2021/5/17

近いうちに聴けるだろう。  音楽

バイエルン州立歌劇場の「ワルキューレ」は13日無事上演され、好評なようだ。日本では朝3時過ぎに起きて無料ライブを見た方々もいる。



良い笑顔。昨年同じ場所で無観客で「詩人の恋」を歌った時の厳しい顔とは大違いだ。よかった。 



このジークリンデを歌ったダヴィドセンさんはロイヤルオペラハウス「フィデリオ」で題名役を歌った人。

背がものすごく高い。



そして、聴かせどころ。



2011年のMET「ワルキューレ」に比べると、疾走感に欠けるように思うけど、いや、一部分聴いただけだから不確かなことは言えない。

6月16日まで9.9€払えばオンデマンドで聴けるので、チケット購入を娘に手伝ってもらおう。

(追記5/23:vimeoの登録を娘にしてもらって、ようやく見ることができました。
パワフルだった。声もよく伸びてて素敵だった。「冬の嵐は過ぎ去り〜」はうっとりした。これから何回でも聴こう)

ネット購入、ネット予約・・・

今日横浜のネット予約あえなく敗退でした。繋がった時には近場の接種会場は終了してた。

知り合いがチラホラ予約できた、と言ってるので、余計に敗北感がある〜。

「ワクチンは十分あるそうだから、焦らないで」と予約取れた人に慰められたけど、う〜む。

5/19追記:「パルジファル」のストリーミングは4月8日の記事だったので、削除しました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ