2021/10/17

選挙に行こう  政治

選挙に行こう。

市民の権利たる投票権を行使しよう。ここから始めよう。

ということで、今回有名アーティストたちが動画を作った。

ぜひ見てください。





0

2021/10/16

選挙になる  政治

衆議院が解散されて、選挙が始まる。

今回の選挙では政権交代は起こらない。

でも、自公を少なくするすることはできる。

政権を少しでも追い込むことができたら、まずやってほしいことがある。

安倍菅政権が酷すぎたので、本当にまっとうにしなければならないことは沢山ある。

法律を変えなくてはならないことや腐敗官僚を追放したり、司法で正さなくてはならないこともある。

でも、すぐにできることがある。

学術会議に任命されなかった6名を直ちに任命することだ。

今が違法状態なのだから正常に戻すだけだ。

この問題について次の番組がとても勉強になった。ぜひ見てください。





0

2021/10/15

ドキュメンタリーを見た(2)  テレビ番組

AアスリートA
アメリカ体操連盟のチームドクターによる性的暴行事件のドキュメンタリーだ。

とても有名な事件だ。

このドキュメンタリーを見ての最初の感想は裁判で証言する女性たちの堂々とした姿だ。

女性たちの連帯感も清々しい。報道した記者、告訴した検事も含めてだ。彼女たちの勇気に励まされる。

その毅然とした佇まいは「エプスタイン」の犯罪を告発した女性たちの姿に重なる。

(もちろん、男性たちも、個人的犯罪ばかりでなく隠蔽した組織の腐敗を暴いて、女性たちを支援している)
* * *
ロサンゼルス五輪前、コマネチのコーチだった夫妻がアメリカに亡命して女子選手の指導を行っていた。

コマネチは無表情でめったに笑顔を見せなかった。つまりかなりスパルタ指導が行われていたことを窺わせる。

コーチ夫妻は周囲から隔絶した施設で、今ならパワハラ、モラハラと言われるような過酷な指導を行った。ダイエットにも厳しく「デブ」、「ブタ」と罵られることは日常だった。試合で重傷を負っても競技を続行させられた。

こういう「心理的虐待」ともいうべき指導でも、10代前半の少女たちは上手くなりたい、強くなりたいと思っていたろう。コーチの指導を信じていた。

過酷な練習環境の中、チームドクターは優しかった。ユーモアもあり、時にはお菓子もくれた。

治療では肋骨、股関節や恥骨なども関係してくる。少女たちは「おかしい」と思いつつ、被害を訴えることは難しかった。

それでも勇気を持って被害を体操連盟に訴えた選手もいる。連盟から警察に通報するからと言われ信じていたが、通報はなされなかった。黙殺された。

被害を訴えた「アスリートA」(名前もちゃんと出ていたけど、番組で確認するのが面倒なので、ごめん🙇‍♀️)は五輪メダリストだったが、つぎの代表選考では代表どころか控えにも選出されなかった。

地元紙で顔を出して告発した元選手はひどい嫌がらせを受けた。

彼女は「私のような被害者を2度と出さないため」と負けなかった。

こういう時、連盟会長や加害者のドクターはとことん卑怯である。医学行為だと専門用語を繰り出して相手を黙らせる。

被害者を罠にはめるのも、被害と認識させないことも、声をあげても黙らせることも、実に狡猾にやる。

しかし、被害者が一人二人でなく、何十人、いや百人を超えるとなって、その被害の甚大さ、深刻さに人々が気づいていく。被害者には金メダリストも含まれていたのだ。

チームドクターが逮捕され、家宅捜査に入った時、捜査員がゴミ箱に捨てられていたDVDを発見した。なんと3万枚あったのが児童ポルノだったという。

こう言う危険人物は訴えがあった時にすぐに解雇逮捕しろよ! 

このチームドクターは実質無期懲役だけど、当然だ。

日本でもカジュアルに「幼女好き」とか言うバカがいるけど、メディアやSNSで断罪して、犯罪は一段重い刑罰にしてほしいわ。海外刑事ドラマだと「最低クソ野郎」「地獄に行け人でなし」扱いだよ。

子どもは守るべき存在です!!

未成年、隔離施設、心理的虐待、五輪への憧れ、全部利用したんだ。

性被害を被害者が訴えた時まともに扱わないのは、この世にありふれてる。

「ME TOO」運動が起きる前、成人女性が訴えてもまともに対応してもらえなかった。

古くは全米最高裁判事任命、ハリウッドもエプスタインの犯罪も、日本では広河隆一、財務省次官のセクハラも数え切れないほどの被害の訴えが無視されてきた。

日本では伊藤詩織さんの例に見られるように、被害に声を上げる女性たちは苛烈なバッシングを受ける。

でも、変えなくては、変わらなくては、と思った。

そうそう「アスリートA」と名付けられた選手は大学で体操続けて、全米大学で団体優勝し、個人でも優勝したそうだ。いまは体操を心から楽しんでいるとのこと。良かった。

チームドクターとコーチ、体操連盟は最低、クソだが、立ち上がった女性たちの毅然とした姿に勇気づけられるドキュメンタリーだった。
0

2021/10/14

昨日は  生活

サッカー日本代表はオーストラリアに辛勝した。ま、勝てば良いのだ。

友人が埼玉スタジアムの写真を送ってきた。ビックリ。1万5千人の1人だったのだ。まだ上限人数がある中で埼玉スタジアムに行くというのは熱量があるね。尊敬。

で昨日の私のtweet


良い日でした。

アナザーストーリーズは「愛の不時着」特集だった。撮影秘話が色々聞けてよかった。ピョ・チスも村の班長さんもさすが俳優さんでかっこいいし、美しい。

才能と資金が集まったドラマなんだなと思った。それと志が高い。
誰かが「エンタメはもう韓国の方かはるかに上、嫌韓とか言って下に見ている人達、考えをあらためた方が良いよ」と言ってた。そう思う。

そうそうキーシンが無事来日。来日の話を聞いた頃は未だコロナ感染者も多くて本当に来てくれるかなと不安に思っていたけど、感染者が減っている今、ちゃんと来日してくれて嬉しい。

当日まで体調を整えておこう。それと地震や暴風雨雷雨など天変地異、停電、電車遅延などが起きませんように。

この秋植える球根はチューリップ、ラナンキュラス、ユリ、いつものフリージアとムスカリだ。

今年の春頃、全く咲かなかったゼラニウムが今は元気に咲いてる。ほっとした。

ところで2年ぶりに歯医者に行った。かかりつけの歯医者さんはいつも私の歯をほめてくれる。コロナで歯医者には行けないと思ったから毎日すごく丁寧に歯を磨いたから、その成果だな。

感染者が減っている今、やることはやっておくべしとのこと。懸案の美容院、歯医者、病院、お墓参りなどは10月中にやっておく。映画や美術館にも行けるかなあ。



0

2021/10/13

ドキュメンタリーを見た(1)  映画

暇なので、WOWOWやNETLIXの番組を見る。

先日はドキュメンタリーばかり、「パパロッテイ 太陽のテノール」、「ハリウッドを斬る」、「アスリートA」を見た。

@「パパロッテイ 太陽のテノール」
言うまでもなく大テノール。彼のデビューから成功、三大テノールとしての活躍、私生活を描いている。

テノールといえばハイC。「連帯の娘」の9回のハイCを楽々と歌ってみせる。素晴らしい声だ。

彼が音楽ファンだけでなく社会的にも知られるようになったのは、サッカーW杯イタリア大会決勝戦前夜のドミンゴ、カレーラスとのコンサート。以来ブームとなりロックスター並みの大観衆コンサートを行うようになる。

ダイアナ妃を前に「見たこともない美人(マノン・レスコーより)」を歌ったエピソード。以後ダイアナ妃との交流は続いたと言う。

この頃は歌手たちのチャリティコンサートが盛んだった。パバロッティもコンサートの収益でユーゴ支援をした。ここ数年、こういうチャリティコンサートが減ってるような気がする。あくまでも私の印象だけど。  

今はコロナでコンサートどころではない。

で、一番しょうもないなぁと思ったのは、60歳過ぎて34歳も年下の女性と結婚したこと。恋愛関係はそれまでもいろいろあったようだけど。このため長年連れそった妻と離婚。そして71歳でさ4歳の娘を残して亡くなってしまったのだ。

この結婚は世間の非難を浴びた。

一次代を築いたテノール。今でもテノールの声といえばパバロッテイだ。

でも、前時代の方だな、という印象を受けた。

A「ハリウッドを斬る」はハリウッド映画の典型的表現を皮肉ったもの。
 
「クリシェ」と言ってた。
***
クリシェは、乱用の結果、意図された力・目新しさが失われた句・表現・概念を指す。 さらにはシチュエーション・筋書きの技法・テーマ・ステレオタイプな性格描写において、ありふれた修辞技法の対象にも適用される。 否定的な文脈で使われることが多い。( ウィキペディアより)
***

いろんな指摘があったけど、
男性の女性へのアプローチはしつこくても肯定的に描かれる(君に読む物語他)。一方、女性がしつこいとストーカーで悪役になる(危険な情事等)。

白人救世主。白人が黒人や野蛮人を救う(アラバマ物語→善意だったかもしれないが白人の罪悪感払拭のための映画。尼僧物語、グリーンブック→この年黒人主人公の良作があったのにアカデミー賞受賞。21世紀になってもなお)。

マジックニグロ。不思議な力を持つ黒人が白人を救う(南部の唄、グリーンマイル他)。

若い女性が主人公の場合「かわいい不思議ちゃん」が多い。MPDG(マニック・ピクシー・ドリーム・ガール)。そして男性を救う。

ハイヒールアクション(恐竜に追いかけられてもハイヒールで逃げる、キャットウーマン他)。足首を骨折するよ。

ゲイはよく殺される(ミルク、ブロークバックマウンテン他)

悪役には顔に傷がある(007、ライオンキング)→障害のある人を傷つける。白人型破り刑事(ダーティハリー、リーサル・ウェポン)→BLMの時代ではなくなりつつある。

悪役に教養がある→イギリス人俳優枠=これ、よくわかる(アラン・リックマン、ゲーリー・オールドマン、トムヒ、ベネさんとか)

墓を遠くで見守る、墓に語りかける。時限爆弾は1秒前に止まる。列車の上のアクションはトンネルに入る、死亡確定脇役は死の暗示かある(退職前、結婚前、将来の夢を語る等)、終わりの方になるとモンタージュが用いられるとか、「ある、ある」。

いずれにしろハリウッド映画は白人男性中心主義だったということだ。
0

2021/10/12

ショパンコンクール  音楽

現在、ワルシャワでショパン国際ピアノコンクールが開かれている。

12日現在、2次選考真っ最中だ。

2次には日本人8人が進んでいる。

で、このショパンコンクール、YouTubeでライブ放送をしている。

モーニングセッションは日本時間夕方から始まるので見やすい。イーブニンクセッション0時くらいから始まるのでも一人目くらいまでは聴くことができる。

日本にいて、手に取るようにコンクールの様子がわかるなんて世の中が進んだよなぁ。日曜日なんか半日ショパンコンクール漬けだった。

日本人8人は
沢田蒼梧
進藤実優
反田恭平
角野隼斗
牛田智大
古海行子
小林愛実
京増修史

現在は古海さんが演奏中。 

ライブで聴けなかった場合はアーカイブがあるので、都合の良い時に聴くことができる。

沢田さんから牛田くんまでは聴いた。

やはり反田恭平さんが印象に残る。

もちろん皆、上手い。でも、独自の解釈を入れつつ演奏しても、弾きこなすだけが精一杯という人もいる。

反田さんは自分の世界を作って、余裕を持って演奏してた。

引き終わった途端、ブラボーだったし、スタンディングオベーションだった。

日本人以外のコンテスタントはあまり聴いていないが、

カナダのJ JUN LI BUIが素晴らしかったと思う。

最初の音から澄んだキラキラした音だった。ピアノの「シゲルカワイ」の特徴と書いてる人がいたので、ピアノによって音も違うのかいな?と思った。

まだ17歳だそうだ。とてもそう見えない。

ま、夫は反田さんを35、6歳かと思ったらしいから、いい加減なものだよね。

時間があったら、他の国のピアニストも聴いてみよう。

明日は小林愛実さんと京増修史さんが出場する。

その後3次に進む20人が発表される。

今回はレベルが高くて、とても厳しいと思う。

日本人ピアニストが複数本選に進み、さらに優勝できますように。
0

2021/10/11

手作りの  生活

横浜に住む高校時代の友人が、熊谷・行田方面に日帰り旅行をした。

最初は一人で行ってくる予定だったらしいが、LINEでその話をすると、熊谷方面在住の同級生たちが案内を買って出た。

で、「うちに寄って行って」と言った同級生が手作りの漬物を用意してくれたとか。

漬物は私の分も用意してあった。

で、横浜在住同級生がその漬物を車で届けてくれた。

前に別の同級生がやはり漬物と五家宝を届けてくれたことがあった。2度目だ。

本当にありがとう。

キュウリの「Qちゃん漬け」
クリックすると元のサイズで表示します

食べたので減ってしまったけど、密閉容器いっぱいの量があった。

この世話焼き?面倒見の良さ?親切さにはびっくりしてしまう。

私の最近の友人知人との生活はお互い深入りしない。あっさりの付き合いが心地よかった。

でも違うんだね。この「人」との距離の近さ。
 
ちょっと慣れなくて戸惑っているが、一方で良いものだなぁと思ってもいる。  


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ