2009/11/29

笑顔でホーム最終清水戦  サッカー(マリノス)

久しぶりに娘と観戦。学業のため観戦を控えていた。柏戦のショックもあり、観戦は昨年から比べると激減していた。でも今日はホーム最終戦。見なくちゃ。

クリックすると元のサイズで表示します
先発は日本人選手ばかり。

終わってみれば2−0だから、快勝と言えるかな。

ずっと清水のペースだった。でもマリノスの守備は堅い。

今日は栗原が高さでずっと勝っていたし、中澤もボールへの執着がすごかった。後半、中澤が上がっていき、更にゴール前でボールを要求したプレー、中澤の勝利への執念を感じた。

狩野のいない中盤は全く攻撃の組み立てができず、攻撃は散発的だった。

ややあきらめ気味になった娘は「今日は中澤が見られたからいいかな」等と言い出した。

小椋のミドルシュートは突然飛び出した。

河合は明らかに疲れていて、川崎戦で勝ち越しシュートを許した時のように相手選手についていけなくなっていた。交代は納得。小椋も、そうスムーズに試合に入っていったわけではないけど、あのシュートは素晴らしかった。

「相手選手にぶつかってコースが変わった」と小椋は話していたが、とにかく、停滞を振り払う一撃だった。だって、相手GKは暇そうで、体操なんかしていたんだよムカッ

小椋はこれまでもミドルシュートをよく蹴っていたけどなかなか決まらなかった。今日は初ゴール!おめでとう。そしてありがとう!
クリックすると元のサイズで表示します
団子になって小椋を祝福。選手たちがすご〜く嬉しそうだった。

で、いつものようにクナンが入った。が、気がついたら、クナンはDFになっていて、勇蔵が前線にいる。「どうしたんだろう?」「またケガ?」なんて話していた。

1−0だと残り時間が少なくなるにつれ、ドキドキしてくる。坂田はコーナー付近で時間稼ぎ。あんまり早くから時間稼ぎをすると罰があたるよ、なんて心配になる。

清水の攻撃をしのいで、カウンター、勇蔵にボールが渡る。足を一閃。ゴール!

勇蔵の豪快ミドルシュートを目の前で見るのは初めてだ。

クリックすると元のサイズで表示します
シュートを決めてサポーターにアピール。喜ぶ勇蔵

相手選手に当たって入ったゴール。足がつれるのでキープもできないから蹴ったシュートがゴール。ゴールが決まる時は、決まってしまう^▽^

今日はホーム最終戦なので、セレモニーがあった。今までの最終戦のことを思い出してしまった。

昨年はやはり2−0でヴェルディに勝った。松田の素晴らしいシュートとアーリアのゴールがあった。試合後いつまでも大島コールがあったね。

セレモニーでは斎藤社長が「国立」を「くにたち」と言った。斎藤社長に比べると、嘉悦代行はハキハキ、メリハリがあって「やり手」の感じ。来年頼みます。

07年は「アレ、ウエノヨシハル」コールがあったっけ。
06年は松田が退場になって、キャプテンマークを投げ捨てた後味悪い最終戦。
05年はセレッソが優勝の可能性があるとかでセレッソサポがコールしていたっけ。
04年はあんまり記憶なし。浦和とのチャンピオンシップの方が気になっていた。あ、モー娘。とのフットサル対決があったか。

03年は忘れられないよぉ。逆転優勝だった。
クリックすると元のサイズで表示します
日産スタジアムの上を飛行船が飛んでいった。

今日は木村監督の挨拶があった。マリノスでの日々を振り返った。後ろで中年男性が涙をぬぐっていた。

「今いる選手の8〜9割残ってくれるでしょう」にはスタンドにざわめき。選手も複雑な表情。

「横浜F・マリノスは永遠に不滅です」。拍手と笑いが入り混じった。

クリックすると元のサイズで表示します
場内一周。サインボールを投げ込む。

木村監督は両手を振り、丁寧に頭を下げていた。お疲れ様でした。

(まだ山形戦があるけど)

トイレから出てきたら、見慣れぬ映像が流れていた。ファン・サポーターへ、来年へ向けてのメッセージだった。ナイキ社長や林横浜市長、志賀日産CEOが挨拶していた。

来年へ期待したいと思った。今度こそ、マリノスが一つになって、タイトルを取ろう!

観客動員を増やすように、私も少しは頑張ろう。そして、マリノスの試合について、もっとざっくばらんに語り合えますように。真のサッカー文化が根付きますように。

3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ