2011/2/18

坂田ガンバレ!  サッカー(マリノス)

ギリシャ・アリスに移籍した坂田が、欧州リーグ決勝トーナメント1回戦第1戦にフル出場し、左MFとして、奮闘したという。

相手はマンチェスターシティだもんね。すごい。

英サッカー専門紙で、「7」の高評価だったというから、ますますすごい。カッコいい

娘は深夜twitterで、経過を追っていたらしい。その情報から、ネットで試合中継も見たという。小さい画面でも坂田は走り方でわかったそうだ。そりゃそうだよね。デビューからずっと見ている。

マリノスサポは、アリスサポータにプレゼントされた「野毛坂田会ダンマク」を画面で捜したらしいが、わからなかったという。

この「坂田ダンマク」プレゼントのいきさつを読んだりすると、エジプトなど中東民主革命の世界史的出来事ばかりでなく、身近なマリノス関係ですら「FACEBOOK」の威力を改めて感じる。

にしても、松田、坂田、斉藤陽介の活躍は心から応援できる。サポーターの気持ちをよくわかっていてくれる。河合さんや浦田もそうだよね。ほんと、みんな頑張って〜!!

それに比べると、もちろん、それぞれの事情は分かるけれども、山瀬や田中裕介には苦いものを感じてしまう。

ところで、長友がインテル移籍⇒途中出場⇒先発出場、にはあれよあれよの展開でただただびっくりだ。

長友を初めて見たのは2008年4月2日(1) ((2)だった。三ツ沢で、目の前を何度も駆け上がる姿を見た。

長友については↓↓↓

「東京は今野とか、梶山とか羽生とか良い選手もいるのに、層が薄いっていうか・・・。平山が先発フル出場じゃだめなんじゃない?あ、長友は良い選手だった。隼麿が負けていた。隼麿はぼぉッとしたプレーが2回あったぞ。」

「長友は私は良かったと思うよ。足が早い。小さいのに、倒れず強いしね。隼麿が勝っていたという評を幾つか読んだけど、そうは思えなかった。」

FC東京の友人に「長友のファンになりました」と書き送ったこともあるよ。

なんて、他チームの選手を褒めたってしょうがない。マリノスの選手を褒めたい。

若手は、海外移籍した選手達に刺激を受けて、もっともっと意欲的に、積極的にプレーして欲しい。で、海外雄飛してほしいなぁ。

「あの選手はね、私ずっと前から目をつけていたんだよ」って自慢したい。小野、松怜、松翔、期待しているよ。中堅だけど小椋も兵藤も狩野も期待している。もち、勇蔵もだよ!!

(まだプレーを見ていない選手はごめんね。書けない)
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ