2022/1/14

親指  生活

1月12日分の記事、文字化けの変な記事になってしまったので、書き直した。記事がアップされたのを確認したのに、今日見たら、アップされていない。かなり力を入れて書いたのにガッカリだ。理由はわからない。私のあの2日間の4〜5時間をかえしてくれ!!

追記:1月15日再度12日分としてアップしました(書き直した)。

今日は気軽な話題。

昨日、目玉焼きを作ろうと卵を割ろうとしたら親指に力が入らず、うまく割れなかった。

軽くヒビを入れて両方の親指で殻を破ろうとしたら右親指がうまく動かす、黄身が破れてしまった。

最近、右親指に力がうまく入らない。

湯呑み茶碗を片手で持つと危なっかしい。

乳液やクリームの容器が二重蓋になっていると、下蓋のプラスチックの小さな出っぱり(持ち手)が上手くつかめない。開けるのに苦労する。なので、蓋をくるくる回して外すガラス又はプラ容器のものにしてる。

緑茶(茶葉)の容器も二重、昔のような金属の蓋なら取れるけど、最近はこれもプラスチックで小さな突起がついてるものが多い。

右親指がダメなので、不器用な左手の方を使うことがある。この方が上手く蓋のつまみをつかめることがある。力が入るから。

缶のプルトップも前のようには開けられない。指に、グッと引き上げるだけの力がない。爪も弱くなってる。器具を使って変な角度で引っ張ると開かなくなってしまうこともある。こんなことも苦労するようになった。

久しぶりにりんごの皮をくるくる剥いたら、包丁の刃を親指で押さえるのがかなり力が必要で、疲れてしまった。

親指がいうことを聞いてくれないと、箸も上手く使えなくなるのかな?

(缶の蓋はかなり前から開けられないので、これは缶オープナーを使ってる。これは指でなくて握力の問題)

70歳になると、それまでとは身体が全然違う、と先輩たちが言っていた。それを実感する。

最近は友人たちの手術の話も相次ぐ。

コロナが収まって、また旅行やコンサートに行く日を楽しみにしているので、それまではどうにか動く身体でなくては。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ