2020/12/31

2020年の振り返り  生活

大晦日だ。

何年振りかで、娘一家が来ない大晦日。なのでとても静かだ。

クリックすると元のサイズで表示します
今年最後の夕日。鶴見川土手から富士山と日産スタジアム。

昨年の大晦日の記事を見ると、「安倍政権を退陣させられなかった」と書いてある。

今年安倍は退陣したが、次が菅じゃもっとひどい。ただ安倍の3次政権はほぼなくなった。それだけはよかった。

でも菅政権誕生時の高支持率、あれは信じられなかった。いくらメディが盛り上げたといったって、常識があれば支持できるはずがない。つまり民度が一段と低くなったということ。

twitterを見ると、「1年が短かった」という感想が多い。年寄りばかりでなく若い人も言っている。つまり今年はそれだけ異例の年だったということ。

コロナ禍の1年だった。自民党政権は無能だった。自治体首長の人気投票ではトップの吉村、小池、鈴木は無能無策、というより有害だった。

さて、例年通りの振り返り。

@映画は1本のみ。「ストーリー・オブ・マイライフ 若草物語」。コンサート映画を1本つまり、映画館には2回しか行かなかった。

(追記:勘違いしていたが、「パラサイト」と「幸福路のチー」を見たのは2020年だった。なので、また映画本数はプラス2本。映画館に行ったのは4回ということになる。劇映画3本、それぞれ優れた映画だったが、私の好みで言うとベストは「幸福路のチー」です)。

テレビで見たのは「トールキン 旅の始まり」「ガーンジー島の読書会」「用心棒」「赤ひげ」その他「マッドマックス怒りのデスロード」「ナウシカ」。

「赤ひげ」は中学の時に見て、二木てるみ演じる少女の振る舞いに「変なの」としか思わなかったが、今はわかる。児童虐待を受けた子供の表情、振舞いなのだ。色情狂の女性も性被害者者だったのではないかとの解釈も成り立つ。時がたって見ると違って見えると思った。

A演劇はなし
Bコンサートは2/12みなとみらいホール読響グリーク「二つの悲しき旋律」シューマン「ピアノ協奏曲(ピアノ:ボゴレリッチ)」ドヴォルザーク「交響曲7番」
ミュージカルは2/8「CHESS」

でも、ネット配信はたくさん見た。主にカウフマンさんのオペラやコンサートだ。今までで一番沢山見たと思う。CDも3枚買ったし、コンサート上映も見に行った。来年はちゃんとオペラやコンサートができるだろうか。
ミュージカルの「ハミルトン」「プロム」「ジプシー」も見た。

C展覧会はゼロ
Dサッカー観戦もゼロ。観戦ゼロは1994年以来じゃないかな。
E旅行もゼロ。一番遠くに行ったのが千葉のお墓まいり。車での僻地お墓参り、3密は無縁。実家にも行かなかった。実家のお墓詣りもしなかった。

娘が転居の用事を済ますため、夫と前住居へ行った。日帰りドライブ。緊急事態宣言下で東名がガラガラ、SF映画のようだったそうだ。

今年一番大きなことは娘が地方都市から転職して戻ってきたことかな。

孫たちも入学、入園があった。あまり会えなかった。

STAY HOMEで一番取り組んだのはお裁縫。エプロン・三角巾、布製バッグ、ワイドパンツ、チュニック、Tシャツ、ベスト、そしてマスク。沢山作った。

こんな何にもしなかった1年の中で一番、外出したのは横浜市長リコール活動だ。国会前や官邸前には全く行けなかったが、この、地域の住民運動は頑張った。

でも5万人の受任者申し込みを受けて、本署名書類を5万人分送ったのに、2万人しか返ってこないというのは、横浜市民はちょっと情けなくないか。結局「あなた任せ」なんだね。

それがこのコロナ禍の悲惨、になったと思うよ。こんな無能無策政治家たちを跋扈させてきた責任は「政治を他人事」としてきた人々にあると思う。

もちろん一番悪いのは政治家やその取り巻き。そしてメディア。

来年の目標はとりあえず生き延びることだ。

皆様もどうぞお元気で。元気であれば、来年もこのblogも書き続けるので、ぜひ読んでください。
1

2020/12/30

年末は  音楽

Instagramがこれだったので
ドレスデン大晦日公演 ヨハン・シュトラウス「こうもり」。



2018年の公演。クラシカジャパンで放送したのが、2019年。

時の経つのは早い。

0

2020/12/29

年賀状  生活

年々年賀状作りが億劫になる。

今年は新しいパソコンで初めて取り組むので余計気が重かった。

昔は版画を彫って刷ったりした。それだけの暇というか時間があったのよね。

版画をやめた後もスタンプを数種類買ってきて、色や構成を考えながら作ったりもした。

子育て期間は印刷屋さんに頼んでいた。宛名と一言(コメント)だけ自筆だった。

自分の住所名前ははんこ屋さんにスタンプを作ってもらって押したものだった。

ワープロが出てきた頃から自分で作成するようになったのだったか?

パソコンになってからはもう全部手作り。年賀状作り用の雑誌を買ってきて、年賀状ソフト(CD)を利用した。

今は「12年使える十二支年賀状」を愛用している。


ところで「年賀状仕舞い」をする友人知人たちが増えている。

それもやむを得ない。

そもそもはがきや手紙を書くこともない。ほとんどメールやLINEだ。

今回は年賀状だけの付き合いの方、それも遠いところに住む方に限定した。

年賀状も毎年デザインを考えるのでなく、毎年使えるものにしようかと思っている。

友人知人たちには申し訳ないけれども、もうみんな70歳だものね。許してくれるよね。

というわけで、これから年賀状投函してきます。

0

2020/12/26

ホームページ更新中止  生活

2001年頃に作成したホームページ「新横浜界隈」。

少しずつ更新をやめて、サッカー観戦記と映画寸評だけは細々続けてきた。

サッカー観戦記は2019年マリノスの優勝で終わりにした。

そして今日を「映画寸評」最後の評を書いて、最後とした。

*映画寸評も更新をやめます。

今年は劇映画1本とコンサート映画1本の2回しか映画館に行かなかった。
コロナ禍が来年も続くようなら、来年も映画館に行くのは難しいだろう。なので今年で終わることにした。

もし映画見ることがあったら、このブログで書くことにする。

もし、興味かあるようでしたら左欄のカテゴリー「映画」で検索してください。

以前のように一覧表にできないのは残念だけど、仕方ない。ホームページビルダーを新しいパソコンに入れてないのである。 

もしご覧になってる方かありましたら、今までありがとうございました😊
0

2020/12/24

クリスマスイブ  生活

クリスマスイブなので、例年通りクリスマスソングを貼る。

でも今年はクリスマスソングのCDが出たので、その歌を。



歌は同じNoelです。

今年は孫たちが暮れに遊びに来なかったので、クリスマスツリー🎄も飾らなかった。いつも孫たちがキャッキャッ言いながらクリスマスツリーーの飾り付けをしたのだ。

娘たちもいないし、夫婦2人の寂しいクリスマスイブです。
0

2020/12/23

Jリーグアォーズがあったとか  サッカー(その他)

22日にJリーグアウォーズがあった。

全然知らなかった。twitterで話題になったので、「あ、そうか」と思った。

内容は報道ステーションで知った。

今年は川崎が強すぎたので、ベストイレブンもほとんどが川崎。

でも、MVPは柏のオルンガだった。&得点王(23点と言う圧倒的な実績)。

本当は優勝チームから出すべきと思うけど、候補が多すぎて絞りきれなかったのだろうな。

報道ステーションのMVPは三苫選手。順当だと思う。

マリノスは9位だったので、ほとんど関係なし。

今年のアウォーズは粛々と進んだという。「芸能人の荒らしもなく」と書いている人がいた。

そうよねぇ。昨年はひどかった。芸能人やホストが自分語りや笑えないギャグをやって、選手の声がほとんど聞けなかった。悪質だったよ。

去年こそ、粛々とやってほしかったな、マリノスが優勝したのだもの。

今年のマリノスは強行日程の中、選手、監督、コーチ、スタッフ、すごく頑張ったと思う

ACLで決勝トーナメントまで進めたのは本当に良かった。

今年のマリノスについて、サッカージャーナリスト大住良之氏が「守備の面で問題があった」と指摘していた。特色である高いラインの裏を突かれるとあっけなく失点した、と。

優勝チームは研究されるから、更に戦術の上積みが必要だった。

仲川やチアゴ達のケガもあったし、強行日程なので固定メンバーを闘うこともできなかった(その割にはどの選手が出ても遜色なかったとは思う)。

色々と厳しいシーズンだった。

今年はサッカー観戦はゼロだった。コロナ禍で観戦が難しかったからではない。そもそも、もうスタジアム観戦は私には無理だと思うのだ。階段を上がれないので。

DAZNで試合観戦もしたが、何だろう、昔からそうなんだけど、テレビで見てるとドキドキハラハラしてしまい、見続けることができないのだ。

なので、他のチームの試合を見ることが多かった。気楽に見られるから。

ということは、やっぱりマリノスへの思い入れが強いんだと思う。

来年は4チームが降格らしい。うかうかしていると残留争いに巻き込まれかねない。

まだ選手の去就はあまり明らかになっていない。どういうチームになるのだろう。それによって、来年の姿も見えてくるかもしれない。守備の強化を望みます。

マリノスとは別のことだが、今年は中村俊輔の出番がほとんどなかった。彼はどうなるのだろう。どうするのだろう。気になってならない。
0

2020/12/22

感染拡大  政治

今日の神奈川県の感染者は348名で過去最多となった。

新横浜ぺぺの店でも感染者が出た。小学校でも中学校でも出ているようだ。

この感染者数及び医療逼迫から考えたら、今年春の一斉休校や緊急事態宣言より状況は悪い。

でも政府は一貫して場当たり的対応。前回もきちんと準備したわけでもなく、解除後もきちんと総括したわけでもない。だから今回もどうしたら良いのかわからない。

政府だけではない。首都圏知事たちも「ひ・き・し・め・よ・う」語呂合わせに、カルタに、医療関係者へ感謝年賀状だってさ。「欲しがりません勝つまでは」戦時標語や千人針みたいなものかい。

昨日のニュース23インタビューの菅総理は「放送事故並み」。



下のtweetしてるbuuさんは国会質疑や官房長官記者会見の書き起こしをしているのだけど、菅が官房長官の時から「ポンコツ」と言っていた。


ポンコツなんだよ。これを最強の官房長官なんて言ってたメディアは恥を知るべき。特に官邸記者クラブ。

私のtweet


こういう状況では人と会いたくないのだが、年末にあと2回予定がある。一つは習い事で、これが最終回、講師と会うのも最後だから行かなくちゃなのだ。もう一つはかかりつけ医。年末年始の休みがあるので常備薬をもらいにいかなくてはならない。

美容院も歯科定期検診も来年2月以降に延期だ。

本当にね、PCR検査場所をもっと設置して無料でできるようにしてほしい。病床ももっと増やすべき。自宅療養者が多いんだよ。自宅や軽症者用療養施設で亡くなる方もいる。考えてみれば突貫工事で病院を作った中国は偉かったな。

何より医療へもっと予算を注ぎ込むべきだ。

学校のリモート教育も夏の間にもっと整えるべきだった。部活なんて論外。

そして一番バカだったのがGO TOだ。

もうね。自民党政権に殺されるね。横浜市民としては黒岩と林に殺されるわ。

世の有能な政治家・官僚を集めて、救民内閣を作ってほしいけど・・
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ