2022/5/10

ブルーレイで見た  映画

「スパイダーマン ノーウェイホーム」を見た。

テレビ放送やネット配信でなくて家族が購入したブルーレイで見た。

しかも最初の方は家事をしていて見損なった。つまり途中から見た。

途中からで理解できるかな?と思ったが、ま、面白く見ました。

***
前作でスパイダーマンの正体が暴かれてしまった。マスコミに騒ぎ立てられ、ピーターの生活は一変。身近な大切な人にも危険が及ぶことを恐れたピーターは、共にサノスと闘ったドクター・ストレンジに助力を求め、魔術の力で自分がスパイダーマンだと知られていない世界にしてほしいと頼むが……。
***

ドクター・ストレンジが魔術を使っている時にピーターがやたら話しかけたために、魔術が失敗して過去の敵を呼び出してしまう。

ピーターは敵が改心したら死なずに済んだのではないかと考えて、つまり道徳的なんだけれど、それが上手くいかない。

いろいろあって、突然「アメージング・スパイダーマン」のアンドリュー・ガーフィールドが出てきた時は「え〜!!」と叫んだよね。

そして最初のスパイダーマンシリーズの「トビー・マグワイア」も出てきたから、もう嬉しかったなぁ。

「アメージング・スパイダーマン」は見ていないが、最初のスパイダーマンシリーズは見た。

MJのキルスティン・ダンストさんが贔屓の俳優なので、見に行ったのだ。

あの時の敵だったグリーン・ゴブリンやドック・オク、砂男などが出てきて懐かしかった、

そしてウィレム・デフォーが格の違う「悪」でしたね。

スターがたくさん出ているけれど、やっぱり目を引いたのはドクター・ストレンジのカンバーバッチさん。

彼だけ違う空間にいる感じ。表情一つ、鋭さと重みがある。奇想天外娯楽映画なんだけれど、彼だけリアリズムというか真実味が感じられる。

アイアンマン=ロバート・ダウニー・J退場後のマーベルではドクター・ストレンジ=カンバーバッチがマーベル物の中心になったのですね。

それで、韓流ドラマファンのこのtweet。



うん、わかる。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ