2021/4/1

ガラコンサート  音楽

NHKBSプレミアム日曜日深夜に「プレミアムコンサート」の放送がある。

21日は昨年12月のイタリア・ミラノスカラ座の「開幕ガラ公演」だった。

イタリアではコロナの影響でオペラが上演できない。その代わりに開幕公演はスター歌手がオペラ名アリアを歌うコンサートとなった。

出演は
(ソプラノ)
クリスティーネ・オポライス、リセッテ・オロペサ、アレクサンドラ・クルジャク、カミッラ・ニールント、ローサ・フェオラ、エレオノーラ・プラット、ソーニャ・ヨンチェヴァ、マリア・レベカ
(メゾソプラノ)
エリナ・ガランチャ、マリアンヌ・クレバッサ

(テノール)
ロベルト・アラーニャ、ヴィットリオ・グリゴーロ、アンドレアス・シャーガー、ファン・ディエゴ・フローレス、ピョートル・ベチャワ、バンジャマン・ヘベルベーム、フランチェスコ・メーリ、
(バリトン)
カルロス・アルバレス、ルカ・サルシ、リュドヴィク・テジエ、プラシド・ドミンゴ、ジョルジュ・ベアテン、
(バス)
イルダール・アブドラザコフ、ミルコ・パラッツィ

なんと豪華なメンバーだろう。

しかし、カウフマンさんはいない。キャンセルしてしまった。ネトレプコさんもいないね。

コンサートはミラノの街の空撮から始まりスカラ座に到着。流れるのは「アドリアーナ・ルクヴルール」の「私は卑しい召使です」

音楽の女神に扮した俳優がスカラ座の中へいざなう。

舞台上では女性が箒を手に掃除をしている。そして静かにイタリア国家を歌いだす。やがて合唱団が高らかに国歌を歌う。

オペラシーズン開幕の時はいつもイタリア国歌が歌われる。イタリア国歌は哀愁を帯びて次第に勇壮になる。良い歌で羨ましい。

(サッカーのイタリア代表GKブッフォンが大声で調子っぱずれの国歌を歌うのを思い出したり笑)

コンサートは歌の他、俳優による演技、解説、詩の朗読などがある。またバレエもある。

最初の曲はリゴレット。

ついで、ドン・カルロ、蝶々夫人、ランメルモールのルチア、ワルキューレ、ドン・パスクァーレ、愛の妙薬、トゥランドット、カルメン、仮面舞踏会、ウェルテル、オテロ、アンドレア・シェニエ、トスカ、ウィリアム・テルの有名アリアが歌われた。

出演歌手のうち、実際に聞いたことがあるのはアルバレスのみ。

何回か聴いて(見る)うちに、俳優の語りはいらないな、と思い編集機能を使ってカット、バレエも「くるみ割り人形」だけあればよいな、とカットした。

そのうち、なくてもよいなという歌もカット。
(カットしたのはオポライズの蝶々夫人、オロペサのルチア、ベチャワの花の歌)

気に入ったのは「ドン・カルロ」のアブドラコフ、テジエ、ガランチャ、シャーガーとニーンルトの「ワルキューレ」、フローレスの「愛の妙薬」、メーリの「永久に君を失えば」、アルバロス「無慈悲な神の命ずるまま」、ヨンチェバ「亡くなった母を」

録画残量が少なくなったら、これだけ残して後は消してしまうかも。

「ワルキューレ」も消してもよいかな。

シャーガーさんは素晴らしい声なのだけど、ジークムントの悲劇性にはちょっと合わない気がする。

「ワルキューレ」はMETのカウフマンさんのと、ペトレンコ・バイエルン響・フォークトの録画がある。ペトレンコ指揮のは、とにかく歌も演奏も素晴らしかった。カウフマンさんのは2011年、ペトレンコ・フォークトさんのは2017年だから、もう3年半前なのかぁ。

新国立劇場の「トスカ」に出演したメーリさん。コロナ禍で来日できない歌手が多い中、来日、「トスカ」の他、コンサートもにも出演された。素晴らしい歌だったそうで、ご覧に(お聴ききに)なった方々が絶賛されていた。

仮面舞踏会のこの歌「永久に君を失えば」を聴いて、皆さんが感激されたのもわかるなぁと思った。

ともかく、これだけのスター歌手を揃えられるスカラ座、イタリアはいいなぁ。ヨーロッパは広いようで意外に近いので、集まりやすいだろう。

日本は遠い。

コロナが終息するのには数年かかる。それまで、映像で楽しむしかない。

ていうか、生き延びないとね。

現在は第4波、変異株流行とか、怖い話になっている。

このどこにも行けず宙ぶらりんなまま、コロナで人生終了じゃ残念過ぎる。せめて、コロナの心配なくコンサートや旅行に行けるようになってから、楽しみを味わってから、あの世に行きたいと思うよね。

とりあえず、録画して編集して精鋭ぞろいのオペラの歌を楽しみますわ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ