2021/1/29

白梅〜よもやま話。  季節

近所で白梅が咲いてるのを見つけた。

人が写らないように写真を撮るのは難しくて、変な写真になってしまった。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は暖かいので、小鳥の囀りがいつも以上に聞こえる。

ピーツピーツはシジュウカラ。木の上で鳴いてる。私の足元の先をチョンチョンと歩いてる時もある。

シジュウカラを見ていたら、その先にツグミがいた。あまり人を恐れないけど、スマホで写真を撮るのは至難の業だ。

「処処啼鳥を聞く」は「春暁」だね。鳥の囀りを耳にするのは、春が近いってことかな。

この「春暁」、ある区の小学校では暗誦させるとか。漢詩や和歌、俳句、近代詩、あ、枕草子なども。

小学1年生(孫)が「雨にも負けず」を最後まで暗誦するのを聞くと感動してしまう。さらに幼稚園児が訳もわからずに「いちめんのなのはな、いちめんのなのはな」なんて言うのも、びっくりする。可愛い。

この取り組みはとても良いと思う。たくさんの豊かな言葉に触れてね。

話が逸れたところでおしまい。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ