2012/9/26

YouTubeで映画音楽  音楽

テレビで映画「ボーン・レガシー」の宣伝をしている。あの「ボーンシリーズ」の音楽が流れる。

「ジェイソン・ボーンシリーズ」は大好きな映画だ。

Youtubeで「ボーン」の映像を探す。映像は沢山上がっている。
でも、とりあえず音楽が聴けるのだけ貼る。
(11/3ほとんどが見られなくなってる)

音楽の出だし、「キュイーンキュイーン」+「鍵盤楽器」の後「ダダダダ」と打楽器が入ってくるところがカッコイイ。
http://youtu.be/Au-v2RS0mJQ

「シャーロック」のオープニング音楽も「ダダダ」と打楽器から始まるるところがカッコイイと思う。
http://youtu.be/usDj9sqdYfs

こういう風に映画音楽をYouTubeで探せて便利。

関連動画に「アメリ」があったので、これも聴いてみた。動画あり。
これはピアノの曲。
http://youtu.be/aip3836VtZ0

晩秋、夕方、小雨の上野・東京都美術館玄関外で「アメリ」のアコーディオンを聴いた時は、ロマンチックでうるうるしてしまった。
http://youtu.be/vKVnCGSCvek

私が感傷に浸っているのに、他のお客さんが「ラ・クンパルシータをやって」と言ったので、場は一転情熱的に。いい曲なんだけど、ちょっと気分が違うよ。

この「アメリ」の音楽はYann Tiersen。

「グッバイ・レーニン」の音楽もそうだ。これもYouTubeで探す。
映画の動画もあったが、音楽だけのもあったので、これを貼る。

追記:これ↓今は再生できないみたい。更に追記:大丈夫みたい。
http://youtu.be/-RxkxCj4cpc

ピアノの映画音楽と言えば「ピアノレッスン」。音楽はMichael Nyman。動画。
http://youtu.be/0Su8LXNS16A

浜辺でアンナ・パキンちゃんが踊るシーンが美しかった。映画はレンタルビデオかテレビ放送を途切れ途切れに見たので、物語自体よくわからなかった。

「アメリ」や「ピアノ・レッスン」のCDは持っている。でも聴きたい曲を網羅した映画音楽CDはない。いわゆる名曲が入っていて、「エデンの東」とか「風と共に去りぬ」とか「大いなる西部」「シャレード」「タイタニック」とか。

好きな映画音楽というと仏映画「冒険者たち」
これは今YouTubeを探したが、なかなか良いのがない。
追記:これでどうだろう。歌でなく、口笛の方がいい。
http://youtu.be/z2U9qEAkf6I

その他「Zのテーマ」Mikis Thedorakis(ミキス・テオドラキス)
http://youtu.be/jbaS5o_yBME
http://www.youtube.com/watch?v=jbaS5o_yBME

「Z」や「ミキス・テオドラキス」については、かつてこのblogでも書いたことがあるので、検索すれば出てくると思う。ギリシャ軍事政権への抵抗を描いた映画であり、音楽家だ。

テオドラキスは「その男ゾルバ」や「セルピコ」「戒厳令」などの映画音楽でも知られる。

彼が音楽を担当した映画を探すと上に挙げた映画以外に「フェードラ」「真夜中に五哩」があった。

「フェードラ」は新宿の日活名画座へ見に行ったなぁ。ヨーロッパ恋愛映画選みたいな特集で、いわゆるリバイバル上映だった。

Youtubeに「予告編」があった。映画を見た時はメリナ・メルクーリを「おばさん」と思ったけど、今見ると成熟した魅力的な美女ですね〜。

ついで、大好きな映画音楽「さらばベルリンの灯」音楽はジョン・バリー。
http://youtu.be/7wxOf6WvN9s

ジョン・バリーといえば007シリーズや「野生のエルザ」、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」の大御所。

続けて聴くと、哀愁を帯びた音楽が多い。こういうのが好きなのかな。

これ以外に独映画「飛ぶ教室」のオープニングのピアノ(音楽・ニキ・ライザー)
(追記:見つけたので貼っておく)
http://www.youtube.com/watch?v=UMRQwsbYyu0&feature=related

仏映画「最強のふたり」のピアノ(ルドヴィコ・エイナウディ作曲演奏)
http://www.youtube.com/watch?v=wIJQT1nTn6A&feature=related
(ちょっと長い)

「コーラス」のコーラス(音楽・ブリューノ・クーレ)
「La Nuit」
http://www.youtube.com/watch?v=AJcO-Ns50-8

「Vois Sur Ton Chemin」
http://www.youtube.com/watch?v=-NkVo-2gNoU

と続けると、皆似ている。ふ〜ん。

いろいろ発見があります。そういう意味でもYouTubeは面白い、楽しい。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ