2009/12/31

大つごもり  本・文学

教科書以外で、初めて樋口一葉を読んだ。「大つごもり」

ちょうど時期的にもぴったりだった。

貧乏の話も時世に合う。樋口一葉が5千円札の顔っていうのは、やっぱりすごい皮肉だと思う。野口英世もそうだけど。

「大つごもり」は、いい話でした。

この文庫本を手にしたのは、岩波文庫で「生命とは何か」(シュレーディンガー著)を捜していた時、たまたま目にして「そういえば読んでいないなあ」思ったのだ。

森まゆみさんの本を読んでいると樋口一葉がよく出てくるので、「読まなくては」とは思っていた。

大つごもり、つまり大晦日。今日もNHKで「第九」をやっていたけど、昔も正月の準備をしながら「第九」を聴いた。ン十年前、国立音大に進んだ同級生がコーラスで出るというので、画面を必死で探したこともあった。

父が元気だった頃は、テレビ東京「懐かしのメロディ」とTBS「レコード大賞」といつもチャンネル争いをした。いつもチャンネル権は父。藤山一郎とか田端義夫とか渡辺はま子とか、古〜い歌を聴かされた。

大晦日恒例の親子喧嘩だった。

その後数十年経って、「ドラえもん」対「懐かしメロディ」「レコード大賞」「紅白」の孫・祖父・母親対決もあった。

テレビが2台になると、そういう争いもなくなったが、それはそれでつまらないことだ。

昔々の話だ。

今日は基本クラッシックだった。昨日のオペラ「ばらの騎士」(クライバー指揮)もよかった。

もっといろいろ書くつもりだったけど、大晦日は忙しい。

あと数分で2010年。今年もいろいろありがとうございました。

2010年W杯で日本代表ガンバレ。マリノスも復活の年になるようガンバレ。

2010年が皆様にとって良い年でありますように。

1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ