2020/9/7

今日の東京新聞  政治

今日の東京新聞4面「考える広場」は

「フェミニズムの過去・現在・未来」だった。

紙面にあるのは

クリックすると元のサイズで表示します

田中美津さん「『かくあるべし』」を捨てる」
70年代ウーマンリブをけん引した人。「いのちの女たちへ―とり乱しウーマンリブ論」は当時必読書だった。

社会学者・伊藤公雄さん「男性主導行き詰まる」

伊藤さんの話の中で「へぇ」と思ったのは「70年代女性運動」で法律的にも労働参加の点でも日本は進んでいたということ。だが70年代以降の世界的な労働時間短縮の中で、日本は長時間労働&性別役割分業と非正規雇用の拡大政策のために、女性の社会的地位は先進各国の大きく後れを取ったという。

作家・山内マリコさん「SNSで社会運動へ」

結婚を前にして「みじめなものだ」と考えるようになった。

「(前略)フェミニズムの本を読むようになりました。するとそれまでぼんやりしていた世界が、視力5.0並みにはっきり見えてきたんです。結婚によって女性は自分の人生のハンドルを握れなくなる」

そしてこの指摘。
「私は長いこと、母や、声を上げてきた女性たちの偉業や功績の上にあぐらをかいていたわけです。なぜそんな大事なことを知らずに生きてきたのかと思いますが、わたしが十代の頃は、普通の読者が手に取るような本ではフェミニズムにアクセスできなかった」

70年代ウーマンリブが80年生まれの山内さんには見えなかった。考えてみれば、大正期「新しい女」も戦争で中断させられた。ウーマンリブは決して「新しい女」の継承ではなかった。同じ課題を抱えていたとしても。

80年代〜90年代は田島陽子さんや「アグネス論争」など、いつしかフェミニズムを叩いたり揶揄することがメディアの主流になっていた。

ウーマンリブに共感していた女性たちも子育て段階になって離れざるを得なくなった。仕事を続けることは当時難しかった。

「男女共同参画」「均等法」が一つの成果とは思うけれど。

田島陽子さんについては、最近のインタビューがこのtweetの下の方にリンクされている。



教えられることが多い。母との葛藤は団塊の世代の女性が抱えていた問題だと思う。

彼女は46歳で、「自分らしく生きる」選択ができたという。

「やっぱり苦しかったからね。苦しいってことは屈辱的じゃない。苦しさの中には得体の知れない鬼がいて、その鬼が自分を苦しめているわけでしょ。その鬼の正体を私は見たかった。

たまたま私は一生懸命勉強してたから、抑圧のこと、フェミニズムのことを勉強して、その鬼の正体が私の場合「女らしさ」であり、その背後にある「性別役割分業」であり、さらにその後ろにある男優位の世界だった。だから、勉強をしていかないと、自分で自分の謎を解いていくことはできないよね。」


そして、昨日、あるtweetで70年代ウーマンリブと2010年代#MeToo運動でため息をつきたくなるような共通点を知った。

70年代ウーマンリブは当時の学生運動における性差別を発端に起きた。女性差別、抑圧を鋭く告発したのがウーマンリブだった。これ、あまり知られてないのかな。

今はリベラルじじいはミソジニスト、男尊女卑はかなり知れ渡ってるけど、若い世代でもそうなんだとは衝撃。



この連ツイ、特にアンケートの自由記述はショックを受けた。女性たちがこんな被害を受けていたなんて。

でもこういうことを問題にしていこうという若い世代がいるのは頼もしいと思ったし、応援していきたい。

しかしなぁ、昔からずっと重い課題のままだ。
0

2020/9/5


マリノスは川崎に1−3で敗れた。

川崎フロンターレは強すぎるよ。

大量得点で完勝するんだもの。もう優勝は決まったも同然。

こんなに強いと面白くないね。

マリノスは前節、神戸に1−3で勝っていたのに、追いつかれた。

もう〜悔しかった。

今日の試合といい、先行しても追いつかれるというのはよくない。マリノスの美学1−0で勝つ強さを取り戻してほしい。

でも、今日の負けは、水曜日に札幌で試合があったという不利な面があったので、しょうがない面もある。

水曜日のルヴァン杯は試合を見ることができなかった。DAZNでは中継がなかった。

ネットでPK戦という文字を見たときは今年のゼロックスの悪夢を思い出してハラハラだった。恐る恐る結果を見ると、朴選手が札幌の5人目を止めてくれた。マリノスは準決勝へ。

ということはマリノスの強行日程は続く。

今の中途半端な戦いぶりで今後どう乗り切っていくのか、心配だ。

ま、これから涼しくなるので、疲れを早めにとって、体調を整えて試合に臨んでください。

期待してます。スタジアムには行けないけれど。

そういや、今日大型画面に「メルコ」のCM大使大坂なおみ選手のメッセージが流れたそうだ。大坂選手は応援してるけど、メルコはだめよ。

メルコがマリノスを応援するのは辛い。マリノスも大坂選手も素直に応援できないじゃないか。
0

2020/9/3

誕生日だって  映画

昨日9月2日は俳優キアヌ・リーブスの誕生日だったそうだ。



シャーリーズ・セロンからのメッセージ。素敵な二人。

二人は何度か共演したことがあるそうだ。

キアヌと言えば、「良い人エピソード」



こんなページにまとめられてもいる。
「キアヌ・リーブス、めっちゃイイやつ!大スターなのに、庶民的、そんな素顔に迫る」

https://eiga.com/extra/celeb/31/

昨年の9月6日には「豊島美術館」を訪れてた。



瀬戸内国際芸術祭2019が開かれていた。ハリウッドの大スターがこんな島に来るなんてびっくりだ。

こんなtweetも見た。



エピソードを知れば知るほど、こんな人がいるんだなぁとただただ尊敬する。

でもキアヌの映画は「マトリックス」しか見に行ったことがない。

この映画は衝撃的だったなぁ。1999年。ということはもう20年。え〜もうそんなに経つの!

テレビ放映で「スピード」を何回か見た。

ヒット作はもっとたくさんあるので、見ないといけないのだが、アクションものは苦手なので、つい見逃す。

かといって、ロマンチックな作品はキアヌにあまり合わないような気がして、見に行っていない。

今後は「ジョンウィック」シリーズだけなのかなぁ。

0

2020/9/2

山下公園  旅・散歩

家にずっといるのが苦手な夫は、横浜散歩。

山下公園から横浜港。
クリックすると元のサイズで表示します

やはり人影は少なかったそうだ。

でもこの炎天下、よく出かける気になるなぁと言うのが私の感想。

私は引きこもりでも苦ではない。インドア人間とつくづく思う。

ま、この日は暑くて、夫も早々帰ってきましたけど。

そうそう、この山下公園のすぐ右脇にカジノを作ろうってのが横浜の企み。菅が総理になったら、辺野古と同じようにゴリ押しするだろう。カジノ阻止を頑張らないと将来に禍根を残す。
0

2020/9/1

CD予約した  音楽

こんなtweetを読んだ。



実は、7月のうちにこのCD予約しました。9月初めに届くはず。

題名の「Selige Stunde」は最初日本語訳がなかったので、辞書で調べたら「ハッピーアワー」だった。つまり「至福のとき」なんだね。

ドヴォルザークの「母の教え給いし歌」やブラームスの「子守歌」(これは別のCDに入っているのを持ってるけど)などが入っている。楽しみ。

カウフマンさんはMETのネット番組の後も精力的にコンサートを開いていらっしゃるようだ。

ナポリ・サンカルロ劇場 コンサート形式の「アイーダ」。

アムネリスとの緊迫感あふれるやり取り。



アムネリス役の(なかなか名前が覚えられない)ラチヴェリシヴィリさんは同じこの役をウィーンで聴いたけどもう素ん晴らしかった。当代随一じゃない?

(追記:YouTubeに全編の音源がっていたので聴いた(長いので途中居眠りしてしまった)。「アイーダとラダメスの密会からラダメスが捕らえられるまで」はCD(パッパーノ指揮)と比べると、精彩がないように思えた。が、上の動画のアムネリスとの丁々発止、ラチヴェリシヴィリさんがもう声質も声量も演技もぐいぐい押してくるので、カウフマンもギアが入った感じ。レベルの高い迫力ある歌唱が聴けた)。

ついで、「グラーフェネック音楽祭」ウィーン在住「はっぱさん」の批評。



最初
「何だか音程がとても不安定で
ロングトーンは流石にちゃんと当たるけれど
細かい音符で上に飛ぶと、ちょっと下にずれる」

が、本来拍手が入らない箇所で、聴衆が大拍手を送ってしまったらしい。すると

「カウフマンは、この聴衆からの拍手の後に
突然の変化を遂げた。」

〜大豆より:↑ ↑ 無観客の月曜コンサート「詩人の恋」を歌った時「聴衆なしの音楽はありえない」みたいなことを言ってましたしね〜

その後は素晴らしかったそうです。リンクの文章を読んで下さい。

「音楽的フレーズと、ドイツ語のテキストの繋がりを
きっちり把握して、息継ぎしてくるので
音楽と言葉の滑らかさと一貫性が素晴らしい。」

「後半の鬼気迫る集中力と迫力と
役そのものになりきったようなカウフマンと
カウフマンに集中して、ぴったり合わせたドイチュの
ピアノの素晴らしさで
いや、ちょっと参った。
カウフマンを今まで見損なっていたかもしれない。」

という批評を読むと嬉しい。

ジュネーブやブタペスト、リュブリャナでもコンサートがあり、動画が上がっている。

オペラはまだできないが、野外コンサートを中心に精力的に活動している。欧州のファンはいいなぁ。

当分極東の島国のファンは映像で楽しむしかなさそうだ。

10月30日には映画館で「ウィーンコンサート」が上映される。

https://gaga.ne.jp/jonaskaufmann/

横浜だと「kino cinemaみなとみらい」らしい。

これも楽しみ。1日だけだから、体調に気を付けないといけないな。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ