東急線(目黒線)とつなげるのは相鉄の悲願。だから早くに完成させたいだろうが、拙速はダメだ。

安全を何より重視し、原因の徹底究明をしてほしいと思っている。
0

2020/6/29

花屋さん  季節

花屋さんの店先。

クリックすると元のサイズで表示します

もうキキョウの苗が出ている。桔梗は秋の花ではないのか?秋の七草のはず。

手前には向日葵じゃないけど、向日葵に似た花。

近くには紫陽花の苗もある。

みんな夏の花?

季節がわからなくなる。

花屋にはいかにも夏の花!という鉢植えもある。

ハイビスカスやブーゲンビリアだ。ハワイやグアムの花だったのにね。今の首都圏なら十分育てられる。

来年はハイビスカスでも育ててみようかな。



0

2020/6/28

滑らない靴  生活

靴には苦労している。

外反母趾だし、巻き爪になるし、ウオの目もある。幅広3Eなのに甲が薄い(低い)。その上最近の筋力の低下。

靴が合わないと歩くのが辛い。

昔はヒールのある靴も、多少足に合わなくても強引に歩いていた。

40代になると、おしゃれ靴は菊池武夫やRIZComfortなどの外反母趾用の靴だった。

今はそれすら辛くて、スニーカーかウォーキングシューズばかりになる。

ウォーキングシューズは割引券があったのでアシックス製品を購入していた。

その中でもSTATUSが履きやすかったのだが、製造中止になってしまった。仕方ないので同じウォーキングシューズのPEDALAにした。

同じアシックス製品で、ウォーキングシューズなのに、これが全然足に合わない。歩きにくい。靴ズレして、巻き爪も悪化させた。やたら足が疲れる。STATUSよりお洒落デザインだからかな。

アシックスの普通のスニーカーは大丈夫。(スニーカーなら何でも良いわけでなく、adidasでも合わなかったことがある)
私の足は難しい。

筋力低下で心配なのは滑ったり、転んだりすること。特に雨の日は怖い。
(アスファルトはいいのよ、摩擦が大きいから。怖いのは洒落た歩道、駅構内など)

がっ、滑りにくい靴があるというではないか!

※※※※※※※※※
そんな「ワークマン」が取り扱うアイテムのなかで、前代未聞の大ヒット商品となっているのがスリッポン式のシューズ「CB400 ファイングリップシューズ」。こちらが「滑らない靴」として人気なのだとか。
※※※※※※※※※

近くのトレッサ横浜に「ワークマンプラス」が開店するいうので、早速行った。昨年秋のことだ。

白と黒があり、とりあえず黒を買ってみた。

これ、とても良いです!

何と1900円!!

アシックスの靴も菊池武夫の靴も1万円以上、2万円近くする。それでも価格には代えられないと購入してきたのだ。しかーし、CB400ファイングリップシューズは1/10の値段。

クリックすると元のサイズで表示します

毎日履いてる。滑らないというのがどれほど安心か。いろいろ難しい私の足でも問題ない。靴ずれもない。

白のシューズも欲しかったが、トレッサが例のジム利用者コロナ感染で休業、その後の緊急事態宣言で休館になってしまった。

先週26日、1月以来かな、ようやくトレッサに行ってきた。

白のファイングリップシューズはなくて、キャメル色だったが、購入。

クリックすると元のサイズで表示します

普段の生活にはもう他のウォーキングシューズはいらない。

(いや、スニーカーはウォーキング用には必要かな)
0

2020/6/27

エプロンができた  生活

孫たちのエプロン・三角巾が7セット完成した。

疲れました。

でも、生きがいだから。

ウチに泊まりにきた孫の今年年少さん

夜中に目が覚めて、キョトン、不安そうに周りを見回す。「ばあばはここだよ」と声をかけるとタタっと寄ってくる。そして身体をスリスリ寄せ付けながら眠った。寝返りする時も私を何度も確かめるように小さな身体を寄せてくる。

何なの、この絶対的信頼感。こちらは感激で涙が出そうだ。可愛い💕❤

「ばあばはどうして歩くのが遅いの?」と聞いてくるので、「筋肉の病気なんだよ」と言うと

「ぼく、おおきなったら(大きくなったら)、ばあばをお手伝いしてあげる」

(大泣き)

メガネを外すと、パッと走って行ってメガネケースを取ってくる。優しい。気が利く。

小学生の孫達も一人は折り紙や絵を「私に」とプレゼントしてくれる。もう一人は「美味しい卵焼きを作ってあげる」と言う。私が作ったチュニックやトレーナーを毎日のように着ていくそうだ。

夫のことも大好き。幼稚園児は絵本を持って「読んで」と夫の胡座の中にちょこんと座る。ちょうど良い具合に収まる。

何かにつけて「じいじの家に行きたいな」と言う。何にもうるさいことを言わず、やりたいようにさせているからね。

みんな学校や幼稚園が始まると、ウチに泊まりにくるのも難しくなるね。

コロナ禍で、そうでなくても過密日程だ。夏休みも短い。

夏休みには虫取りや、キャンプや磯遊び、プールにも連れて行きたかったが、無理っぽい。

本当に今の子ども達、大学受験生まで気の毒でならない。

ま、とにかく、じいちゃんばあちゃんは、あなた達の信頼に全力で応えるよ(と言っても私はヨロヨロ)。
0

2020/6/24

花シリーズ  季節

紫陽花が盛りの頃、茎を伸ばし大きな花をつける花。近所の庭に咲く。

クリックすると元のサイズで表示します
アガパンサス。

ネギ坊主のような、ニラの花のような花。ここ10年くらいでよく見るようになった。大きな花で目立つ。

そして
クリックすると元のサイズで表示します
へメロカリス

この花の名は夫に花アプリで調べてもらった。何度聞いても名前を覚えない。新しく知った花の名前、特にカタカナ名は絶望的に覚えない。

このヘメロカリスはニッコウキスゲやノカンゾウの仲間だそうだ。

ニッコウキスゲといえば尾瀬。

最近テレビで「絶景」なんとかいう番組で尾瀬を特集していた。いま、尾瀬は鹿の🦌食害でニッコウキスゲが減ってしまっているそうだ。大江湿原のあたりで、柵を設けてニッコウキスゲを鹿から保護しているとのこと。

ニッコウキスゲの季節の尾瀬には2回行った。50年近く前だからその頃の尾瀬沼周囲はニッコウキスゲが咲き乱れて、それはそれは美しかった。

2度目が20数年前、この時もニッコウキスゲがきれいだった。

もう尾瀬に行くことはないなあ。霧ヶ峰ならまだニッコウキスゲを見に行くことはできるかもしれない。

若い頃、尾瀬の燧ヶ岳や上高地西穂高独標に行っておいてよかった。あの時見た風景は一生忘れない。
0

2020/6/23

エプロン縫い  生活

3月以来、休校が続いた学校もようやく平常に戻りつつある。

給食も来週から始まるようだ。

「新しい生活様式」とやらで、給食当番の白衣は順番に皆が使うのではなく、各自でエプロンを用意することのなったそうだ。

それで、娘から、というより、孫から「エプロン作って」と依頼が来た。

売っているものの方が絶対に上手にできているし可愛いし、安いと思う。

でも「ばあばが作ってくれたのがいい」と言われたら引き受けないわけにはいかない。

で、孫と布を買いに行った。手芸屋さんは思ったより混んでました。相変わらずゴム紐や、白・生成りのミシン糸太巻は在庫なしだ。つまりマスク手作りがそれだけ必要とされた。

レジに布を持って行ってびっくり、高かった。良質な布だったのね。
パターンを起こして、布に印をつけ、裁って、縫い始める。

汚れが目立たないように濃い色でと娘の指示があり、孫は黒っぽい布を選んだ。

これが老眼にはキツかった。

しかも私は半分ボケてるから、左右対称を間違えて右を二つ作ってしまったり、裏表間違えたり紐をねじってつけてしまったり、何度も失敗。黒い糸の縫い目をほどすのはむずかしいのよ。

エプロンと三角巾のセットを1組作ってやれやれと思ったら、替えの分も必要、下の子の分も必要と言われた。さらに本来必要でない幼稚園児も同じエプロンがないと悲しむから作ってくれとのこと。

つまり、あと4セット必要なのである。

布を買い足して、更に縫った。2セットを縫って渡した。

根を詰めすぎた。肩こりと目の疲れで神経痛が起きた。ビシッと痛みが首に走る。

でもエプロンと三角巾をつけた孫の写真を送ってもらったら、何とも嬉しそうで、こりゃ頑張らずにはいられない。

ババ馬鹿丸出しだが、ボケ防止&生きがいですね。あと何年こんなことができるかな。

そのうち、ばあばの作ったのははダサいから要らないと言われそうだね。
0

2020/6/20

クチナシの花  季節

花シリーズ

どこからともなく甘い匂いが漂ってくる。これはクチナシ!

クリックすると元のサイズで表示します

これは八重のクチナシ。この種類は実がつかないそうだ。

きんとんなどの色つけに使うクチナシの実は一重のクチナシのものとのこと。花について調べると色々なことを教えてもらえる。

香りの花、沈丁花、クチナシ、次は金木犀。

金木犀が匂う頃は夏の終わりというか、秋。あぁ1年が過ぎるのは早いなあ。と、気の早い話。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ