2021/7/10

同級生たちと  生活

アルバムを整理していると、懐かしい写真が沢山。

横浜に住んでいる高校の同級生に「こんな写真が出てきたけど、覚えている?」と送ってみた。
LINEのグループを作っているので、すぐ共有できる。

他の同級生に送りたい、という話から、人数を増やして新たなLINEのグループを作ろうよ、と言う話になった。

まずアドレスや電話番号を知っている友人に声をかけた。

でもLINEをやらない、やれない人もいるので、とりあえず6人からスタートした。

高校時代の写真は、みんなの表情が生き生きと捉えられているものが多いので、写真を見ながら昔話が弾む。

「この写真、誰が撮ったんだろ?」と私が言うと、中の一人が大文字で「私です、私」。

彼女は写真がとても上手だった。ずっと趣味にしていて旅行ができない今は、花を中心に撮影しているという。

そして最近撮ったという、とても美しい花の写真を送ってくれた。

友人達は地元の観光地や、新しくできたお店なども教えてくれる。また、LINEグループ外の同級生たちの消息もわかる。

とても楽しい。

そうそう、「最近原田マハの作品を読んでる」と言う友人が二人。私は全然知らなかった。

大学時代の友人も中島京子、山内マリコ、西加奈子の小説を送ってくれた。

私はその誰も読んだことがない。

女性作家の作品は一時、高村薫、桐野夏生、宮部みゆきなどを読んでいた事がある。相当昔の話だ。
やがて小説から離れてしまった。一番最近で村山由佳「放蕩記」くらい。

そうだ、最近、家にあったので、松田青子「持続可能な魂の利用」、村田沙耶香の「コンビニ人間」を読んだのだった。面白かった。それでまた小説を読もうかと思うようになったのだ。

せっかくのstay home、友人達が勧める小説を読んでいこうと思う。

小説のことを教えてくれた友人達、ありがとう。本当にみんな親切で優しい。私はつくづく幸せ者だと思う。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ