2021/1/15

テレビで映画  映画

映画を2本?見た。

1つはジェニファー・ロペス、コンスタンス・ウー主演の「ハスラーズ」。
WOWOWで放送していたので録画して見始めた。

女性映画として評価が高かった。

***
リーマンショック後のニューヨークを舞台に、ストリップクラブで働く女性たちがウォール街の裕福なサラリーマンたちから大金を奪おうと・・
***

ジェニファー・ロペスの身体能力にびっくり。すごくきれい。

でも、この映画は性風俗を描くので、私は苦手なのだ。明治生まれの祖母、大正生まれの母の元で育っているので「はしたない」と思ってしまう。生活のため、復讐のための盗みも、「うーん、イヤだな」と思う。

ラストがとても良いそうなのだけど、そこまで行く前に見ることに耐えられなくなってしまった。表面的でも「清く正しく美しく」でないと辛い。

ホン・ジュノの傑作「殺人の追憶」も知的障害者への拷問場面で「こりゃダメだ、見続けられない」となった。どんな傑作でも苦手なものは苦手だ。

最後まで見ないで感想は言えない。なので「ハスラーズ」の感想は、なしです。

もう一つの映画はNetflix配給の「シカゴの7人裁判」。
***
1968年。大統領選挙を控えた8月28日、イリノイ州シカゴで民主党の全国大会が開かれていた。それに合わせて全国から反ベトナム戦争派の若者たちが集結し、集会やデモを繰り広げていた。そして、会場近くのグランド・パークでは、デモ隊と警察が衝突し騒乱となり、数百名の負傷者を出す事件へと発展した。
共和党のニクソン政権が誕生した約5ヶ月後、デモに参加した各グループのリーダー的存在だった7人が、暴動を扇動したとして共謀罪などの罪に問われ、法廷に立つことになる
***

監督・脚本は「ソーシャルネットワーク」でアカデミー賞脚本賞を獲得したアーロン・ソーキン。

脚本は、実際の映像を使ったり、裁判を進行しながら過去の事件を描くという重層的な内容だけど、見ていて混乱はない。

裁判なので丁々発止のやりとり、意外な展開があり、見応えがあった。

出演者もエディ・レッドメイン、マーク・ライランス、マイケル・キートン、サーシャ・バロン・コーエン、ジョゼフ・ゴードン=レヴィットなど有名俳優が出ている。

でも一番「なんだ💢この人」となったのは判事役、フランク・ランジェラですね。飄々としていながら、独善的、権威主義の判事を嫌味のようで嫌味なく絶妙に演じていた。

レッドメインが演じたトム・ヘイデンは社会運動家でカルフォルニア州議員を長年務めた。ジェーン・フォンダと結婚していたそうだ。

コロナ禍で、一部劇場公開もされたようだが、結局ネット配信となったようだ。「アカデミー賞最有力」との宣伝文句も見た。

裁判劇は緊迫していて、頭脳戦でもあるし、演劇的なのでとても面白い。

映画の背景であるベトナム戦争=ベトナム反戦運動・米軍戦死者、黒人差別、ニクソン政権の汚さを的確に描く一方、真実に誠実であろうとする人々の勇気、意志を大切に、その尊厳が滲み出るように描いた、と思う。

つまり、私はこういう政治的な、正義を目指す映画が好きで、エロいのや暴力的なのはダメなんですよね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ