2020/11/19

紅葉  季節

今年は台風が関東地方に襲来しなかったせいか、紅葉がきれいな気がする。

ご近所のナンキンハゼの葉っぱが真っ赤できれいだ。
クリックすると元のサイズで表示します

葉っぱの赤と白い実。

下を見るとナンキンハゼ、桜など色とりどりの落葉。
クリックすると元のサイズで表示します

週末の連休が首都圏の紅葉の見頃🍁だろうけど、コロナ感染拡大で、外出も控えないと。

しかし政府や地方自治体から出るのが「マスク会食」じゃ情けないっていうか、

怒り心頭💢だよ。

政府や神奈川県、横浜市に殺されそうだ。
0

2020/11/18

いい写真だ  サッカー(マリノス)

14日のマリノス対レッズ、ホーム最終戦はマリノスが6ー2で大勝した。

水沼選手が大活躍した。クロスの質の高さにはいつも感嘆する。

そしてこのtweet



良い写真だ。Jリーグの歴史を感じる。

水沼選手は日産スタジアムでヒーローインタビューのお立ち台に立つのが夢だったそうだ。

水沼パパも嬉しいね。

水沼というと、幸吉監督時代、2009年9月6日川崎戦。飯倉が退場になってGKをさせられた時のことを思い出す。

松田直樹選手が以前もGKをやったことがあるからGKユニを着ようとしたら、ベンチから水沼にやらせろと指示が出た。つまり水沼は攻撃に参加できない。フィールドプレイヤーとして屈辱だったと思う。

→ 2009 年9月6日「荒れます」
https://blue.ap.teacup.com/applet/daizufengtien/20090906/archive

試合の後、水沼選手は泣いていた。

でも、あれから11年、こういう日が来るのだから、人生、希望を持ち続けるべきよね。
0

2020/11/16

届いた  音楽

クリスマスソングのCD、今日届いたよ。
クリックすると元のサイズで表示します

今、聴いてます。

急に年末感が。

今年1年早かったなー、なんて。

オペラ歌手のクリスマスソングは、賛美歌っぽいのや伝統的な歌はすてき。

でも明るいポピュラーソングはちょっと重いかな(特に英語の歌)。もともと声質も暗いトーンだし。 

PCやスマホを替えたので、今CDを全部PCに取り込んでiPhoneに入れてる。

これからはiTunesで曲を買って、CDをやめようかなと考え始めている。CDもかなり棚を占拠してるし、私たちがいなくなったら処分に困るだろう(いや、私たちが処分すべきなのだろう)。

もう、モノは増やさないようにしないと。

CD&ダブルカセットプレイヤーももう不要だな。これも処分しよう。

(新しいCDが来たのに、断捨離を考えるなんて、年末&老後だなとしみじみ)
0

2020/11/15

こんなのに税金使うな  政治

今朝の新聞折り込みに「広報よこはま」が入ってた。
クリックすると元のサイズで表示します

3,000万円かかってるって。税金だよ。

しかも嘘ばっかり。

全部、根拠がないって批判され尽くしてることを恥ずかしげもなく書いてる。

シンガポールのカジノ施設が成功してるって、シンガポール都市国家・管理国家という特殊事情があってこそ、であって、横浜には当てはまらない。日本国民客か7〜8割と横浜市も認めてる。

こういう誤魔化しばかり。

頭にきたのは「住みやすい都市のベストテンに入ってるウィーンやメルボルンにもカジノがある」。これはなんだよ💢

カジノがあるから住みやすいんじゃない。

社会福祉、物価、交通網、文化施設、治安、教育、医療、環境、多文化共生、全部整っての住みやすさじゃないか。横浜はそれらを全部比較してみろよ。

せめてウィーン並みの住みやすい都市になってから、カジノのことを言え。
 
しかもウィーン市内のカジノはIRじゃないし。社交場としての歴史も全然違う。

こういう詭弁ばかりなのは安倍政権から引き継いでる。維新をはじめとした地方自治体も同じ詭弁だらけ。

「税収が減るからカジノ」も使い古された、いわゆる論破された言い分。

この広報チラシ、経済効果を図で示してるけど、数字が入っていない。コロナ後の試算をしてないのだ。抽象的で、まあ願望と言ってもよいシロモノだ。

横浜市って言うことが矛盾だらけだ。

税収が足りないのに豪華市庁舎(しかも部屋が足りない)、オペラに花博にテーマパーク、市庁舎、教育文化センターの安値売却。日本で2番目に高い市長報酬。

中学給食もない、図書館も少ない、児童館もない、子どもの医療費無料になるのも遅かった。公園整備も後回し。

林市長は市民の暮らしには関心がない。「観光」「観光」、箱モノ

コロナによる医療危機にも関心が薄く、新聞記事に出るのはセレモニーばかり。

気に入らないことにはパワハラ。カジノ誘致記者会見の後の書類ぶん投げだけでなく、市議会での厳しい質問にも逆ギレして「もう答えません」。

でも、こういう広報に騙される人もいるんだろうな。あー腹が立つ。
0

2020/11/8

バイデン勝利!  政治

アメリカ大統領選挙は民主党のジョー・バイデン氏が勝利した。副大統領は女性・アジア系・ジャマイカ系のカマラ・ハリス氏だ。

全米各地で喜びを爆発させる人々が羨ましいよー!



CNNキャスターヴァン・ジョーンズさんの言葉



そしてカマラ・ハリス氏の言葉



アメリカには問題も多いが、こういうところは羨ましい。

日本も少女たちにこう言える政治でありたい。。
0

2020/11/8

性差の日本史  展覧会

話題の国立歴史民俗博物館「性差(ジェンダー)の日本史」展に行って来た。

クリックすると元のサイズで表示します

予約制で時間指定される。入場の際には体温測定、アルコール測定、簡単な個人情報の記入をする。

土曜日だったせいか、第一駐車場は満車、展覧会もますます混んでいた。

以下、図録も見ず、記憶と印象だけで書いてるので誤りも多いかもしれない。ご容赦。

(正しい内容は国立歴史民俗博物館のHPなどで確認してください」

クリックすると元のサイズで表示します

***
入るとすぐ埴輪の列。働く男女や馬の埴輪だ。当時の機織りについて詳しい説明があったら。

日本歴史の最初に出てくる女性と言えば卑弥呼。女性首長は当時珍しくなかったそうだ。古墳から埋葬者として女性の骨が出てくるという。

祭りの場でも男女ともに食を共にし、農作業などでも男女共同作業だった。

東アジアの緊張が高まるにつれ、武力が必要とされ次第に男性が力を持っていく。律令制度、封建制度が整うたび、女性の地位は下降していく。

それでも院政時代は女院が力を持ち、政治的に動いていた、鎌倉時代は政子だけでなく、女性にも力があった。女地頭、相続権もあった。

様々な文書や絵図、資料で当時の女性の姿を展示していた。

絵図に描かれた女性たちを取り出しての説明もある。その女性たちを絵図の中から探すのは「ウォーリーをさがせ」のようだった。

餓鬼草紙に描かれた「商売で成功したために大いに食べ、太り過ぎて一人では歩けない女性の姿」は笑えた。

だんだん差別が固定していくのは江戸時代→明治時代。

展示室Bには、売買春の特集だった。かつて遊女は自分で店を持ち営業していた。それが、遊郭に閉じ込められるようになる。

江戸時代、三井のような大店は番頭手代他、独身男性を多く抱えていた。そのため、遊郭と契約して性の管理をしていた。

明治になると軍隊が置かれるところには必ず遊郭が作られるようになった。

遊女たちは借金に縛られ、待遇は悲惨だった。遊女たちの抵抗(遊郭への放火)も紹介されていた。

明治になり、諸外国から人身売買、売買春を批判されると、政府は遊女たちを解放した。諸外国からの圧力がないと「人権」を考えることすらしないのは、今も同じだ。

遊郭経営者は場所を提供するだけ、となる。解放され家に帰ったところで彼女たちに生活の手段はない。結局売春するしかなくなるが、それは女性たちの選択となる。

なんかね、従軍慰安婦は商売でやっていた、「商売女」と罵るのに繋がってるなぁと思った。(まして従軍慰安婦は個人の意思なんがじゃないし)

女性の権利というと、樋口一葉与謝野晶子など女性文学者、青踏社、女性参政権の話が展示されるかと思ったら、それは全然なくて、沖縄出身の音楽家、社会福祉に尽くした女性の紹介だった。企画者の視点なんだろうと思った。

時代が下るにつれ、女性の地位が下がり差別が酷くなるが、それは歴史的に形成された、人為的なものとよくわかった。

日本は女性の地位が世界121位。到底先進国とは言えない。自民党政権下では、この改善はなかなか難しいし、リベラルの社会運動でも女性差別が普通にある(無自覚なのがまた始末に悪い)。

でも、21世紀、ドイツ、ニュージーランド、台湾、フィンランド等、政治指導者の目覚ましい活躍もある。様々な分野でトップに立つ女性も多い。

この展覧会、娘たちが最初に行くと言い出した。ジェンダー問題には敏感。社会で働いていると、理不尽だと思うことにも遭遇するのだろう。

それで、私と夫も行く気になり、久しぶり娘たちと一緒に車で行った。

車中、娘たちと話をしてると、娘たちが小さい頃一緒に経験したことが娘たちの今の生活にもつながっていることがわかって、感慨深かった。だって、散歩の途中、ノビルを見つけて掘ってきて食べた、なんて言うのだもの。

展覧会も車中も楽しかった。

0

2020/11/7

閉店  旅・散歩

時間があると鎌倉へ行く夫。

今回は時々寄っていた雑貨?文房具?おもちゃ?屋さんの「くろぬま」が閉店と聞いて、行ってきた。

店主は80代のおじいさんで、世間話をしながら孫へのお土産として昔ながらのおもちゃを買ったりしていたのだ。

その店主が9月中旬に急死されたとのこと。

閉店することはTwitterで知った。

店内の商品は売れて、かなり少なくなっていたとのこと。

また一つ、好きな店がなくなってしまったとがっかりしていた。
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ