2013/4/13

強いねマリノス6連勝  サッカー(マリノス)

強い。負けない、いや勝ち続けるマリノス。こんな強いマリノスを昨年の今頃、想像できたろうか。

想像できなかった。サッカーはわからない。深い。だから面白い。

さて、今日は午前中会議だった。予定をオーバーしても終わらないので、「すみません。用事があるので」と途中で抜け出した。重要メンバーじゃないから、こういうことも許される。

家に帰って、急いで用意をして、自転車を飛ばす。「民衆の歌」は歌えなかった。せっかく旗を持って来たのに残念。(鷹も見なかった)

東京戦、大宮戦は参戦せず。広島戦はもちろんテレビ観戦。だから生観戦は久しぶりだ。陽射しのあるところは暖かいが、日陰は寒い。風も強い。でも、もう4月、これから観戦日和になる。

不調の川崎と、首位・絶好調のマリノス。あまり心配せず見ていた。

でも、圧倒しているんだけど、シュートまでいかない。

CK、ゴロのボールが学の足元に来たのに、空振り。これはかなりがっかりした。学はファウルを誘ったり、守備にも走っていたけど、「ここ!」という所でのミスが目立った気がした。

でも、後で俊輔のコメントを読むと、「ドリブルが早すぎて、味方が誰もフォローに行けないので孤立する。もっと学の生かし方を考えないといけない」ということになるようだ。

エルゴラでは「二人の中村」対決を煽っていたが、憲剛は特に前半、目立たなかった。普通の選手だった。マリノスがずっと優勢だった。観客も楽しんでいた。

小林がボールキープが難しくなった時にファウルで倒れたような格好でボールをおなかの下に抱え込んで、何でもないような顔で立ち上がってパス。周囲は大笑い。

前半終了間際の得点は順当だった。CKからゴールしたのはわかったが、誰が決めたのかわからなかった。大型画面で冨澤がアップになって、ようやくわかった。
クリックすると元のサイズで表示します
後半。マリノスの選手がなかなか入ってこなかった。入念な打ち合わせをしたのだろうか。

後半もマリノスペース。ちょっと余裕がありすぎだった。

マルキーニョスのFKには「おぉ!」。すごいスピード、ガーンという音とボールの跳ね返り、歓声というより驚きの声、その後大拍手。中澤の惜しいヘッドもあった。

俊輔がサイドで相手の顔面にボールを当てて外に出したり、ポンと浮かせて相手を抜いたり、相手を弄ぶようなボールキープ、大きなサイドチェンジやスルーパスを繰り出したり、やりたい放題。

また抜きで相手を置き去りにしてクロス→CK。相手ボールを巧みに奪い取ってマルキへパス。絶好のチャンスにループシュートは枠外。技術のオンパレード。

だが、その直後、セットプレーで裕介に決められた。ちょっと気が緩んでいた。(冨澤のミス《本人弁》というが、CKになるまでの緩い守備が問題)。

それと、裕介へのブーイング。ブーイングされればされるほど、やる気が出るって言ってるんだから、もう裕介へのブーイングはやめた方がいいよ、と私は思った。

ゴールへ向かっていくボールへ誰かが横っ飛び。一瞬、中澤だと思った。俊輔がハンドでイエローだったのは、家に帰ってから知った。

(失点場面は目を背けたいのと、記憶から消したいのとで、ちゃんと確認しなかったから)

1点返して、川崎は少し元気になった。ちょっと押し込まれた。マリノスは最初から厳しいプレスに行っていたから息切れしたかな?とちょっと心配になった。憲剛も、かつての切れ味鋭いスルーパスの映像が頭をよぎって、怖いなと思った(実際は大したことなかったが)。

思わず、「集中」「集中」とつぶやいていた。

学と端戸が交代。この采配が的中。

ちょっと慌てた感じの時期は短くて、またマリノスペース。惜しいシュートはあったが、相手GKが当たってた。

でも、でも、今のマリノスは、そんなのものともしない。俊輔のCK。

跳ね返されたけど、転がったボールに向かって誰かが鋭く足を振りぬいた。ボールが選手の間を縫うように飛んでいきネットが揺れるのが見えた。

腰が痛いのも足がふらつくのも、なんのその、周囲と一緒にぱっとに立ち上がってしまった。そして飛び跳ねた。近くの温厚な紳士もタオルを振り回していた。両手を突き上げて雄叫びを上げる人もいた。嬉しかった!!

クリックすると元のサイズで表示します
大型ビジョンに倒れる川崎の選手がうつっている。

仁だと気づいたのはこれも大型ビジョン、家族へ「仁、仁、仁」とメールしてしまった。

ロスタイムから試合終了まで、俊輔とマルキーニョスが巧妙にファウルを誘った。相手チームから見たら腹立つだろうね。

インタビューに向かう端戸に佐藤と学が抱きついていた。こういうのを直接目にできるからスタジアムは楽しい。

クリックすると元のサイズで表示します
ご挨拶。みんな嬉しそう。

ゴール裏サポ前でのヒーローインタビューは大笑い。

クリックすると元のサイズで表示します
自分のチャントを歌わされた端戸。

クリックすると元のサイズで表示します
地元横浜に移籍してきてよかったね。日吉のヒーロー。

あの和気あいあいとした雰囲気は、冨澤の同級生とか、先輩とかご近所とか知り合いが沢山ゴール裏にいるからかな、と思ったりした。外池くんの時もそんな親しさがあった。

(ここから14日に記す)

首位を走るチームには取材が多かった。帰宅後スポーツニュースをはしご。今日の新聞も俊輔に焦点を当てたものが多かった。「精度の高い」だけでなく、「9種類のキック」とか「種類」に言及したものが増えた。

湯浅健二さんのコラムは風間監督との対話は意味がよくわからなかったが、「天才を観ることほど楽しいことはない」と俊輔絶賛。

今、人に会うたび、「俊輔のプレーは次元が違う。お金を払って見る価値のあるプレー」と力説している。もちろん、俊輔だけでなく、マリノス全体が素晴らしいのは言うまでもない。

あ〜、幸せ、楽しい〜。
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ