2022/1/18

引きこもりなので  テレビ番組

オミクロン株感染爆発。近所のお店でも感染者が出ている。なので、ウォーキングのついでに買い物、とはいかず、まとめ買いをしてあとは家でおとなしくしている。

何をしてるかというと、手芸をしながら録画か、Netflixなど配信、YouTubeを見てる。

日本のドラマはほとんど見ないけど、Netflixに「大豆田とわ子と三人の元夫」があったので、見ることにした。知人がよかったと言っていたからだ。

第一回目はテンポもよく、とわ子の紹介の仕方もユニーク。松たか子のコメディエンヌぶりも心地よく、引き込まれた。すっとぼけた感じが良い。

とわ子は建築会社の社長で、結婚離婚3回と自由な生き方をしている。娘との関係もドライ。友人かごめとのシスターフッドもとても良い。

部下の女性たち、母親の知人の関係も公平に温かく描いている。

オフィスもマンションも、レストランもおしゃれだ。とわ子のファッションも素敵。

韓国ドラマばかり見ているが、日本のドラマの方が洗練されてるかも、と思った。

でもそれは前半まで。

三人の元夫それぞれに想いを寄せる女性たちが出てくる。彼女たちの女子トークで、あれ?と思った。

こんなことに女性たちが言うか?と違和感ありまくり。その辺からこのドラマへの感じ方が変わってきた。

最終回。結局、とわ子は三人の男たちの「菩薩」なんだな、都合の良い存在なんだな、と思った。男の脚本家のドラマで古いのは昔と変わらず。

女性の描き方は今風だけど、男女関係は男の都合で描かれてる。

大体さ、家に来るな、入るな、出て行け、と言われているのに、無視するのおかしくない?

不法侵入だし、不退去だし、やたらつきまとってストーカーだよ。

それを結局は全部受け入れるとわ子さんは「菩薩」です。または「母親」か。

配役。

「有名女優」役が出てくるが、この俳優さん、女優オーラがないし演技下手だ。なぜキャスティングされたか、わからない。「逆に」、女優のオーラがなくて演技が下手だからわざとキャスティングされたのか?

この方、「火口の2人」で高い評価を得た人だと思う。過激な役をやれば評価されるのかなとまで思ってしまった。

そして2番目の夫。芸人さんなのかな、こういう役柄だからキャスティングされたと思うけど、だからあのケチ臭さとガサツさと一方で劣等感を持つ人物に合ってる、と。そして演技は良かったという評価らしい。

でも、「とわ子」がこの人物になぜ惹かれたか、説得力ないよ。もっと多面的な複雑な魅力があるならまだしも、人物が醸し出すものがない。キモイ。

松さん、松田龍平、岡田将生は演技達者でしたね。

そしてオダギリジョー、市川実日子さんは存在感抜群だった。って、この二人「カムカムエヴリバディ」の二人じゃんか。

映画は「シャン・チー」、「エターナルズ」を見た。

シャンチーは次どうなるの?どうなるのかな?と思いつつ最後まで観てしまったが、私向きじゃなかった。

カンフーアクションは見ものなんだけど。

カンフー映画「少林寺シリーズ」好きなので、カンフーアクションはうっとりと見た。

龍に乗るところはどこかで見たような?「あ、『果てしない物語』」と思った。

全体として子供向け冒険活劇という感じ。ファンタジーはやはり苦手。

「エターナルズ」は面白かった。重厚な作品だと思った。

画面が暗くてよくわからないところもあったし、カタカナ語で混乱したり、時代がわからなくなったりした。

しかし、エターナルズの一人一人がきちんとその内面や葛藤まで描かれていたので、見応えがあった。

主人公セルシ役ジェンマ・チェンはBBC「シャーロック」の第二話「死を呼ぶ暗号」に出ていた方なんですってね。シャーロックから映画界の主役を張る人たちが出てるの、すごく嬉しい。

イカリス役やセルシの男友達役はゲームオブスローンズの主要キャストだった人、

ドルイグ役はどこかで見たような・・・と思っていたら「チェルノブイリ」の新米兵士、「ダンケルク」でも印象的だった俳優さん。マーベル映画で主役の一人をやる程出世したんだな。

アンジェリーナ・ジョリー、アクションは自分でこなしてるの?相変わらず若々しくて魅力的だ。

シェン・チーもエターナルズも映画館に見に行くつもりだった。それがこんなに早く配信されるなら、もう映画館に行く必要はないのではなかろうか。

映画館の予約方法も忘れてしまいそう。

生活スタイルがすっかり変わってしまった。
0

2022/1/17

津波警報  生活

15日深夜というか16日になってすぐ、スマホがけたたましく鳴った。

津波警報だった。津波?

テレビをつけた。

トンガの海底火山噴火の影響だという。

確か7時のニュースでは日本への影響は少ない。潮位変化は問題ないレベルという話だった。

どうしたの?と思った。

テレビはどの局も最大限の警戒を呼びかけていた。「逃げて」と大きく表示している局もあった。

真冬の深夜、避難する人たちも大変だなあ、皆さんご無事で、と思った。

すると、またスマホが大きく鳴った。また、なにか?!と恐る恐るスマホを見たら先ほどと変わらないものだった。

更に3回目も鳴った。テレビで見ている限り、その後脅威が増しているようではなかった。それにウチは沿岸部ではないので津波の心配はない。

このままでは眠れなくなるのでスマホの設定から→通知→緊急速報をオフにした。朝になったらオンにする。

横浜では10数回警報が鳴ったらしい。

電源を切ったという人もいる。

これじゃ、オオカミ少年でしょ。通報を切ったり電源を切ったらいざという時に役立たない。

日曜日になって黒岩知事からお詫びの言葉が出た。だけど、県の責任でなく下請け業者の責任とする無責任なものだった。しかも「改修」とすべきところを「回収」と誤字だった。誤字は私もやるけど、県の最高責任者の公的メッセージだ。

それが批判されたからなのか、その後もtweetしてたけど、逆ギレ内容だった。

この程度の知事、この程度の行政能力なんだなとがっかりした。受験生は寝不足になったと思う。

噴火の後、トンガの様子がわからない。通信が途絶えてしまったそうだ。

できるだけ早く様子がわかることを望みます。募金などできることをします。

火山大噴火の後、寒い夏になることがある。また米不足でスーパーに並ぶのは嫌だな。1993年の時はまだ体力があったけど、今はもう体力気力がない。

科学者によると大噴火が即、寒い夏になるわけではない、また今回の噴火はそれほど大きいレベルではないとのことだ。

なので、あまり先回りせず、心配しすぎることなく、事実だけを冷静に理解しようと思う。

しかし、東日本大震災、原発爆発、コロナ禍、火山噴火の空振による津波、と経験したことのない惨事に遭うなんて、21世紀になる時には想像もしなかった。
0

2022/1/16

届いた  生活

ハリソンの靴下が届いた。

とても良い感じ
クリックすると元のサイズで表示します
22〜24p。

履いてみた。ラムウールなので肌触りが良く、暖かい。足首を締めつけ過ぎないのも良い。

爪先はやはり冷たくなるのだけど、足首から上は暖かいから十分。


クリックすると元のサイズで表示します
26〜28p。夫用。

アーガイルっていいよね。

本当はこの柄のセーターが欲しい。
0

2022/1/15

急須  生活

緑茶(茶葉)が溜まる一方だ。

夫はコーヒー党で、お茶はほとんど飲まない。

娘たちもコーヒーか紅茶。夏は麦茶。孫たちは麦茶か水。

緑茶を淹れて飲むのは私くらい。

といっても、私も最近はルイボスティーだの、ハーブティーなどを飲んでいて緑茶を飲む機会が減った。

一方、緑茶は香典返し、敬老祝い、何かのお祝いでもらうことが多い。新茶の季節は特別なので、この時はわざわざ買う。

緑茶を飲まない理由の一つは、お湯を80度くらいまで冷まさないいけない、ということ。

急須がすぐにダメになる。

萬古焼の急須は細かい穴の空いてるもの、網が張ってあるものも、すぐ詰まるようになる。洗っても良く撮れないからなんとなく臭くなってくる。

そして欠けやすい。

良い急須がなくなって、中国茶用の小さい急須で代用したり(私一人だからそれでも良いのだ)、ハーブティー用の透明なポットを使ったりしていた。

でも、とにかく緑茶茶葉を消費せねばならない。

前から気になっていた「通販生活」の「正直急須」を買ってみることにした。

以前にも買おうとしたが、在庫なしだったのだ。

今回はカタログに載っていた。それで昨年の10月初めに購入申し込みをした。同時に購入したものはすぐに配達されたが、急須だけは待たされた。2ヶ月くらい遅れたかな。

クリックすると元のサイズで表示します

私にはちょっと重いけれど、でもとても良いです。お茶が美味しい。

で、ボケててネット注文にミスの続く私は、なんと2個買ってしまったんですね(>_<)

余分なクリックをした上に、最終確認も怠ったということなんでしょう。

それで、何かとお世話になり、お茶も好きな姉に今度会った時にプレゼントする、と決めた。

ところが、年末に遊びに来た娘がこの急須を気に入った。

「この急須、いいね👍」と言う。

美濃焼で、風合いやデザイン、使いやすさが良いという。

娘はあまり緑茶を飲まないけど、何のお茶を入れてもいいんじゃないかな。

この件、引き取り先が見つかり無事解決。

最近は毎日緑茶を飲んでいる。ただ利尿作用があるのよねぇ。

外出する時は緑茶は飲まない。

まぁ、stay homeなので、今はその心配はいらない。

溜まった緑茶をせっせっと飲むことにしよう。

0

2022/1/14

親指  生活

1月12日分の記事、文字化けの変な記事になってしまったので、書き直した。記事がアップされたのを確認したのに、今日見たら、アップされていない。かなり力を入れて書いたのにガッカリだ。理由はわからない。私のあの2日間の4〜5時間をかえしてくれ!!

追記:1月15日再度12日分としてアップしました(書き直した)。

今日は気軽な話題。

昨日、目玉焼きを作ろうと卵を割ろうとしたら親指に力が入らず、うまく割れなかった。

軽くヒビを入れて両方の親指で殻を破ろうとしたら右親指がうまく動かす、黄身が破れてしまった。

最近、右親指に力がうまく入らない。

湯呑み茶碗を片手で持つと危なっかしい。

乳液やクリームの容器が二重蓋になっていると、下蓋のプラスチックの小さな出っぱり(持ち手)が上手くつかめない。開けるのに苦労する。なので、蓋をくるくる回して外すガラス又はプラ容器のものにしてる。

緑茶(茶葉)の容器も二重、昔のような金属の蓋なら取れるけど、最近はこれもプラスチックで小さな突起がついてるものが多い。

右親指がダメなので、不器用な左手の方を使うことがある。この方が上手く蓋のつまみをつかめることがある。力が入るから。

缶のプルトップも前のようには開けられない。指に、グッと引き上げるだけの力がない。爪も弱くなってる。器具を使って変な角度で引っ張ると開かなくなってしまうこともある。こんなことも苦労するようになった。

久しぶりにりんごの皮をくるくる剥いたら、包丁の刃を親指で押さえるのがかなり力が必要で、疲れてしまった。

親指がいうことを聞いてくれないと、箸も上手く使えなくなるのかな?

(缶の蓋はかなり前から開けられないので、これは缶オープナーを使ってる。これは指でなくて握力の問題)

70歳になると、それまでとは身体が全然違う、と先輩たちが言っていた。それを実感する。

最近は友人たちの手術の話も相次ぐ。

コロナが収まって、また旅行やコンサートに行く日を楽しみにしているので、それまではどうにか動く身体でなくては。

0

2022/1/13

恒例の  季節

北海道、東北、日本海側は暴風雪だ。

停電も相次いでいるという。極寒に停電は命に関わる。どうか皆様お気をつけて。

先日、ウチも電気工事で6時間くらい停電になった。寒さは厚着して布団に入っていれば凌げたが、照明がつかないのは困った。トイレの水も手動で流した。とにかく電気に依存した生活と痛感した。

冬季でも一番厳しい時期だけれど、それでも春は近づいている。

毎年恒例の沈丁花の蕾。
クリックすると元のサイズで表示します

まだ固いけれど確かに蕾がついている。
0

2022/1/12

NHKも新聞も  政治

(1月12日の記事は2度アップしたはずができてなかった。原因はわからない。とりあえず、前半だけもう一度書いてアップします。

NHKのドキュメンタリー「川瀬直美が見つめた東京五輪」が捏造放送をした。金をもらって反五輪デモに参加したという男性の映像とテロップが放送されたのだ。

NHK大阪は不確かなテロップを流したとして謝罪をしたが、おざなりなものだった。



この男性が五輪反対デモに参加したかどうかは確かめなかったという。これだけ反五輪デモを誹謗中傷するのに、この男性がいつ、どのデモに参加し、どこからお金をもらったのか、その団体は何か、など何の取材もしていない。

つまり、最初から反五輪デモを誹謗中傷するためにこの映像を作ったのだと言っていい。

NHKは不適切なテロップとだけ謝罪、しかも監督と視聴者にだけ謝罪し、一番の被害者である反五輪デモ関係者に謝罪していない。

五輪反対は国民の7割だったのに、そのことを無視したいがためにデモをした人々を金で動員した人、論外な人たちと印象付けたかったのだろう。悪質。

この東京五輪は誘致から五輪直前も終了後もスキャンダルまみれだ。汚れた五輪。

オリンピックなんか大嫌いだ。今までスポーツやアスリートに敬意を払ってきたが、もうやめる。軽蔑する。

NHKは御用放送なのはわかってる。

国会中継を見ていると、アベスガの答弁は目茶苦茶だった。NHKのニュースではいかにもちゃんと答弁しているように編集していた。

だから、私は国会質疑や官房観記者会見はbuuさんの書きおこしを読むようになった。
(ずっと国会中継を見ているわけにはいかないし、放送がない場合が多い)

そのbuuさんのtweet


その他でも取材せず、行政などの言い分をたら流しする例が目立つ。

例えば横浜の成人式。

テレビも新聞も山中市長の顔を大写しにして「横浜は式典を4回に分け、抗原検査キットを配布し」といかにも万全の感染対策をしているかのように伝えた。

しかし、昨年はパシフィコ横浜と横浜アリーナの2カ所で4回に分けて実施した。林市長時代より後退しているのである。

しかも抗原検査キットについても以下のtweet。



このことは井上さくら横浜市議らが指摘していた。

要するに取材をしてない。或いは意図があってそうしている。

デモだって「金をもらうわけがない」というのはデモに行ったことがあれば皆よく知っている。

デモや集会に行けば「カンパ隊」というゼッケンをした人たちがいてカンパに回ってくる。或いは労働組合や市民運動の人たちが必死の顔で署名やカンパを集めている。

一度行けばわかる。

NHKや新聞社はわかって嘘や権力の言うことを垂れ流しているのだと思う。

新聞は昨年だけで180万部発行部数を減らしたという。テレビ離れも進んでいる。

最近はネット配信の番組、信用できる人のSNSで情報を得ている。

そういう意味で「Choose Life Projectの立憲民主党から資金を得ていて、しかも隠ぺいしていた」は残念だった。

良い番組もあった。つまり出演者がよいと充実した番組になっていた。

この件については、青木理さんがポリタスTVで「論外」と怒りを露わにしていた。

(ポリタスTVの1月10日配信参照のこと)

立憲民主党からの資金は博報堂やブルージャパンを通してCLPにわたっていたようだ。CLPは1500万円だが、博報堂からのルートは9億円に達するそうだ。何があったのだろうね。

立憲はこのことをオープンにしないようだし、泉代表になって何もかもグダグダだね。

ま、これからも当事者や信頼できる筋からの情報・発言をまず読んで、NHKや民放(一部番組は除く)、新聞は疑いを持って接するようにするよ。






0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ