2021/5/7

連休前  旅・散歩

連休前の平日、天気が良いのでドライブすることにした。

いつもの横横道路衣笠から葉山海岸をまわって帰る道筋だ。平日昼前とあってとても空いている。

横横道路はすぐに山間部に入る。

様々な緑が鮮やかだ。

と言っても、新緑の柔らかい瑞々しい黄緑・若緑でなく、少し時が経って、より深くなった緑と常緑樹の新芽、椎の花の黄金色と重なり合ってる。緑のこんもりした森。

深緑、淡緑、黄緑、黄金色の樹木に混じってフジの花が見える。

横横道路は終点が延伸されたようで、工事の跡が新しい道路を通り見知らぬ料金所で降りた。

ちょうど三浦半島の野菜産地で、キャベツ畑が広がっていた。菜の花は終わりかな。この後はスイカ畑になるのだろうか。

田園地帯を海(相模湾)方面に走る。チラチラ海が見えて来ると、まもなく葉山。

県立近代美術館は休館ではなかった。短い時間なら無料でここの駐車場が使える。車を止めた。

クリックすると元のサイズで表示します
駐車場から近くの山を見る。色がくすんでしまったけど、実際はもっと鮮やかだ。

美術館は特別展を開催中だったが、予約制(余裕があれば予約なしでも入れるようだったが)、展示は見ずに庭園の方面に行った。

建物の脇の道には何本もの松の木がある。木にまだ松ぼっくりが付いていた。もちろん地上にも松ぼっくりがたくさん落ちてる。

それとタケノコ。まだ、タケノコは出るのか。

中には伸びてタケノコ姿のまま竹の高さまで育ったものもある。

「孫たちに松ぼっくりを拾わせてやりたい、このタケノコの姿の竹も見せてやりたいね」などと夫と話す。

普段目にしない自然の姿は「孫たちに見せたいな」という思いを抱かせる。

と、目の前をクネクネと、
クリックすると元のサイズで表示します
アオダイショウが横切っていった。

これも孫たちに見せたかったな。もちろん報告はした。「え、蛇がいたの!」と目を輝かせていた。

(そういえば、横浜戸塚区のマンションから3.5mのニシキヘビが逃げたニュースをやっていた。巻きつかれると窒息してしまうそうだ。恐ろしい😱 早く捕まえて欲しい。にしても、迷惑な飼い主だなぁ。)

左手に長者ヶ崎、右手に逗子鎌倉の海、江ノ島。富士山は見えなかったが、伊豆半島と大島が薄く見えた。

海岸では犬を放して散歩している人や家族連れがいた。気持ちよさそうだ。

建物の方へ戻ろうとすると緩い階段がある。手すりはない。

5〜6年前は自分で上れたと思うが、今回は杖だけでは不安定で、夫の腕に掴まって上がった。
脚力の衰えに悲しくなる。

美術館の隣のレストランはちょうどよい(間隔を空けた)混み具合だった。しかし私たちは寄らずに帰るのだ。美術館のトイレだけ借りた。

短かかったが、気分転換にはちょうどよいドライブだった。

夏になる前にもう一度くらい行けるかな。できれば「すかなゴッソ」(横須賀葉山JA)に寄って新鮮な野菜や果物、パンを買いたいなぁ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ