2012/10/31

シャーロック正月に再放送  テレビ番組

「シャーロック」の「シリーズ2」を来年1月1日〜3日午後11時から再放送するそうだ。

わーい!

お正月ですよ、特番が並ぶ正月に1日から3日連続放送ですよ。

NHKよくやった。それだけ反響が大きかったということかな。ただ、BSプレミアムなんですよね、ちょっと残念。

地上波でシリーズ1から連続6話放送とかしたら、絶対大評判になるって。

今は、バイト先、知人・友人に「シャーロック」の話を振っても見ていない人が多い。がっかりしてしまう。

「あの場面いいよね〜」「笑えるよね〜」「セリフが面白いね」「あの声がセクシーよね」とか語り合える人がほしい。

「シャーロック」に限らず、目下話題のTBS・WOWOW共同制作「ダブルフェイス」についても見てないみたい。日産スタジアムがロケに使われたんですよ!

(だから、もちろん「インファナル・アフェア」や「ディパーテッド」についても知らない)

「シャーロック」は、あまり新聞雑誌テレビでは話題にならないけど、こうやって「正月三が日再放送」とか「ミステリーマガジン」売り切れとか、ジワジワと、知る人ぞ知るの人気になっているんだと思う。

AXNミステリーチャンネルも11月に「シリーズ1」を字幕、吹き替え両方で放送する。

シャーロック公式ガイドブック「The Casebook」はアマゾンの洋書売れ行きトップだ。


もちろん購入(娘が)。もうそろそろ届くかな。私に読めるかどうかわからないけど。

昨年も賞をたくさん取ったが、今年も、米国エミー賞は13部門ノミネート(受賞は逃す)だし、英国「Crime Thriller Awards」では作品・主演・助演男優賞受賞だ。あちらでも大人気。

ファンページも沢山ある。

外国のファンページを見ると、今は「Tumblr」というのを使っている人が多い。画像や動画がたくさんある。

例えば、以下の二つとも「tumblr.com」だ。

「ELEMENTARY SHERLOCK」
http://elementarysherlock.tumblr.com/

「Cumberbatch photobank」
http://cumberbatchphotobank.tumblr.com/

「Tumblr(タンブラー)」とは何か?を検索すると以下のようなことらしい。

「Tumblrとは、アメリカのDavidville.incが提供する、メディアミックスウェブログサービスで、2007年3月のリリース以降、世界中で利用されています。画像やテキスト、動画、Web上の記事などを引用できる“オンラインのスクラップブック”と考えると、理解しやすいです。気になる情報や自分で取った写真を公開し、ネット上で共有することができます。」

これについても興味はあるが、多分、FACEBOOKと同じで使いこなせないだろうから、見てるだけ。

それよりも、このblogで以前、好きな映画音楽のyoutube画像を貼ったら、自分が聴くのにとても便利だった。だから、「シャーロック」の動画も貼っておこう。

「シャーロック」は尊大で無神経。ひどいことを言っている場面をまとめた動画がある。(ベネディクト・カンバーバッチの個性と演技もあって憎めないし笑える)

「Sherlock's Insults」
http://youtu.be/p9Cca7Nq2Zs

「シャーロック」がマフラーを巻く場面がなんか、優雅で、いいなぁ、と思っていたら、それだけをまとめた動画もある(娘が教えてくれた)。ビックリ!同じことを感じる人が全世界にはいるってことね。

「The Scarf」
http://youtu.be/83SdLPVcV-I

シリーズ1第3話。シリーズ2第3話でも使われるシャーロックのセリフ。とても重要でカッコイイセリフなんだけど、これをベネディクトは早口で平坦にしゃべる。勿体をつけないし、ドラマチックにも言わない。これ、演出なのかな。

「Don't make people into heroes」
http://youtu.be/5yN5O2XG-Mk

シリーズ2第3話。ここのセリフ、「〜I am」が2回続いてリズムがいいし、その後の「you」まで聞かせる。第3話「滝」の謎に関わる重要な場面なんだろうなぁ。

「I think I'm going to die」
http://youtu.be/48WI7SsPn6A

それに何よりシリーズ2第1話のクライマックスシーン。
「No. Because I took your pulse」から一連の台詞。本当に聞きごたえ見ごたえがある。

だけど、これはyoutubeには細切れ動画しかない。続けて見ないと盛り上がらないので、ここには貼らない。本編で見るのが一番。

というわけで、また録画を見ようか。本当に中毒、依存症を引き起こす作品ですね(苦笑)
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ