2020/10/20

読書  本・文学

老眼のせいか、手仕事ばかりやっているせいか、スマホばかり見ているせいか、とにかく読書量が激減している。

そんなわずかな読書量なんだけど、最近読んだ本3冊について書きます。

昨日、薄い本だったので村上春樹「猫を捨てに」を読んだ。

春樹は「海辺のカフカ」以来だ。もう長編小説を読むのは無理なのだ。

それと春樹は「ノルウェイの森」や「ダンスダンスダンス」で、「何だよー💢」と怒ったことがあり、あまり好きでないのね。

でも短編小説は、うまいなぁ、文章がいいなぁと思うことがあって短編なら読もうという気になる。

この本は挿絵が沢山あって、児童文学のような体裁だが、内容は全然違う。

村上春樹の父親の話だ。

やはり戦争に関わる話は強烈だ。私たちの父親はこういう地獄を見てきたのだと改めて思った。筆致は冷静、淡々と調べた事実や思い出を記述していく。

文学者の文章には酔うというか、かき立てるイメージや感情が芳潤でうっとりするようなことがあるものだが、そういう感傷は全く入らない。簡潔明瞭な文章で、でも余韻は残る。

2冊目。
今年の夏、ふと朝吹真理子「きことわ」を読んでなかったな、と思い、図書館で借りて読んだ。

これはまさに文章とイメージに酔う作品ですね。大好きと思った。葉山が舞台なのもイメージしやすかった。

その他の作品も読みたいと思った。

3冊目。
ブレイデイみかこ「ワイルドサイドをほっつき歩け ー ハマータウンのおっさんたち」を読んだ。

ブレイデイさんの著書を読むのは「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」「女たちのテロル」に続いて3作目。

確かにおっさんの話ばかり。

ブレイデイさん周囲のベビーブーマー世代は「NHS」(国民健康保険サービス)への思い入れが強いんだな。

彼らの中でEU離脱すればNHSにもっとお金が回るという話を信じ離脱派になり、結果イギリスはEU離脱。しかし結局お金はNHSには回らず期待は裏切られたという話がある。知らなかった。

もちろん彼らはサッチャー主義は大嫌い。

イギリス労働者階級だから移民への反感が強いのかと思えば、理不尽な差別には怒り彼らを守ろうとする。人としての公平さがある。

それと面白かったのが、最近おっさんたちもビールよりスパークリングワインを飲むようになっている話。健康志向のようだ。

ブレイディさんな話はいつも面白いし、多角的な見方を教えてくれると思う。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ