2021/5/19

こんなマンガが  本・文学

「共同親権」や「連れ去り」、「DVシェルター」などを調べていくうちに、こんなマンガがあるのを知った。

(つまり嘉田由紀子議員の悪質発言の件)

「モラニゲ」


「『モラニゲ モラハラ夫から逃げ出した妻たち』 大増量読み放題はこちら」
https://comics.gendaibusiness.com/viewer/moranige/1

このマンガ、怖い話ばかり。

で、こういう関係性のなかにあると、妻もそれがモラハラとは気づかないかもしれない。気づいてようやく逃げ出すのだ。

また、モラハラ夫の方も、自分の加害行為がわからない。
***
妻子が逃げると夫側は「自分のほうが被害者だ」と思うようだ。妻が何もできない女でも我慢して結婚してやった、これまで誰が稼いで食わしてやったんだ、こうやってわざとみっともないことをして俺に恥をかかせている、誰かに金目当てでそそのかされた、他に男ができた、、まるで定型文のようにだ。〜橋本久美氏〜
***

こういうDV夫が主張するのが「共同親権」。今のところ「共同親権」だとモラハラに耐える妻を苦しめることにしかならない。離婚後の面会交流は



そう思う。
国会の参考人質問でも「共同親権の方が非行に走らない」との主張に専門家が共同親権は関係ない、親と子の関係性と言っていた。


もう一つのマンガは、北原みのりさんのtweetがなければ絶対知ることもなかったこれ。



峰なゆかさんの生い立ち、AV出演など半生を描いた自伝的漫画

この対談はとても面白い。ぜひ読んでもらいたい。

AV撮影現場では「女優さんたちは絶対に仲良くさせない」のを、こっそり連絡先のメモを渡してシスターフッドを作り上げていく、とか、

AV女優になったのは自傷行為だった、とか、

例えばこんな文章も
(女性問題を語っていると)「『男の生きづらさを全然わかってない』みたいな否定的な反応はめちゃめちゃ多かったんですけど、じゃあ具体的に何がどうなのかって言うと、やっぱり自殺者数とかホームレスの数、割合とかを挙げるだけなんですよ。

 それただの結果じゃん。お前ホームレスじゃないし、自殺もしてないじゃん、お前の話を語れよ、って」

父親は元バンドマンで、ヒッピーでヒモというのもびっくり。

とても冷静に客観的に自分を語っているし、問題の本質をとらえる力が非常に優れている方だと思う。

国際女性デーでの文章もぜひ。

「男の生きづらさについて改めて考えてみる」
⇒ https://laurier.excite.co.jp/i/am_our_97681
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ