2021/4/8

読んだ本(2)  本・文学

読んだ本その2

私は椎名誠の愛読者で「さらば国分寺書店のオババ」「哀愁の街に霧が降るのだ」の頃から読んでいる。

いつだったか、椎名誠が本屋で「40歳からの山歩き」という本を見つけて、「ウカウカしていると40歳になってしまう」と書いていたのを覚えている。その時私は30歳前後だったと思うが、それからしばらくして私も本屋で「40歳になったら云々」の本を見て、椎名誠の感慨を思い出したのだった。

その椎名さんも40歳どころか、もう後期高齢者だ。

読んだ本は「遺言未満」。

身辺整理や墓のことが書いてある。

北海道にある別荘は処分したそうだ。墓は持たず、散骨することにしたとか。

この本は「死」にまつわるものだから、「骨仏」や「鳥葬」のことが書いてある。椎名さんは「死体」「トイレ」「害虫」とかも観察して書く。

そう言うのは苦手なので、かなり飛ばした。

私たちも椎名さんの何年か後を行くわけだから(何事もなければ)、こういうことを考えておこうと思った。

同じく椎名さんの「歩いて行くとぶつかるんだ」。2018年の本。これは題名通り、気楽なエッセイ。

会社員時代のエピソードは抱腹絶倒。今はこんな呑気な会社はないだろうなぁ。

そして数々の過酷な旅の思い出。世界中を歩いている。

で、つくづく「頑健」というのは羨ましい。

以上の2冊は図書館の本で手元にないので、出版社名は書かない。調べらばわかるのだけど。

ECD「他人の始まり 因果の終わり」(河出書房新社)

ECDさんはミュージシャン。日本のラップの草分けだ。私はラップやヒップホップの違いもわからないし、この世界のことは何も知らない。

彼のことは安保法制反対、国会前抗議で知った。反原連の官邸前抗議でもお見かけしたかもしれない。

2015年安保法制が強化採決され、自衛隊が南スーダンに派遣された2016年、ECDさんは進行ガン、余命を宣告された。そして2018年1月に亡くなられた。57歳だった。

その彼の最後の著作。何故この本を読もうかと思ったのか、それはたまたま目にした彼の文章がとても良かったからだ。人々への優しい眼差しを感じた。

この本の帯に「癌発覚と闘病の中て向き合った家族と自身の生きた軌跡。音楽で、ストリートで、身を賭して闘ってきたラッパー・ECDの生の総決算」とある。これに付け加えることはない。

淡々とした、平明な文章で、明晰に自分と家族のことを綴っている。

弟の死も家族間の葛藤も淡々とした(と見える)筆致で書いているのだ。

私のような平凡な人生とは違う。その生き方や家族についての記述は驚かされる。私の想像の外だ。

高校中退、演劇、音楽活動をして、組織に属することはなかった。子どもができるまで健康保険にも入らず年金も払っていない。

まさに「『個』として生まれ、『個』として生き、『個』として死ぬ」生き方だった。

残されたご家族、特にお子様が健やかに成長されますように。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ